自己破産で受ける差し押さえはこんな感じ

自己破産で受ける差し押さえはこんな感じ

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

自己破産で差し押さえの対象となる資産

自己破産で差し押さえの対象となる資産

自己破産をすると、今ある借金の全てをゼロにすることができます。
ですから、一切の返済から解放されることはできるのです。

ただし、同時に資産のを回収されてしまいます。
自己破産は借金をゼロにすることができる債務整理ですが、代わりに財産を現金に換えてせめてもの配当として債権者に分けるのです。
財産の差し押さえをするのはそのためです。

よく、「自己破産をすると鍋釜や靴まで、何一つ残さず持って行かれる!」という話しを耳にしますが、実際にはそんなことはありません。
使い古した鍋釜や靴は、確実に現金に換えられるとは思えませんよね。
お金にならないものまで回収することはありませんし、最低限の生活に必要な家財道具は債務者の手元に残すことが可能です。

回収されるものは、“20万円を超える価値のある財産”と“99万円を超える現金”です。

ですから3万円程度の価値のバッグは回収されることはありませんが、30万円の価値のある指輪は回収されます。
また、生命保険の解約払戻金や退職金の支給見込額の一部も、差し押さえの対象となります。

家の差し押さえ

家の差し押さえ

自己破産をした場合、家や土地は確実に差し押さえの対象となります。

家の差し押さえをされた場合、競売にかけられます。
ただしすぐに手続きが執られるわけではありませんので、次に住む場所を探す時間は十分にあります。

また、自己破産をしたことで賃貸住宅の契約ができないということはありません。
賃貸と借金は全く異なることですので、言わなければ自己破産をしたことは知られることもありません。

しかし「家だけは手放したくない」と言う方もいます。
中には「家を手放すのが嫌だから、自己破産できない」と言う方もいるほどです。

そのような場合には、親族に家を買い取ってもらうと良いでしょう。
その際、相場価格で買い取ってもらわなければ、不正を疑われる場合もありますので気を付けましょう。
買い取ってもらった上で、賃貸契約を結び住み続けることができます。

また、自己破産をする前に賃貸で貸し出しをするという方法もあります。
名義変更だけをした場合、財産隠しを疑われ、不許可事由となって自己破産が認可されない場合もあります。
ただし、元々夫婦連名の住宅ローンの場合は、回収の対象にはなりません。

パソコンは差し押さえの対象となるのか

パソコンは差し押さえの対象となるのか

自己破産をした場合、“差し押さえ禁止財産”というものがあります。

テレビやパソコンは生活必需品として、“差し押さえ禁止財産”に当てはまります。
ただし、パソコンの場合は例外があります。

ローン返済中のパソコン

ローンを返済中のパソコンの場合、所有権はローン会社にあります。
自己破産の申し立てをした際、パソコンのローンを組んだ債権者にも弁護士から受任通知が送付されます。
この場合、受任通知を受けた債権者は対象となるパソコンの引き取りを要求しますので、債務者は応じなければいけません。
ただし、中古で価値が下がっている場合には、『返還不要』ということもあるようです。

現金で購入したパソコン

現金で購入したパソコンの場合、一般的には差し押さえの対象とはなりませんが、高額なパソコンの場合は換価処分対象の財産となる場合があります。
20万円以上の価格で購入したパソコンであれば、資産として査定が行われます。
ただし5年以上前に購入した物であれば、資産価値はないと見なされ、財産の対象にはなりません。
また、20万円未満であれば、問題なく手元に置くことができるでしょう。

家族への影響

家族への影響

自己破産をした場合、家族にはどんな影響があるのでしょうか。
尤も、自己破産をしなければいけない状況であること自体、既に日常が変わってしまった可能性はありますね。

家族が保証人になっている場合

家族が保証人になっている場合は、自己破産をすることで借金の返済を要求されますので、一緒に自己破産をする必要があります。

持ち家を手放す

持ち家が自己破産者の名義の場合、財産として回収されてしまいます。
家族は引っ越ししなければいけませんし、子どもさんがいる場合には転校しなければいけない場合もあるでしょう。
また、近隣に引っ越しをした場合には、近所付き合いに影響することもあるでしょう。

保険の解約

自己破産者が保険料を支払っている保険は、解約をして解約払戻金は財産として回収されてしまいます。
生命保険の場合は病気やケガをしたときに給付金を受けることができなくなりますし、学資保険では学費のための給付を受けられなくなってしまいます。

所有する車を手放す

自己破産者の名義の車は、ローンの残債がある場合はもちろん、残債がない場合でも20万円以上の査定額が付けば回収の対象となります。
ただし、初年度から7年以上乗っている車の場合は、対象外となります。

自己破産をすると、家族には上記のような影響があります。
ただし、読んでいただいてお分かりだと思いますが、いずれも一時的な影響に過ぎません。
一生を左右するような問題に発展するか否かは、自己破産者本人とご家族のその後の生き方にかかっているのではないでしょうか。

住むところは、持ち家を持つことは難しいかもしれませんが、賃貸住宅を借りることに問題はありません。
保険には、自己破産が成立した後に、加入することが可能です。
車は、安い中古車を購入したり、最近では“リース”という乗り方も流行っています。

もちろん、何を行うにしてもお金はかかりますし、ある程度の経済力は必要です。
しかし自己破産をした後の財産の保有は自由です。
頑張って働いてお金を貯めたり、生活のクオリティーを上げることも可能です。
『借金をゼロにした』という機会を無駄にせず、新たに生活を築きましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP