債務整理をした時の家族への影響はあるの?

債務整理をした時の家族への影響はあるの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

債務整理をすると住宅ローンはどうなる?

mo1840-m

債務整理を検討したときに、最も心配なこととして『住宅ローンはどうなるのだろう?』ということがあるのではないでしょうか。
住宅ローンも整理になってしまうと、当然家や土地は回収されてしまいます。
その点が不安で債務整理に踏み切れないという方もいるかもしれませんね。

しかし、任意整理や特定調停では対象にする債権を選択することができますし、個人再生では住宅ローンは対象外となっています。
ですから任意整理・特定調停・個人再生では、住宅ローンはそのまま残すことができ、債務整理後も家や土地も保有し続けることができます。

ただし、自己破産の場合は住宅ローンも自己破産の対象となりますし、住宅ローンを完済していても財産を回収されてしまうため家や土地も失うことになってしまいます。

また、債務整理後に住宅ローンの利用を考えている場合、審査に通ることはできるのでしょうか。

債務整理をすると、事故情報が信用情報機関に登録されます。
そして事故情報が登録されている期間(5~10年)は、住宅ローンだけでなく、借金やクレジットカードの審査に通ることができません。
つまり、住宅ローンの利用はできないということです。

しかしだからと言って、住宅ローンを諦める必要はありません。
実は、債務整理の影響を受けるのは本人だけとなっており、家族は全くの無関係です。
ですから、家族の名義で住宅ローンに申し込みをすると、債務整理をしたことが影響することなく審査してもらえるのです。

家族のクレジットカードも止められるのか?

mo1841-m

債務整理をするとクレジットカードの利用はストップします。
上記でも述べましたが、信用情報機関に事故情報が登録されている期間は、新規申し込みも更新も審査に通ることはありません。

では、家族のクレジットカードも止められるのでしょうか。

例えば、家族の方が債務整理をした方のクレジットカードの『家族カード』を持っている場合、本人のクレジットカードが止められれば『家族カード』も利用が止められてしまいます。
しかし本人以外の家族名義のクレジットカードであれば、債務整理をしたことが影響することはありませんので、利用が止められることはありません。

それまで通りに利用することも、新規申し込みで審査に通ることも可能です。
ですから、債務整理をした本人がクレジットカードが必要な場合には、家族の方のクレジットカードの『家族カード』を利用することは可能です。

基本的に債務整理の及ぼす影響は、例え家族であっても本人以外の権利を奪うことはありません。
ですから家族に迷惑をかけることに不安を感じて債務整理に踏み切れない場合には、まずは正確な情報を集めることから始めましょう。

家族にとってのデメリット

mo1842-m

債務整理をすることで、家族の妨げになることはほとんどありません。
進学や就職に影響することはありませんし、縁談などがあってもバレる心配はありません。
また、家族はローンもクレジットカードも利用することができますし、家族名義の財産を回収されることはありません。

もちろん、債務整理を検討しなければいけない状況は、既に家族に心配を掛けていると言えます。
また、債務整理をする本人が借金やローンの利用ができないことも、家族にとっては大きな不安要素になる場合もあるかもしれません。
住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどの利用を予定している場合には、利用できずに困った状況になることも考えられますね。

さらに、任意整理や個人再生では生活に影響することはほとんどありませんが、自己破産をした場合には20万円を超える財産や99万円を超える現金は回収されてしまいます。
それまで持ち家で生活してきた家族は家を失うことになってしまいますし、自動車も回収されてしまいます。
貯金があっても99万円までしか手元に残すことはできませんし、高価なものは全て回収されてしまいます。
自己破産の場合、本人の職業や資格にも制限があるため、場合によっては仕事を失うことも資格を剥奪されることもあります。

しかし自己破産をしても賃貸住宅を借りることはできますし、最低限の生活に必要な家財道具は手元に残すことができます。
何より、どうしても返済できずに苦しんだ借金から解放されることができます。
自己破産後の貯金や財産に関しては回収されることはありませんし、借金返済で生活を脅かされることもなくなります。

「債務整理をすることで家族に迷惑をかけるのではないか」と、闇雲に不安を感じて立ち止まっているより、まずは専門家に相談をしてみましょう。

家族に内緒で債務整理はできるのか?

mo1843-m

債務整理を検討している方の中には、借金があることを家族に内緒にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
その場合、借金があることを家族に話し、さらに債務整理をすることを話さなければいけません。
その気持ちの重さは、計り知れません。

債務整理の手続きをしていることが家族にバレることがあるとしたら、それは郵便物や電話の応対などからでしょう。
家族にわざわざ知らされることはありませんし、家族の許可を取るようなこともありませんので、郵便物や電話さえ気を付ければ内緒のままで手続きを進めることもできるかもしれません。
また、依頼した弁護士に「家族には内緒で手続きをしたい」という風に相談をしてみるのも良いですね。

ただし、個人再生の手続きをした際に自動車ローンがあれば、自動車を回収されてしまいますので、そこからバレる可能性は大きいでしょう。
また、自己破産をすると財産を回収されてしまうため、内緒にすることはできないとお考えください。

しかし債務整理をする際には、可能であれば家族に話して状況を知ってもらうことをお勧めします。
債務整理は精神的な負担もあり、孤独に陥りやすい状況になります。
できれば家族の理解とサポートを得て、手続きを進めることをお勧めします。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP