任意整理とは?

任意整理とは?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

任意整理って何?弁護士に相談するの?

任意整理って何?弁護士に相談できるの?

任意整理は、裁判所を介さずに行うことができる債務整理です。
債務整理には、任意整理のほかに『特定調停』『個人再生』『自己破産』がありますが、裁判所を介さずに行うことができるのは唯一『任意整理』だけです。

特徴として、債務者の借金全てが対象となるわけではなく、整理したい借金を選択して行うことができるという点が挙げられます。
ですから連帯保証人を立てた借金で整理すると迷惑をかけることになってしまう場合や、手放したくない車のローンなどは、任意整理の対象から外すことで問題を回避することができます。

任意整理をすると契約上で支払わなければいけない利息が免除され、実質的には利息ゼロ『無利息の借金』にすることができます。
ただし、無利息になった借金は3年から最長で5年の間に弁済しなければいけません。
ですから支払い能力なければ、交渉が成立することはありません。

任意整理を行うには債権者との交渉が必要です。
裁判所が介入しないため、債務者と債権者との直接対決と言うことになりますね。

しかし『利息免除』の交渉は、一般的には素人には無理な話しです。
相手は何度も債務整理の交渉をしてきた債権者です。
言わば、そういった交渉のプロとも言えるでしょう。

そんな人との交渉ですから、よほど巧妙なやり取りをしなければ任意整理を成立させることはできません。
ですから任意整理を考えている場合には、債務整理を専門としている弁護士に依頼をすることをお勧めします。

確かに弁護士費用はかかりますが、素人が交渉するよりは遥かに確実な結果を出してもらうことができるでしょう。
まずは電話で問い合わせをして、弁護士事務所の『無料相談』を受けてみましょう。

自己破産との違い

自己破産との違い

同じ債務整理の中でも、任意整理と自己破産では大きな違いがあります。

任意整理は、上記にもありますように全ての借金を対象にする必要はなく、選択した借金だけを整理することができますが、自己破産は全ての借金が対象となります。
また、任意整理は裁判所を介さずに行うことができる債務整理の方法ですが、自己破産は裁判所が介入しなければ成立させることはできません。

さらに、任意整理をしても一切の財産を失うことはありませんが、自己破産では20万円を超える価値のある財産や99万円を超える現金は全て回収され債権者に配当されます。
ですから任意整理をしても家や土地や自動車などを失うことはありませんが、自己破産をすれば家や土地や自動車だけでなく、貴金属や宝石、電化製品などでも20万円を超える価値のあるものは全て回収されてしまいます。

そして任意整理の場合は職業や資格の制限はありませんが、自己破産をした場合には職業の制限や剥奪される資格もあります。
ただし、任意整理が成立しても無利息となった借金を決められた期間(3~5年)に完済しなければいけませんが、自己破産をすれば全ての借金をゼロにすることができ返済の必要は一切なくなります。

任意整理の申し立てをするためには、ある程度の返済能力が必要です。
一方、自己破産の申し立てをするためには、返済不能であることを証明する必要があります。

任意整理にかかる費用

任意整理にかかる費用

任意整理にかかる費用は、相場で1件2万~5万円程度でしょう。

弁護士費用に規定はなく、案件に対する費用の決まりは一切ありません。
ですから弁護士事務所によって設定されている金額が異なりますし、依頼する件数や借金の金額などによっても異なります。

費用に関する不安がある場合には、HPなどで確認するか、電話で問い合わせても良いでしょう。
また、無料相談の際に費用の支払方法に関する相談をしても良いですね。

債務者が債務整理を依頼すると、弁護士は債権者に受託通知を送付します。
受託通知を受け取った債権者は、債務者に対して手続き中の督促や取り立てを行うことができません。
また、返済の義務も一時的にストップします。

ですから返済の必要がない手続きの期間(数ケ月)に、返済するはずだった金額を弁護士費用のために積み立てをする形式をとっている弁護士事務所は多くなっています。

費用の支払いに不安があって債務整理に踏み切れないという方が多くいらっしゃるようですが、同じように借金で悩んでいた方が債務整理の手続きを依頼して費用を支払うことができています。
心配するよりも、まず相談をしましょう。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットとして挙げられることに、任意整理成立後の弁済があります。

任意整理は支払利息が免除になる制度ですので、借金の元本は全額返済しなければいけません。
そして、元々の契約がリボ払いの場合や、支払い回数が多い場合などでは、任意整理後の弁済のほうが大変になってしまうケースもあります。

と言うのも、任意整理をした場合、3年間で完済、或いは正当な理由がある場合のみ最長5年間で完済しなければいけません。
つまり場合によっては、支払期間が短くなることで毎月の返済額が大きくなってしまうこともあるのです。
そうなると、せっかく任意整理をしたにも関わらず、それまで以上に返済が大変になってしまいます。

また、任意整理をすることで、信用情報機関に事故情報として登録されてしまいますので、借金やローン、クレジットカードなどの利用ができなくなってしまいます。
信用情報機関の登録が抹消されるまでの期間は完済から5年間ですので、5年後には借金やローン、クレジットカードの利用も可能となります。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP