借金返済・・・多重債務を一本化するデメリット

借金を一本化するおまとめローン

数社から借入をしている方は、毎月、利用している貸金業者数社分の借金返済を行っています。
これを一社にまとめることを『借金の一本化』と言い、『おまとめローン』と呼ばれています。

[例]
A社:50万円の借入・金利18%、B社:30万円の借入・金利18%、C社:30万円の借入・金利15%
この3社の借入を、D社:110万円・金利15% で完済します。

金融機関や消費者金融では『おまとめローン』として商品化したローンもありますし、通常の融資で借金を一本化することも可能です。
借金を一本化することで返済日は月に一度になりますので、借金の詳細を常に把握しやすくなりますし、返済を忘れたり数回の入金で煩わされることもなくなります。
また、消費者金融の場合は100万円以上の貸し付けは金利の上限が15%と低く、銀行などの金融機関でも貸付金額が大きくなれば金利は低く設定されています。
一社にまとめることで月々の返済は軽くなりますので、負担が減り返済に追われることもなくなるでしょう。

ただし、借金を一本化することでデメリットも発生します。
確かに一社にまとめて月々の返済は楽にはなりますが、高額な借入を長期に渡って返済するため、金利が下がっても全体の支払総額は高くなります。
ですからボーナスで繰り上げ返済をしたり、月々の返済が楽になった分だけ貯金をして繰り上げ返済に充てるなど、早く返済する工夫は必要ですね。

借金を一本化するときには金利に気を付けて!

一般的にお金の借り入れをする際、消費者金融よりも銀行などの金融機関のほうが金利は低く設定されています。
ですから借金を一本化する際には、銀行数社からの借入を消費者金融のおまとめローンで一本化した場合、一本化する前よりも金利が高くなる可能性があります。
金利が高くなっては、借金を一本化することで支払総額が確実に高額になってしまいます。
確かに月に1度の返済で済むのは利点ですが、金利が高くなるリスクを負うほどのことではありません。
借金を一本化する場合は、最低でも同じ金利であることが望ましいでしょう。

ただし、既に返済が困難な状況にあって、月々の返済を楽にする必要がある場合には、多少金利が上がっても一本化することで目的は達成することができます。
一本化してもその後の借り換えは可能ですので、ある程度返済をしたら金利の低い商品に借り換えをすることも検討すると良いですね。

消費者金融のおまとめローン

消費者金融でも、大口の貸し付けを扱っている業者はあります。
現在、利用している貸金業者の中でこれまでの取引状況が最も安定している業者であれば、良い形で取引履歴が残っているため、おまとめローンの審査に通りやすいと言えるでしょう。
これまでの取り引きで滞納がある場合や、些細なことでもトラブルがあった場合は、審査に通りにくいかもしれません。

そして、借入の申し込みは信用情報機関に記録が3ヶ月間残りますので、審査に通らない申し込みが数回あれば、業者が「何かあるのかもしれない」と考えて審査に通さない場合があります。
「どこでもいいから何社でも申し込んで、一本化できるところを探す!」と考えているのであれば、それは難しいかもしれませんね。
できるだけ審査に通りやすい貸金業者を選ぶことは重要ですし、3社申し込みを断られれば、それ以降はさらに審査に通りにくくなります。
断られた場合には3ヶ月以上空けて、信用情報機関の申し込みの記録が抹消されてから、別の業者に申し込みをすることをお勧めします。

また、消費者金融では100万円以上の貸し付けの上限金利は15%と決められており、100万円未満の金利の上限18%より低く設定されています。
ですから100万円の借入をして、今ある借金を全て完済し、残りは返済するというやり方をすると、確実に低い金利で借り入れすることができます。
もちろん『審査に通れば』の話しですが、おまとめローンは総量規制の対象外となっていますので、総量規制に引っ掛かるということはありません。

ただし、デメリットとして借金を増やしてしまうことが懸念されます。
おまとめローンを利用する際、完済した借り入れは必ず解約するようにしましょう。
貸金業者はまた借り入れをしてほしいと考えていますので、「解約しなくても、借り入れがなければ請求されることはありませんので、このままで大丈夫ですよ」などと言うでしょう。
しかし解約しなければ、何かの拍子にまた利用してしまうことは大いに考えられることです。
せっかくおまとめローンで借金を一本化しても、解約しなければ借金を増やすことに繋がりますので、必ず解約して下さい。

債務整理を選択した場合

借金の返済が困難な場合、おまとめローンを利用せずに債務整理をするという方法もあります。
ここでは、おまとめローンと債務整理を比較してみましょう。

おまとめローン

おまとめローンでは、借金を全額おまとめローンに移行することになります。
さらに、元々の借金を完済する際に利息の支払いを行わなければいけないため、若干ではありますが借入総額が高くなります。
長期に渡って1社の返済を行うことになりますので支払総額は高くなりますが、月々の負担は軽減されます。
また、おまとめローンを利用しても信用情報機関に登録されることはありません。

債務整理

債務整理では、申し立てをする制度によって異なりますが、支払総額は確実に軽減されます。
ただし、任意整理と個人再生では認可後3~5年で完済しなければいけないため、場合によっては月々の返済額が大きくなる場合もあります。
自己破産では全ての借金がゼロになりますが、財産を回収されるというリスクもあります。

それぞれにメリットもデメリットもありますね。
しかしいずれも借金の返済を楽にするために選択するものですので、迷った場合は借金問題を専門としている弁護士に相談すると良いでしょう。

«
»