借金返済のプランはありますか?

無理な計画は絵に描いた餅

借金返済には返済プランが必要です。
人は生活していくために収入を得て、借金がある場合には返済をしなければいけません。
収入の中で生活と借金返済を両立するためには、ただ闇雲に出費と返済をするのは危険です。
収支をしっかり把握して、借金返済に充てられる金額を出し、無理のない返済ができるのが理想的ですね。

しかし「計画を立ててしっかり返済していこう!」と力みすぎて、多額な返済を課してしまうと、非現実的で計画倒れになってしまう可能性が大きいでしょう。
無理な計画では実行が難しすぎてやる気が失せてしまいます。
実行できる現実的な計画であることが重要ですね。

生活と返済との両立

借金の返済をする上で、生活と返済を両立させることは非常に重要です。

・生活費にお金がかかって借金返済ができない。

・借金返済をすると生活ができない。

このような状態は両立できているとは言えません。
両立できていない状態では、生活費のため・返済のために借金をすることにもなり兼ねません。
借金の返済をしながらさらに借金を繰り返し、数社の借入でお金を回すことを『自転車操業』と言います。
自転車操業の状態になると、借金は雪だるま式に増えていきます。
言わば『借金地獄の入り口』です。
徐々に借金が増えていき、最終的にはどこからも借り入れできない状況となり、お金が回らなくなってしまうのです。
そうならないようにするためには、新たな借り入れをしないことです。
収入の中で生活費と返済額を捻出しきちんと両立をして、新たな借り入れをしなければ借金が増えることはありません。
返済をしていけば、確実に借金を減らすことができますので、そのためにも借金返済のプランを立てることは重要なのです。

利息の確認

多重債務の状態になっている方は、各社の金利を確認して下さい。
そして返済入金をする際には、必ず明細書で利息の金額と元本に返済された金額を確認するようにしましょう。

複数の貸金業者や金融機関からお金の借り入れをしていれば、金利の高いところも低いところもありますね。
当然ですが、金利の高いところと低いところで同じ金額の借り入れをしていても、同じ返済額では金利の高いところの借入額は低いところに比べてなかなか減りません。
それだけ高い利息を支払っているということです。
つまり、金利の高いところの借入を長期に渡って残すのは得策ではないということですね。
ですからプランを立てる際には、可能な限り金利の高いところを優先的に返済した方が良い、ということです。

おまとめローンを利用する

返済プランを立てる際、多重債務をシンプルにまとめて一本化するというやり方があります。
金融機関や消費者金融では、複数の借金を一本化する『おまとめローン』という商品を取り扱っているところがあります。
数社をまとめることで金額が大きくなるため金利は低めに設定している場合が多く、月に何度もあった返済日が1日になりますので返済を忘れたり何度もATMに行くことがなくなります。
また1社になることで、返済状況や借金の残高などを把握しやすいという利点もあります。
多重債務で返済プランが立てにくいという方でも、1社であればプランが立てやすく完済というゴールも見えてくるのではないでしょうか。

債務整理をした方が良いケース

借金返済のプランを立てる際、生活費と返済額が収入の中に納まらない場合もあるでしょう。
“収入”“生活費の費目別の金額”“借金返済額”を書き出し、節約をして減らせるものと減らせないものに分けてください。
賃貸住宅の場合は、家賃の安いところに引っ越しをすれば住宅費を減らすことができます。
食費は、外食やコンビニ弁当などが多い場合には、自炊をすることでかなり減額することができるでしょう。
ほかにも、あります。

・生命保険の見直しや携帯電話のプランの変更
・バスや電車での通勤を自転車に代える
・カフェで飲むコーヒーをやめてマイボトルで持参する
・参加する飲み会の会費の上限を決める

こうした節約を実際に行うことで、返済に回すお金が捻出できるでしょう。
しかし節約ではどうすることもできない返済金額の場合や、既に返済を滞納した状態が続いている場合には、債務整理を検討する必要があるでしょう。
「債務整理に踏み切るタイミングが分からない」という方はいるようですが、「返済が辛い」「返済するためのお金を用意するのが難しい」「生活や返済のために借金を繰り返している」などの場合は弁護士に相談した方が良いですね。
相談は早めにした方が良いでしょう。
なかなか相談に行かないうちに、状況が悪化することはよくあることです。
「債務整理をした方がいいのかな。どうしようかな」と考えるようになったら、躊躇しないですぐにでも法律事務所に相談をしてください。

債務整理には、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産がありますので、専門家に相談をしてそれぞれの状況に合った方法を選択するようにしましょう。
債務整理を専門に行っている弁護士もおりますので、インターネットで検索してお近くで探してみると良いですね。

«
»