自己破産が周りに与える影響は?

自己破産が周りに与える影響は?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

自己破産が保証人に与える影響

自己破産が保証人に与える影響

借金をする際に、保証人を立てることが条件になる場合があります。
借金の返済ができなくなり自己破産をした場合、保証人にはどのような影響があるのでしょう。

自己破産をすると、債務者は借金をゼロにすることができます。
免責と言って、一切返済する必要がなくなるのです。

通常、保証人のいない借金の場合は、免責となった借金は債権者が被害を被ることになります。
貸したお金が返ってこない。
いわゆる“踏み倒し”に遭ったということです。

しかし保証人がいる場合、債権者は免責となった借金を保証人に請求します。
債務者が自己破産をした場合、保証人には借金を返済する義務があります。

保証人は、『この人物が借金の返済ができなかった場合、私が返済をします』という契約を債権者と交わした立場にあります。

ですから債権者は契約に則って保証人に請求をしますし、保証人は返済をしなければいけません。
「保証人にだけは絶対なるな!」と親に言われたことが一度はあるでしょう。

原則として債権者は、保証人に対して一括返済を求めます。
申立をして分割返済にすることは可能ですが、自己破産した借金は全額返済しなければいけません。

多額な借金になると、保証人も自己破産などの債務整理をする場合もあります。
自己破産をすることで保証人に与える影響は、非常に大きなものです。
 
ただし、保証人が借金を完済した場合には、債務者に対する求償権が発生します。
求償権を以て、保証人は完済後に債権者に対して返済を求めることができるのです。

自己破産が就職に与える影響

自己破産が就職に与える影響

自己破産をした後、新たな就職先を求めて就活をした場合、自己破産をしたことが影響することはあるのでしょうか。
実は、「全くない」とは言えません。

通常、日常生活の中で自己破産をしたことが誰かに知られる可能性はほとんどありません。
借金やクレジットカードの申し込みでもしない限り、自己破産をしたことが露呈することはないでしょう。

しかし就職をする際、就職先が銀行や貸金業者、保証会社や信販会社の場合、信用情報を照会する可能性は否めません。

「この人物がお金にクリーンなのか」「多額な借金があってお金の悩みを抱えていないか」そのようなことを懸念して就職希望者の信用情報を確認することは有り得るでしょう。
新たな就職先を求めている場合は、よく考えて申し込みをするようにしたほうが良いですね。

では、家族の就職に影響はあるのでしょうか。
例えば、自己破産をした人の子どもが就活生の場合、親の自己破産が就活に影響することはあるのでしょうか。

子どもの就職に際して、金融機関では親も含めた家族調査が行われることがあります。
その場合、親が自己破産をしていることが絶対に影響しないとは言えないでしょう。

しかし自己破産は犯罪ではありませんので、通常、子どもの就職に影響することはほとんどありません。

自己破産が結婚に与える影響

自己破産が結婚に与える影響

自己破産をしたことで、離婚に至る夫婦は少なくありません。
自己破産は家計の破綻を意味しており、共有していた財産も全て失う場合があるからでしょう。

しかし自己破産者がその後に結婚をする場合、自己破産をしたことが影響することはあまりないでしょう。

・ローンを組めない。
・借金ができない。
・クレジットカードを作れない。
・財産がない。

結婚に影響することと言えば、この程度でしょう。

しかし問題はもっと根深いところにあります。
自己破産をしたということは、返済できない借金を負ったことがあるということです。

借金をした原因は何ですか。
仕事の資金、生活費、買い物依存症、ギャンブル依存症、浪費癖、酒、趣味に注ぎ込んだ。
借金の理由は様々です。

しかし結婚をして生涯を共にする人と生活するわけですから、お金の遣い方がしっかり考えなければいけません。
依存症や浪費癖の場合は、カウンセリングを受けるなどして改める必要があるでしょう。

問題は、自己破産をしたことよりも、自己破産に至った経緯ではないでしょうか。

自己破産が家族に与える影響

自己破産が家族に与える影響

自己破産をすると、保有している資産は回収されてしまいます。
20万円を超える財産と99万円を超える現金は、全て回収の対象となってしまいます。

ですから、住宅が持ち家の場合は家も土地も失ってしまいます。
家族も一緒に住むところを失うことになりますので、精神的な苦痛を感じることもあるでしょう。

しかし実質的に自己破産は債務者個人の手続きですので、家族が自己破産者と同様の影響を受けることはありません。
家族は、お金の借り入れをすることもできますし、ローンやクレジットカードの利用をすることも可能です。

また、職場や学校に知られることはありませんし、親戚にも話さなければ知られることはありません。
経済的にも自己破産をすることで借金返済に追われることから解放されますので、家族の生活は守られるのではないでしょうか。

ただし、配偶者が保証人になっている場合は、一緒に自己破産をしなければいけません。

保証人は自己破産者に代わって借金の返済をしなければいけませんので、配偶者が保証人になっている場合は配偶者に支払い義務が発生してしまいます。
一緒に自己破産をすれば、借金は全て免責となります。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP