借金返済

借金返済は計画的に!

借金をするときには収入と相談して!

借金の返済計画を立てるのは、どのタイミングが最も良いでしょう。
それはもちろん、『借金をするとき』です。
ほかに借金がある場合には、借金の総額がいくらあるのか、月々の返済はいくらなのか、さらに借金を増やしても返済はできるのか、など考える必要があります。
収入に対して借金の返済がどの程度の割合になっているのかを計算し、借金返済をしても生活に支障はないか、生活費も把握する必要があります。

消費者金融などを対象とした総量規制では、『年収の1/3を超える貸し付けをしてはいけない』という規定があります。
つまり、年収600万円の方であれば、総額200万円を超える借り入れをすることはできないということです。
しかし実際には、年収600万円の方が200万円の借金をして返済をするとなると、楽ではありません。
年利18%の200万円の借金を5年間で完済するためには、月々5万円以上の返済が必要です。
月々5万円以上の返済が5年間続くことを考えると、その負担は大きいでしょう。
支払利息の合計は107万7200円、総額307万7200円返済することになります。

借金をする場合、年収の20%程度に留めておくようにすると良いでしょう。
返済計画は、借金をする段階で考慮しなければいけません。
借入の審査に通ることと、個人の返済計画は全く別のものです。
「審査に通ったから借りられる」ということよりも「返済できる範囲で借入する」ということを重視しなければいけませんね。

毎月のお金の割り振りを考える

返済計画は、生活が成り立つことが最低限の条件になります。
「返済をしたら生活ができない」ということでは、返済計画失敗ですね。
そのためには、借金をする前に『毎月いくらの返済が可能か』を考える必要があります。

①正確な収入を把握する

第一にしなければいけないこととして、正確な収入の把握です。
手取りで最低限もらえる収入を想定してください。
ボーナスやMaxの手取り収入は参考になりません。

②生活費を把握する

住宅費(家賃、住宅ローン)、食費、水道光熱費、通信費、保険料、交際費、小遣い、教育費、医療費など。
家計簿を付けている場合は過去の記録を見返して、こちらはMaxでかかった月の生活費を参考にしましょう。

③貯金額を決める

毎月の貯金額を確保するためには、初めにその金額を想定しておく必要があります。
借金の返済が終わるまでの期間、毎月の貯金をいくらにするのか決めておきましょう。

④返済に充てられる金額を算出する

収入から生活費と貯金額を差し引くと、返済に充てられる金額が分かります。
毎月可能な返済額が分かったら、逆算して借り入れできる金額を出すことができますね。

「なんとかなるさ」で路頭に迷う方はたくさんいます。
借金で苦しまないためにも、返済計画を立てることは非常に有効です。
ただし、返済可能な金額を守ったとしても、リボ払いの場合はなかなか元本が減らない仕組みになっていますので、莫大な利息を支払って長期に渡って返済し続けることになってしまいます。
返済計画は、『いくらの借金を』『毎月いくらずつの返済で』『何回で完済するのか』を考えなければいけません。

おまとめローンを利用する

既に借金が多額になってしまい、返済が困難な状況に陥っている場合は、今から返済計画を立てても遅いのでしょうか。
そんなことはありません。
今からでも確実に返済するために、返済計画を立てましょう。

第一に、確実に借金を返済するためには『借金を増やさないこと』です。
しかし中には「借金をしなければ生活ができない」という方もいるでしょう。
そのような方の場合、金利を見直して月々の返済を軽くし、生活できる状況にする必要があります。

銀行や消費者金融には、今ある数社の借金を一本化することができる『おまとめローン』という商品があります。
おまとめローンは一般的な借り入れに比べて金額が大きくなるため、金利は比較的低く設定されています。
消費者金融に比べると銀行の方が金利は低くなっていますので、現在の借金の金利と比較して、今より低い金利の業者で借り入れする必要があります。
また、数社の借り入れを一本化することで毎月の返済日が1日となり、把握しやすくなるという利点もあります。
金利が低くなり、1社にまとめることができれば、毎月の返済額はこれまでよりも小さくなるでしょう。
ただし、場合によっては返済期間が長くなる場合もあります。

債務整理を検討する

ただし、既に返済を滞納しているケースや、多重債務でおまとめローンも利用できないというケースもあるでしょう。
そのような場合には、債務整理を視野に入れて弁護士などの専門家に相談をしてください。
債務整理には任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4種類があり、依頼者に合った債務整理の申し立てをすることができます。
多くの方が債務整理をすることで生活を立て直し、人生を再生して、「やって良かった!」「もっと早くやれば良かった!」と言っています。
まずは法律事務所に電話で問い合わせをして、無料相談の申し込みをしてください。

借金返済の良い方法

消費者金融の借金

借金を早く返済したい!
借金をできるだけ楽に返済したい!
借金を効率よく返済したい!

このように思っている方は多いでしょう。
そうですよね、借金とは早くサヨナラしたいでしょう。

消費者金融から借金をしている場合、ほとんどの場合『借入限度額』が設けられ、返済と借り入れを自由に繰り返すことができるようになっているでしょう。
お金がない月には利息だけを入金すれば督促はありませんし、場合によっては入金してすぐに借り入れすることも可能です。
全てATMを使ってカードで行うことができるため、非常に利用しやすいでしょう。

それこそが落とし穴です!
借金は返済しなければ減ることはありません。
もちろん、借り入れすれば借金は増えてしまいます。
つまり、早く借金とサヨナラするためには、“借入をしない”で“しっかり返済する”ことが重要なのです。
「そんなことは分かっている」「それができれば苦労はない」と思う方もいるかもしれませんね。
そうなのです。
分かり切ったこと、借金は返済しなければ減ることはありません。

消費者金融の利用で気を付けなければいけないことは、手軽さに負けて借入してしまうということ。
借金地獄に堕ちたくなければ、確実に返済していくことです。

カードローンの借金

銀行などのカードローンでは、ほとんどがリボ払いでの設定となっています。
『月々定額1万円の返済でOK!』この手軽さは画期的なものでした。
しかし待ってください。
いくら使っても定額の返済でOK!ということは、借入金額が大きくなればそれだけ長期に渡って返済しなけれないけないということ。
借入金額が大きくなれば支払い利息も大きくなりますので、返済金額の内訳はほとんどが利息だということです。
つまり、元本の返済がなかなか進まないということですね。
元本の返済が進まないということは、毎月毎月利息ばかりを支払うことにもなり兼ねない!ということです。

お分かりいただけますか。
リボ払いこそ、債権者に多大な利益を与える支払方法なのです。
カードローンの借入がなかなか減らないと感じたら、毎月の返済額を大きくすると良いでしょう。
また、カードローンの場合はカードで簡単に繰り上げ返済ができますので、小まめに繰り上げ返済を行うのも効果的です。

消費者金融同様に、早く借金とサヨナラしたければ返済に徹することです。
それが完済への一番の近道なのです。
借入を繰り返していては、借金が減ることはありません。
「もう借り入れはしない」と覚悟を決めて、目標を持って完済しませんか!

住宅ローンの場合

住宅ローンは高額な借入で長期の返済となりますので、「なるべく早く完済したい」と考える方は多いようです。
住宅ローンの場合、繰り上げ返済は窓口で行わなければいけません。
また、銀行によっては繰り上げ返済に手数料を徴収することもありますので、確認が必要ですね。
住宅ローンの繰り上げ返済を行う場合は、前以て電話で問い合わせをすることをお勧めします。

また、金利が低くなった場合には、住宅ローンの借り換えをすることも可能です。
この方法は新たな審査が必要ですので、銀行の窓口で相談をした上で申し込みをすると良いでしょう。
その際、『当行の銀行口座を開設すること』や『カードローンの申し込みをすること』『給与振り込みに当行の口座を利用すること』『水道光熱費の引き落としを当行の口座で行うこと』などの条件で金利が下げられたり、審査に通りやすくなる場合もあるようです。
住宅ローンは大きな金額の借り入れですので、少しの金利の違いが支払利息の金額を大きく変えることになります。

