借金返済中はデビットカードを使いましょう

銀行が発行するデビットカード

デビットカードはクレジットカードのように、買い物をするときにカードの提示で支払いをすることができる便利なアイテムです。
ただし、クレジットカードのような審査はなく、15歳以上の方であれば銀行口座があれば誰でも作ることができるカードです。
デビットカードの発行は銀行が行いますので、口座を作って申し込みをすればすぐに作ってもらうことができるでしょう。
ですから借金返済中でこれ以上借入を増やしたくない方や、多重債務でクレジットカードの利用ができない方でも利用することができます。

“VISA”や“JCB”などの国際ブランド加盟店で利用することができ、会計の際にクレジットカードのように提示するだけです。
「それってクレジットカードと同じじゃない?」と思われるかもしれませんね。
大きな違いは支払方法です。

銀行口座直結のデビットカード

クレジットカードの場合は、会計の際にクレジットカードを提示すれば、後日指定口座から買い物をした金額が引き落とされて支払いが完了します。
デビットカードの場合、会計の際にデビットカードを提示すれば、その場で直接口座から支払われるのです。
つまりクレジットカードで買い物をすると、代金の立て替えをしてもらって後日返済する形式ですが、デビットカードは立て替えをしてもらうことなく口座から直接支払われるというわけです。
ですから口座の残高が不足していれば、買い物をすることはできません。
デビットカードはクレジットカードのようにうっかり使い過ぎるということがなく、口座の残高以上の買い物をすることができません。
また、クレジットカードは1回払いや分割払いなど支払方法を選択することができますが、デビットカードは1回払いのみとなっています。

確実な支払い

デビットカードは口座の残高以上の買い物をすることができないため、使い過ぎる心配がありません。
ですから借金返済中で、「これ以上の借入やクレジットカードの利用は避けたい」という方には最適なカードだと言えるでしょう。
また、最近では無料アプリで残高の管理ができますので、お金の管理がしやすくなるでしょう。
さらに、ATMで口座からお金を引き出す手間も省けますし、ATM手数料を取られることもありません。
もしも不正な利用をされた場合には、利用を知らせるメールですぐに知ることができますし、万が一紛失した場合は口座を空にすれば被害に遭うこともありません。
デビットカードを作る際には審査もありませんので、気軽に作ることができます。

債務整理をした人でも作れるの?

デビットカードは、15歳以上の人であれば誰でも作ることができます。
デビットカードの利用は借入ではないため、返済能力や収入、借入件数や借入金額などを問われることはありません。
審査がないため、申し込みをすれば簡単に作ることができます。

「とは言え、さすがに債務整理をした人は作ることはできないでしょう?」
と思った方、そんなことはありません!
何度も言いますが、デビットカードは借入とは全く違うものですので、債務整理をした人でも作ることができますし利用が可能です。
債務整理後にクレジットカードの利用をすることができなくなった方には、クレジットカードの代わりにデビットカードを持つ方も多いようです。

デビットカードは海外で利用することができるのか

デビットカードには、海外で利用できるものと利用できないものがあります。
国際ブランドである“VISA”や“JCB”のデビットカードは海外でも利用することができるため、海外旅行に持参したり、子どもの留学に持たせる方も多いようです。
使い過ぎる心配はありませんし、現金のように制限されることもありませんので、海外に行くときには非常に便利に使うことができます。

しかしデビットカードの中でも、“J-Debt”のデビットカードは海外で利用することができません。
“J-Debit”のデビットカードは、銀行のキャッシュカードをそのままデビットカードとして利用しているものなので、海外では利用できず国内でのみ利用することができます。
意外と知られていませんが、店頭に“J-Debit”の表示があるお店ではキャッシュカードで買い物をすることができるということです。

任意整理をすればデビットカードは使えなくなるのか

上記でお話ししたように、債務整理をした方でもデビットカードを作ることは可能です。
では、デビットカードを持っている方が任意整理をした場合、デビットカードの利用がストップすることはあるのでしょうか。
その心配は要りません。
何度も言いますが、デビットカードは口座直結でその場で支払いが完了するカードですので、借金やクレジットカードとは全く異なるカードです。
ですから、仮にデビットカードを作った銀行から融資を受けて、その融資を債務整理した場合でも、デビットカードの利用が止められたり回収されたりすることはありません。

デビットカードは、口座があればどなたでも利用することができるカードです。
現金を持ち歩きたくない方、口座の中でお金の管理をしたい方、クレジットカードの利用ができない方、子どもにまとまった金額を持たせなければいけない場合など、用途は非常に広くなっています。

«