MENU

返済記事一覧

借金をすると金利の割り合いに則った利息が付きます。ほとんどの場合、金利は1年間の利息として“年利”となって表示されています。金利には利息制限法や出資法に則った制限があり、上限が定められています。出資法では上限20%。利息制限法では、10万円未満の借り入れで上限20%、10万円以上100万円未満の借り入れで上限18%、100万円以上の借り入れで上限15%となっています。いずれも、1年間の借り入れにか...

借金には利息が付きます。100万円の借金を10万円ずつ10回返済しても、利息が付くため完済することはできません。銀行や信用金庫などの金融機関のカードローンの場合、金利は12〜15%程度のことが多くなっています。返済方法の設定は金融機関によって異なるため、返済金額や返済回数、返済合計額なども異なるでしょう。借り入れ金額が大きくなれば比較的金利は低く設定されていますが、返済金額は決して小さい金額ではあ...

借金の返済が困難になった場合、まず第一にしなければいけないことは『借金の詳細を把握する』ということです。・借入件数・借入総額・債権者の社名・1社ごとの借入残高・1社ごとの契約金額・1社ごとの金利・返済状況多重債務の状態にある方の中には、数社でお金を回す自転車操業の状態にあるケースも少なくありません。ほとんどの方はそれで上手く返済できているを錯覚しているようですが、借金を返済するために借金をするわけ...

借金を早く返済したい!借金をできるだけ楽に返済したい!借金を効率よく返済したい!このように思っている方は多いでしょう。そうですよね、借金とは早くサヨナラしたいでしょう。消費者金融から借金をしている場合、ほとんどの場合『借入限度額』が設けられ、返済と借り入れを自由に繰り返すことができるようになっているでしょう。お金がない月には利息だけを入金すれば督促はありませんし、場合によっては入金してすぐに借り入...

借金の返済計画を立てるのは、どのタイミングが最も良いでしょう。それはもちろん、『借金をするとき』です。ほかに借金がある場合には、借金の総額がいくらあるのか、月々の返済はいくらなのか、さらに借金を増やしても返済はできるのか、など考える必要があります。収入に対して借金の返済がどの程度の割合になっているのかを計算し、借金返済をしても生活に支障はないか、生活費も把握する必要があります。消費者金融などを対象...

多重債務者で返済が困難になっている人の多くが「気付いたときには借金まみれになっていた・・」と言います。計画的に借金をしていれば、確かに多重債務で苦しむことはないでしょう。しかし“たら”“れば”を語ったところで、何の意味もありません。現状、返済が困難な状況に陥っている多重債務者は、非常に辛いでしょう。督促の電話や郵便物、ままならない生活、誰にも助けを求めることができず、様々な思いが交錯しているのでは...

自己破産のイメージを聞くと、多くの方が「財産を全部取られてしまう」と答えます。また、「選挙権が失くなる」や「失業する」などというイメージをお持ちの方もいるようです。自己破産が認可されると、自己破産者の借金は全て免責されます。つまり借金に関しては、返済の必要がなくなるということです。勘違いしている方が多いようですが、滞納している税金は借金ではありませんので免責にはなりません。また、自己破産者の財産は...

借金返済には返済プランが必要です。人は生活していくために収入を得て、借金がある場合には返済をしなければいけません。収入の中で生活と借金返済を両立するためには、ただ闇雲に出費と返済をするのは危険です。収支をしっかり把握して、借金返済に充てられる金額を出し、無理のない返済ができるのが理想的ですね。しかし「計画を立ててしっかり返済していこう!」と力みすぎて、多額な返済を課してしまうと、非現実的で計画倒れ...

借金をしたら返済することが原則です。月々の返済額が同じ5万円でも、Aさんは問題なく返済を続けることができ、Bさんは返済が困難な状況に陥ってしまうということがあります。収入やかかる生活費の違いなどによって、状況が異なるのは当然ですね。ですから借金の返済計画は自分自身のために立てなければいけませんし、他人の借金の金額や返済額は参考にならないと考えなければいけません。例えば、「インターネットで借金返済の...

借金返済の悩みを抱えている方は、非常に多くいます。町を歩いていると、借金返済で悩んでいるのは自分だけのような気持ちになるかもしれません。みんなが幸せそうに見えて、「借金なんかないんだろうな・・」と羨むこともあるでしょう。しかし実際には、借金が返済できずに苦しんでいる方や、「もう死んだ方がマシだ・・」と思い詰めている方も決して少ない数ではありません。借金問題は、一時社会問題になったときに比べたら軽減...

消費者金融ではお金の貸し付けを行っています。多くの方が利用をしていますが、お金の借り入れをするには申し込みをして審査を受ける必要があり、審査に通らなければ借り入れをすることはできません。審査の内容は、勤務先、勤続年数、年収などの属性のほかに、現在の他社借入件数や借入金額なども問われます。では、無職の方は審査に通ることができるのでしょうか。無職ということは『収入がない』ということです。消費者金融では...

借金を返済していくためには、収入がなければいけませんね。収入の中で生活費を賄い、その上で借金を返済しなければいけませんので、借金を返済している方はそれに見合った収入が必要だということです。ただし本来は『借金返済に見合う収入を得る』のではなく、『収入に見合った借金に留めておく』ということが重要です。総量規制では年収の1/3を超える貸し付けをしてはいけないとしていますので、年収の1/3までは借り入れが...

借金返済が負担になっている方にとって、借金返済から解放される方法があるとしたら、それは朗報ですね。「そんな方法あるわけがない!」と思われますか?実はあるのです!借金返済から解放される方法が!借金には時効があります。時効が成立すれば、一切返済の必要はなくなります。ただし、時効を成立させるためには、いくつかの条件があります。@債務者は一定期間、一切の返済をしない。A債務者は一定期間、借金があることを認...

デビットカードはクレジットカードのように、買い物をするときにカードの提示で支払いをすることができる便利なアイテムです。ただし、クレジットカードのような審査はなく、15歳以上の方であれば銀行口座があれば誰でも作ることができるカードです。デビットカードの発行は銀行が行いますので、口座を作って申し込みをすればすぐに作ってもらうことができるでしょう。ですから借金返済中でこれ以上借入を増やしたくない方や、多...

数社から借入をしている方は、毎月、利用している貸金業者数社分の借金返済を行っています。これを一社にまとめることを『借金の一本化』と言い、『おまとめローン』と呼ばれています。[例]A社:50万円の借入・金利18%、B社:30万円の借入・金利18%、C社:30万円の借入・金利15%この3社の借入を、D社:110万円・金利15% で完済します。金融機関や消費者金融では『おまとめローン』として商品化したロ...

借金の返済をしていく上で、悩みを抱える方は多いでしょう。そしてほとんどの方が、その悩みを誰にも打ち明けることができずにいます。最も大きな問題は、その孤独感かもしれませんね。誰でも辛さを分かってほしいという気持ちはあるものです。しかし自分の気持ちを話すことで、批判的な意見を言われて傷ついた経験は、多かれ少なかれ誰でもあるのではないでしょうか。借金をしていることを誰かに話すのは、非常に勇気の要ることで...

クレジットカードやカードローンなど、初めは軽い気持ちで利用をしていた。何かの理由で2社目の利用をし、罪悪感を感じながら3社目の申し込みをし、4社目には使うお金が欲しかったのと借金の返済に回すお金が必要だった・・・、という女性がいました。人の感覚は麻痺していくものです。初めは借金だと認識していても、カードローンなどで与えられた“利用限度額”は、まるで自分の貯金のような気持ちになってしまいます。ATM...

民事再生は、経営不振の企業を倒産させずに再生させることを目的とした、再建型の法的整理手続きです。この制度で個人を対象とした手続きが『個人再生』です。裁判所を介して手続きを行い、民事再生法に基づいて借金を整理する方法です。借金の元本を減額することができるため、認可されれば返済が楽になります。減額された借金は、認可後に3〜5年で返済しなければいけません。ただし、住宅資金特別条項により、住宅ローンは対象...

借金をすれば、毎月返済をしなければいけません。しかし状況によっては、返済することが非常に困難になる場合があります。・病気やケガで仕事ができなくなり収入がなくなった。・減給されて経済的に余裕がなくなった。・仕事を辞めた。・借金が増えて返済額が大きくなった。上記のような理由で返済が負担になった場合、すぐにできることとして『生活の見直し』があります。まず正確な手取り月収を確認して下さい。月によって残業手...

借金の返済には時効があります。時効ですから、成立すれば借金の返済をする必要はなくなります。金額が1億だろうと10億だろうと、時効が成立すれば一切返済する必要はない、ということです。それが叶うとしたら、誰でも時効を成立させたいと思いますよね。しかし時効を成立させるのは簡単ではありません。ただ期間が経過すればいいというわけではないのです。では、借金返済の時効を成立させるためには、どうしたら良いのでしょ...

パチンコを遊びでやっている分には、何の問題もありません。しかし借金してまでパチンコをやるようになった場合、それは普通ではありません。『お金がないのにパチンコをやる』消費者金融のATMでお金の借り入れをして、そのままパチンコをやるということは、借金でパチンコをやるということです。そこにはどんな心理が働くのでしょう。・負けた分を取り戻したい・資金さえあれば勝てる気がする・大当たりさせてスッキリしたいそ...

ほとんどの消費者金融からの借入は、利用限度額内で自由に借入を繰り返すことができます。50万円の限度額の場合、利用が30万円であればあと20万円は借入することが可能だということです。ですから順調に返済をして借金を減らすことができたとしても、借入することでまた借金が増えてしまいます。こうして消費者金融と縁が切れない方は多く、常に借金がある状態に慣れてしまっている方もいるようです。利用が長期に渡って継続...

過払い金返還請求は、本来完済した借金に対する請求です。では、返済中の借金では、過払い金返還請求をすることはできないのでしょうか。完済した借金以外の過払い金返還請求は、実は“債務整理”という扱いになります。ですから通常、返済中の借金の過払い金返還請求を行うと、信用情報機関に債務整理を行ったものとして登録されます。しかし中には、債務整理の扱いとはならない場合があるのです。それは過払い金で借金を完済でき...

何等かの形で旦那さんの借金を知ってしまった場合、驚きとショックと落胆が一気に襲ってくるでしょう。さらに借金の金額が多額であれば、焦燥感や絶望感も味わう場合があります。ない交ぜになった感情で本人に対する怒りが湧く場合もあるでしょうし、ショックで無になってしまうこともあるでしょう。この文章を読んでいる今、少しは落ち着きを取り戻せていますか?何をどうしたらいいのか、借金は払わせた方がいいのか、肩代わりし...

借金返済が負担となり、貧乏な結婚生活に不満を抱いている方は少なくありません。『結婚生活の不満は何ですか?』という質問に対して、『経済的な問題』と答える方は全体の20%弱いらっしゃいます。そして『経済的な問題』として挙げている項目として、『借金』という答えも少なくありません。一時は社会問題になるほど借金問題が大きく取り上げられていましたが、現在は当時に比べると多重債務で苦しむ方は1/3程度に減りまし...

関連カテゴリ

債務整理
借金
闇金
返済