まずは窓口で相談をしてみましょう。

債務整理を検討する

毎月借金の返済をし、毎月借入もしているという方の中には、少し家計を見直せば何とかなる方もいるのではないでしょうか。
収支を見直して、節約生活で借金の返済に目処を立てましょう。
そのためには、①正確な収入を把握すること ②正確な借金の総額を把握すること ③毎月の返済額を把握すること ④必要な生活費を把握すること が必要です。
家計簿を付けて、まずは家計と向き合ってみましょう。

しかし中には、「給料で借金の返済をすれば、生活費は毎月借金をして賄っている」という方や、「借金をしなければ返済もできない」という方もいるでしょう。
「家計の見直しや節約ではどうすることもできない・・」という場合は、債務整理を視野に入れて弁護士に相談をしてください。
先送りにしても借金が増えるばかりではありませんか。
状況が悪化する中で我慢を繰り返すより、借金問題の専門家である弁護士に相談をして、今の状況を脱しましょう。
債務整理には抵抗を示す方もいらっしゃいますが、実際に認可されると「やって良かった!」「もっと早くやれば良かった!」という声が非常に多く上がります。

債務整理は、国が定めた法的措置です。
借金の返済が困難になった人が利用することができ、人生を再生することが目的となっています。
どうか、早めに弁護士に相談をしてください。
まずは電話で問い合わせをして、無料相談を受けましょう。

借金返済が困難なとき借金を整理するやり方

借入の利息を確認する

借金の返済が困難になった場合、まず第一にしなければいけないことは『借金の詳細を把握する』ということです。

・借入件数
・借入総額
・債権者の社名
・1社ごとの借入残高
・1社ごとの契約金額
・1社ごとの金利
・返済状況

多重債務の状態にある方の中には、数社でお金を回す自転車操業の状態にあるケースも少なくありません。
ほとんどの方はそれで上手く返済できているを錯覚しているようですが、借金を返済するために借金をするわけですから、全く返済できていないだけでなく、利息の分だけ借金は増えています。
自転車操業の状態になると雪だるま式に少しずつ借金が増え、最終的には全ての借入先から限度額いっぱいの借り入れとなり、それ以上他社からの借り入れができなくない状態になります。
これは断言できます。
自転車操業を続けていると、かなり高い確率で破綻します。

[例]
50万円の借入、金利18%のA社の返済のために、B社から1万円借入をする。
A社に1万円入金するも、利息に7,397円支払われ、元本に2,903円返済される。
金利18%のB社から借入した1万円にも1ヶ月で147円の利息が付くため、A社に2,903円返済するために10,147円遣ったことになる。

借金を返済する際には、必ず利息にいくら入金になるのか、元本への返済はいくら入金できたのか確認するようにしましょう。
自転車操業の状態が借金を増やしていることも、よく分かりますね。

消費者金融の借金

一般的に消費者金融からの借入は、金利が高く設定されています。
50万円の借り入れで比較すると、銀行のカードローンの金利が12~15%程度であるのに対し消費者金融の金利のほとんどが17~18%となっています。
借入金額によって金利は変動しますが、消費者金融に比べて銀行のカードローンの金利が低いのは同様です。

ですから、消費者金融、銀行、クレジットカードのキャッシングなど、バラバラの借入で多重債務となっている場合、余裕があれば先に金利の高い消費者金融の借入を完済できるような比重で返済をすると良いですね。
金利が高いということは、支払う利息が高額になるということです。
短期間で返済を終えることで、支払利息をタイトにすることができます。

また、数社の消費者金融から借入をしている場合、借金を1社にまとめて高額な借入にすることで、低い金利の商品を利用することが可能となる場合があります。
高額な借入ほど金利は低く設定されていますし、1社にまとめることで把握しやすいという利点もあり、審査に通ることができれば返済は楽になるでしょう。
まずは消費者金融で相談をしてみましょう。
「借金を1本化したい」という形で相談すると良いですね。
相談する消費者金融は、それまで良い状況で取引している会社が良いでしょう。
返済の遅れやトラブルがあったところでは、審査に通りにくくなることが考えられます。

借金返済から解放される方法

しかし中には、既に借金を返済できない状況の方もいるでしょう。
病気やケガで仕事ができず収入がない場合や、自転車操業で借金を増やしてお金が回らなくなった場合。
或いは、長期間に渡って返済を滞納している場合など。
このようなケースでは、借金を一本化しても返済は困難でしょうし、返済不能の状態だと言えますね。

上記のようなケースで返済不能であることが裁判所に認められれば、借金を免責してもらうことができ、返済の必要は一切なくなる方法があります。
それは、『自己破産』です。
自己破産をすれば、一切返済は必要なくなります。
ただし、返済不能であることが認められなければ認可はされません。
また、20万円以上の価値のある財産や99万円以上の現金は回収されてしまいますので、家や土地、自動車や生命保険の解約払戻金などは回収されてしまいます。
ただし、必要最低限の家財道具などは手元に残すことができますし、自己破産をしたことで「賃貸住宅を借りられない」ということもありません。
自己破産をすることに抵抗を感じる方は多いでしょう。
しかし自己破産は、生活の再生を図るためのひとつの方法です。
全ての借金から解放されることができ、人生をやり直す大きなキッカケとなるでしょう。
ただし、自己破産から10年間は、借金やクレジットカードの利用などはできません。

自己破産以外の債務整理

借金の返済は困難だけれど、まだどうにか返済能力は多少ある。
このような方には自己破産は不向きですね。
債務整理には、自己破産以外にもいくつかの種類があります。

任意整理

裁判所が介入せずに、債権者と債務者の交渉で合意すれば和解成立となります。
全ての債権者を対象にする必要はなく、選択した債権者だけを整理することが可能です。
和解成立すれば利息がカットされ、元本のみの返済を3~5年で行うことになります。

特定調停

内容は任意整理と同様で、和解が成立すれば利息がカットされ、元本のみを3~5年で返済することになります。
任意整理との違いは、特定調停は裁判所が介入して行われる手続きであるという点です。

個人再生

個人再生は裁判所が介入し、調停で債権者との交渉が行われます。
債権者が債務者の再生計画に合意し、裁判所も認可した場合、借金の元本が減額されるため返済は非常に楽になります。
減額された元本は、3~5年で返済しなければいけません。

任意整理も特定調停も個人再生も、認可後に決められた金額を返済しなければいけませんので、ある程度の返済能力がなければいけません。
毎月安定した収入があり、確実に返済できることが条件の一つとなっています。

100万円の借金返済

カードローンの場合

借金には利息が付きます。
100万円の借金を10万円ずつ10回返済しても、利息が付くため完済することはできません。

銀行や信用金庫などの金融機関のカードローンの場合、金利は12~15%程度のことが多くなっています。
返済方法の設定は金融機関によって異なるため、返済金額や返済回数、返済合計額なども異なるでしょう。
借り入れ金額が大きくなれば比較的金利は低く設定されていますが、返済金額は決して小さい金額ではありませんので借り入れの際に確認してください。

また、100万円の借り入れがある場合、1社からとは限りません。
複数の債権者から借り入れをして、借金の総額が100万円という場合も多いでしょう。
その場合、小さな金額での借り入れが重なっているということですので、金利が高めであることが多いのではないでしょうか。
このような場合には、おまとめローンなどを利用して借金を1本化し、金利を低くすると返済しやすくなります。
金利を重視せずに利用している方も少ないないようですが、金利が違えば最終的な返済総額にも返済期間にも差がありますので、把握していない場合にはすぐに確認するようにしてください。

消費者金融の場合

消費者金融からの借り入れの場合、金利の上限は利息制限法で定められており、10万円未満の借り入れであれば上限20%、10万円以上100万円未満の借り入れでは上限18%、100万円以上の借り入れで上限15%となっています。
ですから消費者金融から100万円の借り入れをした場合は、金利の上限は15%ということになりますね。

ただし、やはり複数の消費者金融から借り入れをして借り入れ総額が100万円となっている場合には、高い金利で借り入れしているということになります。
消費者金融でもおまとめローンを扱っているところはありますが、金利は金融機関の方が低く設定されていますので、おまとめローンをお考えの場合には金融機関に申し込みをしてみることをお勧めします。

また、一度は完済できたとしても、限度額内で自由に借り入れできる消費者金融の場合、また借り入れしてしまう可能性が非常に大きくなっています。
一旦完済した消費者金融は、必ず解約するようにしましょう。
必要があれば、また契約することは可能です。
ズルズルと借金生活を引きずらないためにも、完済した借金に関しては解約することをお勧めします。

生活費を切り詰めて

金利15%で100万円の借金を返済する場合、月々2万円程度の返済では79回(6年7ヶ月)の返済が必要です。
また、利息の支払い総額は約58万円にもなってしまいます。
なるべく支払利息を小さく抑えるためには、大きな金額で短期間で返済する必要があります。
同じように金利15%で100万円の借金を返済する場合、月々5万円の返済では24回(2年)の返済となり、利息の支払い総額は約16万円ほどです。
ここまで大きな差額が生まれるのは、やはり借金の元本が大きいからなのですが、いずれにしても大きな金額で返済することで40万円以上もお得だということです。

しかし、毎月5万円の返済は難しいという方もいらっしゃるでしょう。
勤務先が副業OKであれば、副業を持つことも検討すると良いですね。
まずはご自身の生活の収支を見直して下さい。

例えば、住宅費は収入の20%程度が望ましいと言われています。
必要以上に高額な家賃を支払っている場合には、家賃の安い賃貸住宅に引っ越すことも考えてはいかがでしょうか。
さらに食費は、一人暮らしの場合は収入の10%程度を目安にすると良いでしょう。
外食や買い食いが多い場合には、自炊を心掛けるだけで随分節約に繋がります。

ほかにも生命保険や携帯電話のプランの見直し。
車を持っている場合には、ガソリンや保険料、車検や点検、税金、駐車場料金など、維持するために必要な費用を全て書き出して、本当に車が必要なのかをよく考えましょう。

ご自身の生活の中で負担になっている費目はないか、無駄遣いはないか、削れるところはないか、検討して節約を心掛けましょう。

100万円の借金で債務整理はできるのか

100万円の借金で債務整理をすることは可能です。
任意整理の場合、裁判所の介入がないため、資産を隠して手続きすることが可能です。
ただし、債務整理の中でも個人再生の申し立てをする場合には、貯金などの資産以上の金額を支払うことを要求されます。
また、自己破産の場合には借金額以上の資産がある場合には、認可されないと考えた方が良いでしょう。
これは「資産があるなら借金を払いなさい」ということで、自分の資産を確保しながら免責を認めることはできないということですね。

債務整理は借金の金額だけではなく、収入や返済状況、家計の状況など、返済が困難であることが認められなければ認可されることはありません。
100万円の借金だから債務整理をすることができる・できない、ということではないのです。

返済が困難な場合、まずは弁護士に債務整理が適用になるのか等を相談すると良いでしょう。
初回無料相談がありますので、電話で問い合わせの上で予約をしてから訪問してください。

借金返済を1年で完済した場合

借金の利息

借金をすると金利の割り合いに則った利息が付きます。
ほとんどの場合、金利は1年間の利息として“年利”となって表示されています。
金利には利息制限法や出資法に則った制限があり、上限が定められています。
出資法では上限20%。
利息制限法では、10万円未満の借り入れで上限20%、10万円以上100万円未満の借り入れで上限18%、100万円以上の借り入れで上限15%となっています。
いずれも、1年間の借り入れにかかる金利となっていますので、1ヶ月に1度の返済では1ヶ月分の利息を支払う必要があります。

[利息の計算式]
借入金額(円)×金利(%)÷365日×30日(1ヶ月)=1ヶ月分の利息

ですから借金をした場合、短期間で返済した方が支払い利息は少なく済むということですね。

消費者金融の借り入れの場合

消費者金融から借り入れをした場合、利用者に設けられた借入限度額内で何度でも借り入れと返済を繰り返し行うことができます。
ですから、つい限度額を自分の預貯金のように錯覚し、使い過ぎてしまうこともあるようです。
毎月の返済に関しては、最低限でその月の支払利息の入金があれば督促されることはないでしょう。
逆に、借入金額を短期間で返済することも可能です。

[例①]金利18%50万円の借り入れで、月々4万5千円の返済の場合
返済回数は12回、1年間。
完済までの支払利息は合計4万9907円、支払合計額は54万9907円。

[例②]金利18%50万円の借り入れで、月々1万円の返済の場合
返済回数は94回、7年10ヶ月。
完済までの支払い利息は合計43万1021円、支払合計額は93万1021円。

①と②を比較してください。
月々の返済金額は大きくなりますが、短期間で返済した方が支払合計額は小さく済むということです。

収入に見合った借り入れ

現在、消費者金融では総量規制により年収の1/3を超える貸し付けはできないとされています。
ですから、消費者金融の過剰な貸し付けは起こりませんし、債務者が借り過ぎるということも防ぐことができます。
(*ただし銀行や信用金庫などの金融機関からの借り入れは、総量規制の対象外となっています。)

しかし年収の1/3までの借り入れであっても、必ずしも安全だとは言えません。
目安として、年収の20%を超える借金は危険だと捉えるべきです。
例えば、年収400万円(ボーナス100万円とする)の方の場合、手取り月収は20万円程度です。
年収の20%=80万円の借金がある場合(金利18%)、5年で完済するためには月々の返済額が2万円以上になってしまいます。
(仮に1年で完済するためには、月々7万円以上の返済が必要です。)
20万円の手取り月収から毎月2万円を返済に回し、それが5年も続くことを考えると、借金をする金額としては限界ではないでしょうか。

生活費の確保

借金の返済があっても、生活費は確保しなければいけません。
つまり、生活費を確保した上で、返済金額を想定しなければいけないということです。

一般的には、月収の20%を貯蓄、予備費に20%、生活費に60%を目安にすると良いでしょう。
生活費の内訳は、住宅費20%、食費10%、光熱費(通信費含む)7%、ほかにも交際費や被服費、雑費、教育費、保険料などで23%となります。
借金を返済するための金額は、上記の費目の中では“予備費”からの捻出になるでしょう。
『借金を返済して、残りの金額で生活をする』というのも、『生活をして、残りの金額を返済に充てる』というのも間違いです。
借金の返済は、借り入れする前から計画を立てなければいけません。
手取り月収に対して予備費20%以内の返済額から、逆算して借り入れできる金額を算出しましょう。

借金をするときには「いくら借りられる?」ということに注目しがちですが、「いくらずつの返済ができる?」というところに着目しなければいけません。
借り入れする金額を返済できる金額から決めれば、無理のない返済を行うことができるでしょう。

債務整理が必要な場合

借金を返済する場合、月々の返済額を小さくして楽に返済しようと考えると、返済期間が長期となり支払う利息も大きくなります。
逆に毎月の返済額を大きくすることで完済までの期間は短くすることができ、支払う利息も小さくすることができます。
上記でも比較できますように、借入金額が大きくなればその差も決して小さい金額ではありません。

しかし何らかの理由で返済が困難になると、下記のような状況に陥る場合があります。

①借金返済のために借金をする自転車操業の状態
②元本の返済ができずに、利息の支払いのみをしている状態
③借金返済を延滞している状態
④借金を返済すれば生活ができない状態
⑤借金は返済しているけれど、家賃や光熱費を滞納している状態

このような状況になっている場合、既に借金地獄に陥っていると言えるでしょう。
そのままの生活を継続していても、状況が悪化するばかりです。
上記に該当する場合には債務整理を検討し、弁護士に相談することをお勧めします。
収入や借金の金額、返済状況などに応じた債務整理の方法を提示してもらうことができ、申し立てに関しては代理人として全ての手続きを代行してもらうことができますので、全く面倒なことはありません。
まずは電話やメールで問い合わせをして、無料相談を利用しましょう。

最新の記事 »