個人再生をしたらクレジットカードはどうなる?

個人再生をしたらクレジットカードはどうなる?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

クレジットカードのショッピングは個人再生の対象となるのか?

クレジットカードのショッピングは個人再生の対象となるのか?

借金には銀行からの融資やカードローン、消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシングなど、いろいろな形のものがあります。
これらの借金に関しては、クレジットカードも含めて全て個人再生の対象となります。

では、クレジットカードの“ショッピング”はどうでしょう。

クレジットカードのショッピングは、非常に手軽で便利な機能です。
カード1枚で買い物することができますので高額な買い物でも現金を用意する必要がなく、さらに分割払いやリボ払いをすることができますので、簡単に高額な商品を購入することができます。

しかし、この手軽さが落とし穴となる場合があります。

計画的に利用している方であれば問題はありませんが、アレもコレもと買い物をするだけして「返済が大変!」という方も少なくないでしょう。
クレジットカードは手軽に利用できるため、気付いたときには限度額いっぱいの利用になっていた!ということや、支払いができないほどの多額な利用になっている場合があります。
そのような場合には、クレジットカードのショッピングも個人再生の対象となりますので、返済が困難な場合は検討すると良いでしょう。

ただし、クレジットカードのショッピングはあくまでも代金の立て替えであり、それに伴う手数料は利息とは異なります。
ですからショッピングでは過払い金が発生することはありません。

クレジットカードのリボ払いは最大の落とし穴

クレジットカードのリボ払いは最大の落とし穴

多くの方がクレジットカードのリボ払いを利用しています。
リボ払いは、利用残高がいくらあっても月々一定額の支払いでOKですので、非常に手軽で使いやすいのが特徴です。

しかし一定額しか支払わなくても良いということは、利用額が高額になればなるほど多額な利息の入金で、元本への返済がほとんどされなくなってしまいます。
元本への返済額が少ないということは利用残高が減らないということですので、毎月の支払利息は合計すると膨大な金額になってしまいます。

そして、元本がなかなか減らないということは、それだけ長期に渡って利息を支払い続けることになります。
一見、利用しやすくて手軽なリボ払いは、実は大きな落とし穴だということに気付いてください。

借金の返済は何のためにしているのでしょうか。
借金を減らすためですよね。

それは決して『多額な利息を支払うため』ではないはずです。
リボ払いは仕組み上、利息を支払うための返済方法となっています。

ですから、リボ払いを推奨する業者は多いでしょう。
リボ払いへの変更は簡単にできるようになっていますが、リボ払いから別の支払方法に変更するのは面倒な手続きとなっているのです。

それだけリボ払いは儲けが多く、推奨したい返済方法だということです。
面倒でも返済方法の変更手続きをしましょう。

個人再生後にクレジットカードの使用はできるのか

個人再生後にクレジットカードの使用はできるのか

個人再生をすると、借金の減額をすることができます。
そこだけを聞くと「是非やりたい!」と思うかもしれませんね。

個人再生は、いわゆる専門的には“異動”と呼ばれる金融事故のことで、借金を契約通りに返済ができなかったことを表します。
個人再生は借金の返済が困難になった人が利用できる救済措置で、法的な制度となっています。
この制度を利用すると借金は減額されますが、借金に関する情報が管理されている信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。

事故情報は、個人再生の場合は完済から5年間は登録が残ります。
いわゆるブラックリストですね。
その間、借金やローン、クレジットカードの利用もできなくなってしまいます。

個人再生後のクレジットカードの審査

個人再生後のクレジットカードの審査

個人再生後には、クレジットカードの利用ができなくなってしまいますが、新規の申し込みはどうでしょう。
信用情報機関に事故情報として記録が残っている期間は、新規の申し込みもできなくなります。
ですから、申し込みをしても審査に通ることはないでしょう。

信用情報機関の個人再生の登録は、完済から5年間で抹消します。
個人再生の返済期間は3~5年と決められていますので、8~10年は利用も新規作成もできないということです。

しかし完済から5年間経過すれば、借金もローンもクレジットカードも利用できるようになります。

ただし、完済から5年経過しても、気を付けなければいけないことがあります。
それは、個人再生の対象となった債権者のことです。

クレジットカードを利用することができるようにはなりますが、一度でも自社の貸し付けを債務整理の対象として借金の減額をしたことがある人を利用者として再び歓迎することはないでしょう。
信用情報機関の登録は抹消されますが、個人再生の対象となった債権者の社内では個人再生をした人物の名前が消されることはありません。

ですから、個人再生をして完済後5年が経過しても、元々使っていたクレジットカードを復活させることはできないでしょう。
ただし、系列会社以外のクレジットカード会社であれば問題なく利用することができますので、申し込みをすると良いでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP