債務整理で金利をカットして楽に返済

債務整理で金利をカットして楽に返済

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

任意整理をして過払い金で完済

任意整理をして過払い金で完済

任意整理は、返済中の借金に対して申し立てをする債務整理で、認可されれば金利をカットすることが可能です。
金利をカットすることができるため、返済が楽になることは間違いありません。

一方、過払い金の返還請求は、完済した借金に対して行われます。
返済中の借金に対して過払い金調査が行われた場合、それは債務整理として見なされます。

また、逆に債務整理をする際にも、必ず事前に引き直し計算をして過払い金の有無を確認します。
引き直し計算の結果、過払い金があることが分かり、過払い金で借金を完済できる場合には、債務整理の必要はなくなりますね。

この場合、返済中の借金の過払い金調査を行った時点で、信用情報機関に債務整理の記録が登録されます。
そして、過払い金で借金を完済した時点で債務整理の記録が抹消されるため、信用情報機関に事故情報が残ることはありません。

利息制限法に則った借金の場合

利息制限法に則った借金の場合

貸金業法の改正が行われる以前の借り入れでは、グレーゾーン金利によって過払い金が発生していることが考えられます。
ですから上記のように任意整理の際に引き直し計算をして、過払い金で借金を完済することができるケースも少なくありません。
そうなると、過払い金が発生していない借金の場合に対して、任意整理をすることに意味があるのか?という疑問が湧いてきます。

任意整理は、元々金利をカットすることができる債務整理の方法の一つです。
返済中の借金で、過払い金を調査することを目的とした債務整理ではありません。

確かに、比較的新しい借り入れで過払い金がない借金の場合は、任意整理をしても過払い金で完済できるということはありません。
しかし任意整理を行うことで、返済中の借金の利息がカットされ『利息ナシの元本だけの返済』となり、楽に返済することが可能です。

ですから『過払い金がないのに任意整理をしても意味がない』などということはありません。

通常、任意整理の申し立てを行うと、信用情報機関に債務整理をした情報が登録されます。
任意整理の場合、情報は完済から5年間残りますので、5年間はローンの利用や借金をすることはできません。

消費者金融だけ選択することもOK!

消費者金融だけ選択することもOK!

任意整理の申し立てをする際、現在ある借金の全てを任意整理の対象にする必要はありません。

実は任意整理では、申し立てをするご本人が自分の借金の中から整理する借金を選択することができるのです。
ですから、自動車を回収されることを避けるために自動車ローンを任意整理の対象から外したり、保証人に迷惑をかけることを避けるために保証人を立てた借り入れを対象から外すことも可能です。

また、金利が高めの消費者金融からの借り入れだけを対象にして、クレジットカードや銀行などを対象から外すことも可能です。

消費者金融はクレジットカードや銀行などに比べると金利が高く、支払利息が負担になっていることは大いに考えられます。
そのような理由で消費者金融からの借り入れだけを任意整理する方も少なくありません。

ただし、消費者金融だけを選択して任意整理をしても、信用情報機関に登録される5年間は消費者金融以外からの借り入れやローン・クレジットカードなど、全ての借り入れができなくなってしまいます。
対象から外した業者の利用が可能なわけではないので、気を付けましょう。

任意整理後の返済

任意整理後の返済

任意整理は金利をカットすることができる債務整理の方法ですので、成立後にも返済は続きます。
ですから、ある程度の返済能力がなければ、任意整理は認められません。

任意整理後の返済は、3年間で完済することが基本となっています。
ただし、正当な理由が認められれば最長で5年間まで認められます。

返済期間内に返済の滞納があった場合、入金されるまで何度かの督促を受けるでしょう。
督促に対して真摯に対応し、具体的に返済の意思を伝える必要があります。

督促を無視したり、滞納を続けると、場合によっては財産の差し押さえが強制執行される場合があります。
通常の借金を返済する以上に気を付けなければ、既に債務整理をして『返済事故』があることを忘れてはいけません。

どうしても返済ができない場合には、改めて弁護士に相談をして債務整理を検討しましょう。

任意整理後の借金

任意整理後の借金

上記にもありますように、任意整理をすると完済から5年間はローンやクレジットカードの利用や借金をすることができません。
住宅ローンや教育ローンを利用する予定がある方は、気を付けなければいけませんね。

任意整理は、借金返済の金利をカットすることができる債務整理です。
借り入れをする際の契約では、借入金に対して決まった金利を付加した返済を毎月行うことになっているはずです。

金融機関や貸金業者では、お金の貸し付けをして回収した利息が企業の『利益』となります。
つまり、利息がカットされるということは、その貸付の『利益』が一切ないということです。
“儲けがない商売”をしたい企業はないでしょう。

『契約通りの返済ができなかった』ということは、信用を失うことに繋がります。
そのため、事故情報の記録が残っている期間は、どこの金融機関でも貸金業者でも「貸し付けはしない」という選択をするのです。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP