債務整理を弁護士に依頼する時に知っておきたいこと

債務整理を弁護士に依頼する時に知っておきたいこと

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

弁護士に依頼するメリット

mo1940-m

借金をしたら、必ず返済をしなければいけません。
しかし病気やケガで仕事を辞めなければいけなくなったり、リストラされるなど、収入を失って返済が滞ることは誰でも有り得ることでしょう。

また、多重債務になってお金が回らなくなり、「とうとう返済できなくなった・・」という事態も他人事ではありません。
どうしても返済の目途が立たなくなった場合、債務整理を視野に入れて考えなければいけません。

借金を返済できないときに、最もしてはいけないのが『返済の放置』です。
借金は放置しても減るものではありません。
借りたものは返さなければいけませんし、返済を待たせても遅延損害金が発生するだけで期待できることなど一つも起こりません。

また、長期に渡って貸金業者の督促を無視していると、貸金業者では裁判所に借金返済の申し立てをします。
そうなるともう逃げることはできません。
督促状は裁判所から送られてくるようになり、無視し続けると給料や預金口座の差し押さえが強制執行される恐れがあります。

そこでそんなことにならないように、『借金の返済ができない』となったら債務整理を視野に入れて弁護士に相談をしましょう。

債務整理は個人が申し立てをすることもできますが、その手続きは専門的なことが多く非常に面倒な作業となります。
ですから弁護士に依頼をすることで、面倒なことを全て弁護士に任せましょう。

弁護士に依頼するメリット

債務者に有利になる働きをしてもらうことができる。

債務整理は交渉事ですので、下手なことをすると不利な状況になる場合もあります。
素人では分からないような駆け引きもありますので、専門家である弁護士に依頼することで、その不安から解消されることができます。

専門的な書類の作成をしてもらうことができる。

債務整理には作成しなければいけない書類と、用意しなければいけない書類があります。
全てを把握して揃えることは、素人にとっては非常に骨の折れることです。

裁判官との面談を代理人としてやってもらえる。

裁判官との面談と聞いただけで「緊張する!」と思う方は多いのではないでしょうか。
訊かれたことには正確に答える必要がありますし、その発言にも責任を持たなければいけません。
質問に対する答えがトンチンカンで、裁判官を閉口させることも十分考えられます。

債権者との交渉を代理人としてやってもらえる。

債務整理で最も重要なのが、この債権者との交渉でしょう。
交渉が上手くいかなければ、債務整理を成立させることはできません。
債権者は、いつも債務整理で弁護士と交渉をしている、借金の交渉のプロです。
素人が侮って交渉をすると、取り返しのつかない結果となってしまう場合もあります。

債務整理を検討した場合には、まずは弁護士に相談をしましょう。

司法書士への依頼

mo1941-m

法律の専門家には、弁護士以外に司法書士がいます。
司法書士の仕事は、①登記事務②供託事務③裁判事務の3つです。

さらに現在は、債務整理の申し立てを行うことも可能となりました。
ただし、それには条件があります。

司法書士の場合、借金に関する交渉権と訴訟代理権が140万円以下と定められています。

ですからそれ以上の金額になった場合には、司法書士では対応できなくなってしまうのです。
140万円以下だと思っていた借金が、正確に計算をしたら「140万円を僅かに超えていた」ということも実際よくあることです。
その場合は、途中で弁護士に依頼を変更することになってしまうでしょう。

ただし、費用は司法書士の方が安いため、きちんと正確な借金の金額を確認して検討しましょう。

途中で弁護士を変えたい場合

mo1942-m

債務整理の依頼をした際、何らかの理由で弁護士を変更したいと考えた場合、変更することは可能なのでしょうか。

基本的に、弁護士との委任契約はいつでも解除が可能です。
ちなみに正当な理由は必要ありません。

「顔が嫌い」
「話し方が不快」
「何となく気に食わない」
このような理由でも委任契約の解除をすることは可能です。

ただし、正当な理由もなしに委任契約の解除をした場合、依頼者に対して損害賠償金の支払いを要求される場合があります。

正当な理由として。
・コミュニケ―ションが取れない。
・連絡が付かない。
・出廷や打ち合わせに遅刻する。
・処理が遅い。
・新たな提案がない。
このような理由が挙げられます。

ただし、正当な理由がある場合でも、着手金などそれまでに支払った費用は返金されることはないでしょう。

さらに、委任契約を解除したら、新たに弁護士を探して依頼をしなければいけません。
もちろん費用も一からかかります。

弁護士の評判

mo1943-m

弁護士の評判を知るために、インターネットのホームページなどを参考にする方は多いでしょう。
口コミ情報や過去の実績などを参考に、債務整理に強い弁護士に依頼すると良いでしょう。
弁護士にはそれぞれ得意分野がありますので、必ず確認をしてください。

家族問題や離婚問題に強い弁護士や企業問題を専門としている弁護士など、それぞれの専門分野はありますが、弁護士であれば債務整理の申し立て手続きができないわけではありません。

しかし債権者との交渉次第で、和解が成立するか決裂するかが分かれる債務整理です。
下手な交渉では、思うような結果を期待できない場合もあります。
弁護士は慎重に選んでください。

また、債務整理を専門としている弁護士であっても、トラブルが多い弁護士や悪徳弁護士も存在します。
最近はインターネットですぐに情報を収集することができますので、悪い評判はすぐに広がります。
まずは検索して、悪い評判がないことを確認してから依頼をしましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP