債務整理にかかる費用について気になること

債務整理にかかる費用について気になること

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

法テラスを利用した場合

法テラスを利用した場合

法テラスをご存知でしょうか。
法テラスは、国が設立した法務省所管の機関で、弁護士への依頼を比較的手軽に行うことができます。
もちろん債務整理の依頼をすることも可能です。

法テラスの『民事法律扶助制度』を利用した場合、弁護士への報酬額や実費の規定はありません。
債務整理の場合、債務整理の種類や借入件数などによって費用は異なります。

任意整理の場合、5万~20万円前後。
個人再生では、20万~35円前後。
自己破産では、20万~40万円前後。

上記を目安にしてください。

ただし、借入件数によって異なりますので、詳細は問い合わせをすると良いですね。
また、法テラスでは分割返済を受け付けていますので、月々5,000円程度の返済から検討すると良いですね。

ただし、法テラスでは債務整理の依頼をするからと言って、必ずしも借金問題を専門に扱っている弁護士が担当になるわけではありません。
専門外であっても、たまたま当たった弁護士に依頼をすることになりますので、その点は了承する必要があります。

費用が安い法律事務所

費用が安い法律事務所

借金の返済が負担になり債務整理を考えた場合、弁護士を探すことから始めるでしょう。
できれば弁護士費用は、安いに越したことはありません。

債務整理を弁護士に依頼をする前に、無料相談を受けることになります。
借金の詳細、返済の状況、収入、生活の状況など、借金返済に関わる全てのことを説明し、弁護士に債務整理の種類を選択してもらいます。

債務整理に関してきちんと説明を受けたら、その上で債務整理の申し立てを依頼します。
この相談は、法律相談になりますので『5,000円/30分』の費用がかかりますが、多くの弁護士事務所では無料相談を受け付けていますので、相談自体は無料となるでしょう。

相談までは無料で受けることができますが、債務整理を依頼するとなると費用がかかります。

弁護士費用は、法律で制限されるものがありません。
ですから金額の設定は各法律事務所で異なるというわけです。
ということは、激安弁護士があっても不思議ではない?とも言えますね。
実際には“激安”ということはありませんが、安価で良心的な料金で設定している弁護士事務所は少ないかならも存在しています。

費用はホームページで確認できる場合もあります。
しかしホームページには、具体的な金額を載せていない場合もあります。
そのような場合には、無料相談の際に費用の確認をすると良いでしょう。

金額が高くて折り合いが付かない場合もあるでしょうし、「もっと安いところがあるかもしれない」と気になる場合もあるでしょう。
無料相談は数件の法律事務所で受けて、それぞれの費用の金額を確認し、同時に雰囲気や話しやすさ、信頼度も確認すると良いですね。

その際、見積書をもらうようにすると、いくつかの項目がある弁護士費用でも数社を比較し易く、本当に安い法律事務所を判断することができるでしょう。

費用を払えないから債務整理できない・・・

mo2084-m

弁護士費用は高い!というイメージがありますね。
実際、債務整理で必要な弁護士費用は、債務整理の種類や借入件数にもよりますが、10万~50万円程度はかかります。

債務整理を検討している人にとって、出費はできるだけ抑えたいと考えるでしょう。
「10万も20万も支払うなら、借金の返済もできてるわ!」と思う方も多いのではないでしょうか。

中には、「弁護士費用が高いから、債務整理はできない」という方もいるでしょう。
しかしそれでは、借金問題は何も解決できません。

考えてもみてください。
これまで債務整理をしてきた人は、何万人といます。

では、その人たちは経済的に余裕がある人たちだったのでしょうか。
債務整理をした人ですから、そんなはずはありません。
しかし実際に、何万もの人たちが債務整理で救われているのです。

つまり、債務整理をしなければいけない状況の人であっても、きちんと費用を支払うことができていた!ということです。

費用の分割払い

費用の分割払い

多くの法律事務所では、弁護士費用の分割払いを認めています。
一度に支払うには高額で無理がある金額でも、支払える金額で分割にしてもらうことで、一定期間で支払うことが可能です。

また、債務者が弁護士に債務整理を依頼すると、弁護士は債権者に受託通知を発送します。
これは『〇〇さんの債務整理を受託いたしました』という通知で、債務整理の手続きを開始することを伝えるものです。

この受託通知を受け取った債権者は、債務整理の手続きが完了するまでは、債務者に対して返済の請求をすることができなくなります。
返済の滞納がある場合にも、督促をすることはできないのです。

つまり債務者は、債務整理の手続きが完了するまでは、返済の義務が一時的にストップするということですね。
ですから返済義務がストップしている手続き中に返済金額を積み立てて、弁護士費用を貯めることもできます。

債務整理の手続きには、種類にもよりますが3ヶ月~1年かかります。
しっかり積み立てようと思えば、弁護士費用を賄うことができる場合もあるでしょう。

ですから、費用の心配をする必要はありません。
弁護士と相談し、分割払いで支払うようにすると良いでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP