債務整理後の返済についての疑問まとめ

債務整理後の返済についての疑問まとめ

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

債務整理後に一括返済をするメリットデメリットは?

債務整理後に一括返済をするメリットデメリットは?

債務整理をした場合でも、任意整理や個人民事再生では債務整理後に返済しなければいけない残債があります。
任意整理では利息をカットされるため、元本のみを3~5年で返済しなければいけませんし、個人民事再生では元本を減額されますが、減額された元本は3~5年で返済しなければいけません。
では、この残債を一括返済した場合、債務者にはどんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

メリットとして挙げられるのは、何よりも『返済から解放される』ということではないでしょうか。

返済額が減額されているとは言え、毎月返済しなければいけないということは、憂鬱な気持ちにもなるでしょうし、負担にもなるでしょう。
遅れないように、忘れないように、気持ちはいつもピリピリしているかもしれませんね。

その返済から解放されるということは、精神的なストレスを一気に解消することにも繋がると言えるのではないでしょうか。
しかし、債務整理後の一括返済に関して、メリットと言えるのはこの1点だけだと言っても過言ではありません。

債務整理後の残債には利息が付きません。
ですから、計画通りに返済をしても一括返済をしても、支払う金額は同額です。
『一括返済したから安く済んだ』ということはないのです。

また、一括返済しても信用情報機関の事故情報が早く消えるわけではありませんし、もちろんローンやクレジットカードの利用ができるようになるわけでもありません。
さらに、信用情報機関の事故情報が記録として残っているうちは、借金やローン、クレジットカードの利用はできないため、一括返済をして貯金がなくなった場合、お金が必要でも借り入れをすることはできません。

一括返済をする場合には、債務整理の手続きをしてくださった弁護士に相談しなければいけません。
何度か弁護士と連絡を取らなければいけませんし、面談も必要です。
もちろん費用も掛かります。

しかしそれを避けるために債権者に直接、一括返済の手続きをするのはルール違反となります。
弁護士が債務整理の手続きをした場合には、その後の債権者とのやり取りにも弁護士を介する必要があるのです。

上記のように、債務整理後の一括返済には驚くほどメリットが少なく、むしろデメリットが多くなっています。
もしも一括返済する経済的な余裕があるのであれば、貯金をすることをお勧めします。

債務整理後の返済が遅れた場合どうすればいいの?

債務整理後の返済が遅れた場合どうすればいいの?

任意整理や個人民事再生では、認可後に返済しなければいけない残債があります。
返済計画は、和解書などで債務者と債権者の間で取り交わされ、3~5年で返済する決まりとなっています。
ですから債務者は、返済計画に則って返済しなければいけません。

返済に延滞があった場合は、和解が無効になる場合もあります。
一般的には2ヶ月の延滞までは許容範囲とし、3ヶ月経過すれば一括返済を請求されるでしょう。
そして一括返済に応じなかった場合には、財産の差し押さえを強制執行される場合もあります。

では、返済が遅れる場合には、どのように対応したら良いのでしょう。
まず、「返済が遅れる」という判断ができた時点で、債務整理の手続きを依頼した弁護士に相談をしてください。
債権者に直接連絡するのではなく、弁護士に相談をします。

どのように対応するべきなのか。
延滞する理由は何なのか。
遅れても、支払うことは可能なのか。など。
正直に話さなければいけません。

場合によっては任意整理から個人民事再生の手続きをし直す場合もありますし、個人民事再生から自己破産ということもあります。
いずれにしても早めに対応をすることをお勧めします。

また、「返済が遅れます」という連絡をした上で、さらに返済予定日に返済できない場合は、再度弁護士に連絡をしてください。
ご自身の判断で勝手に連絡を絶ってしまったり、放置するのだけは絶対にやめましょう。
何かあったときには、弁護士に小まめに連絡をすることです。

債務整理をしても住宅ローンの利用はできるのか?

債務整理をしても住宅ローンの利用はできるのか?

『債務整理をしても、住宅ローンの審査に通る確率はゼロではありません』
このような情報を目にしたことがあるでしょう。

もちろん、『債務整理をし人物を住宅ローンの審査に通してはいけない』という決まりはありません。
「債務整理をしていても住宅ローンを利用してほしい!」と考える金融機関があれば、住宅ローンの審査に通ることもあるでしょう。
しかし実際にその確率は、どれほどのものでしょうか。

債務整理をした人にとって、この言葉は辛辣かもしれませんが。
『債務整理をした人』=『契約通りに返済ができなかった人』です。

契約通りに返済ができなかった人、契約通りに返済しなかった人に対して、お金の貸し付けをしたいと考える金融機関はあるのでしょうか。
返ってこないかもしれないお金を貸し付けする企業があるということは、考えにくいことですね。

債務整理をしたということは、信用情報機関の情報を照会すればすぐに分かります。
「たまたまバレずに住宅ローンの審査に通った!」ということはないのです。

もちろん可能性はゼロではありません。
しかし一般的には債務整理をした場合には、住宅ローンの利用はできないでしょう。

返済完了後、事故情報が消えるのはいつ?

返済完了後、事故情報が消えるのはいつ?

債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録され、借金やローン、クレジットカードの利用ができません。
任意整理や個人民事再生では3~5年で残債の返済を完了させますが、信用情報機関の事故情報は5年間は消えることはありません。

ということは、3年で返済完了した場合は完済から2年間、5年で返済完了した場合は完済と同時に事故情報は消えるのでしょうか。
実は、一概にそうはいかないのです。

信用情報機関の事故情報は、債務整理後の返済履歴によって異なります。
債務整理の返済中に滞納があった場合、滞納解消から5年間のカウントダウンが始まる場合があります。

さらに滞納が何度もあったり、返済中にトラブルが多かった場合には、返済完了から5年という場合もあります。
最短で債務整理開始から5年間、最長で完済から5年間だということですね。

では、信用情報機関の事故情報が登録として残っているのか、抹消されたのかを確認するためには、どのような方法があるのでしょう。

信用情報機関では本人の申請により、情報開示請求に応じてくれます。
費用は1,000円程度でスマホで簡単に請求することができますので、申請すると良いでしょう。
事故情報が抹消されていれば、借金やローン、クレジットカードの利用が可能だということです。

ただし、事故情報が抹消されても、債務整理の対象となった債権者では社内情報として事故情報が消されることはありません。
ですから債務整理をした債権者とその系列会社では、借り入れができないと考えましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP