リボ払いにも過払い金はあるの?

リボ払いにも過払い金はあるの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

過払い金がある可能性

過払い金がある可能性

カードローンやクレジットカードの返済方法に『リボ払い』があります。
リボ払いは、限度額内であれば“いくら借り入れしても”“何度借り入れしても”、毎月一定額の返済を続ける方法です。
毎月の返済が負担になりにくく、返済額が借入額に左右されないため、たくさんの利用者がこの返済方法を選択しています。

この『リボ払い』で過払い金が発生する可能性はあるのでしょうか。
過払い金は、いわゆるグレーゾーン金利のことです。

貸金業法が改正になる以前、『出資法』の上限は29.2%でした。
『利息制限法』の上限は貸付金額によって15~20%と定められていましたが、当時ほとんどの貸金業者は『出資法』の上限である29.2%を基準として、『利息制限法』を超える金利で設定していたのです。

『利息制限法』を違法しても刑事罰はなかったため、高い法の金利を目安にするのは当然だったかもしれませんね。

しかしそのグレーゾーン金利に注目し『出資法』が改正され、上限を20%としたのです。
そして、当時支払い過ぎた金利を返還する“過払い金返還請求”をする権利を法律で認めたのです。

では、本題です。
『リボ払い』にも過払い金が発生する可能性はあるのでしょうか。

「もちろんあります」

リボ払いであっても20%を超える金利を支払っていた場合は、過払い金が発生している可能性は大いにあります。
ただし、過払い金返還請求の権利は完済から10年で時効となりますので、心当たりのある方は急がなければいけませんね。

クレジットカードの過払い金

クレジットカードの過払い金

最近は、クレジットカードの返済方法もリボ払いが多くなっているようですね。
クレジットカードの利用にも、過払い金が発生する可能性はあります。

条件は同様で、“20%を超える金利で借り入れがあった場合”“完済から10年以内であること”が挙げられます。

また、現在は完済していても、クレジットカードの契約はそのままになっているという場合、過払い金返還請求を行うとそのカードは無効となります。
過払い金返還請求を返済中の借金で行う場合、それは『債務整理』という扱いになります。

ただし、過払い金で借入残高を相殺できる場合には、一旦は信用情報機関に『債務整理』として登録されますが、相殺されれば登録は抹消されます。
カードが無効になる際にも、キャッシング枠かショッピング枠のいずれかに利用残高がある場合には、過払い金で相殺されることになります。

『出資法』が改正になったのは平成22年ですので、それ以前にクレジットカードの利用があった場合は、過払い金調査を依頼してみると良いでしょう。

過払い金の計算方法

過払い金の計算方法

過払い金の計算は簡単ではありません。
インターネットで検索すれば自動計算ソフトを見つけることができますので、入力して計算してみると良いですね。

ここでは、過払い金計算方法の仕組みについて、分かりやすい例を挙げてお話ししましょう。

[例]29%のグレーゾーン金利で100万円の借り入れ:返済30万円万円/1年 のケース

金利29%で100万円の借り入れをすると、利息は1年で29万円になり、支払総額は129万円になります。
1年で30万円返済した場合、借入残高は99万円となります。

利息制限法に則って、金利18%で借り入れをすると、利息は1年で18万円になり、支払総額は118万円になります。
1年間で30万円返済した場合、借入残高は88万円となります。

本来の返済義務は118万円の支払いということになりますので、129万円-118万円=11万円 ですので、過払い金は11万円です。
11万円が返還されることになります。

これは1年間を例にし、年1回の返済で分かりやすく説明したものですが、実際の返済は1ヶ月に1度ですし、完済までの期間はもっと長くなります。
ですから過払い金の引き直し計算は非常に複雑で、電卓片手にできるものではありません。
過払い金計算ソフトを利用して計算してみると良いですね。

過払い金がありそうな場合には、早めに調査を依頼して返還請求をしましょう。
過払い金返還請求権は完済から10年で時効となります。

クレジットカードのショッピングでも過払い金は発生するの?

クレジットカードのショッピングでも過払い金は発生するの?

過払い金は平成22年以前にお金の借り入れをしていた場合には、高い確率で発生していることが考えられます。
では、クレジットカードのショッピングの場合はどうでしょう。

過払い金は、払い過ぎた“利息”のことを指しています。
しかしクレジットカードのショッピングの場合、利息は付かず、請求されるのは手数料です。

手数料は利息制限法や出資法とは無関係ですので、高い割合で設定されていた場合でも過払い金にはならないのです。
ですから、クレジットカードのショッピングでは、過払い金が発生することはありません。

ただし、キャッシングで過払い金がある場合には、ショッピングの利用残高を過払い金で相殺することができます。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP