過払い金が発生するのはキャッシングだけ?ショッピングは?カードローンは?

過払い金が発生するのはキャッシングだけ?ショッピングは?カードローンは?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

過払い金を発生させる利率

過払い金を発生させる利率

よく耳にする『過払い金』は払い過ぎた利息のことで、別名『グレーゾーン金利』とも言います。
過払い金が発生するには条件があり、貸し付けする利率に大きく関係しています。

平成22年、出資法の改正により、現在の『上限20%』となりましたが、それ以前、出資法の上限は29.2%でした。
利息制限法の上限金利では、借入金額によって上限が15%~20%に定められていましたが、当時は利息制限法を違反したところで罰則はありませんでした。
そこでほとんどの貸金業者が、貸し付け金利を29.2%に設定したのです。

これは特別な貸金業者に限ったことではありません。
悪徳業者ではありませんし、きちんと登録をしている正規の貸金業者で行われていたことです。

闇金ではむしろもっと高い金利で貸付を行っていますので、“29.2%”の設定が悪徳業者ではないということはお分かりいただけるでしょう。
名の知れた大手貸金業者でも、当たり前のように“29.2%”で設定していたのです。

しかし平成19年、この利息制限法の上限金利と出資法の上限金利が注目されたのです。
2つの法律で一致しない金利では、全く無意味なものだと言っても良いでしょう。
貸金業者が高い方の金利で設定するのは、当然のことだったと言えますね。

そこでこの矛盾を解消するために、出資法を引き下げて利息制限法とのバランスを取った結果、『過払い金』が発生することが分かったのです。

過払い金の発生が考えられるのは、利率が改正される以前に借金をしていた方が対象となります。

10万円以下の借り入れの場合、金利20%以上。
10万円~100万円未満の借り入れの場合、金利18%以上。
100万円以上の借り入れの場合、金利15%以上。

借り入れをしていた金額に関わらず、5年以上の取り引きがある場合には調査をしてください

銀行のカードローンでも過払い金は発生するのか?

銀行のカードローンでも過払い金は発生するのか?

カードローンは、カードで気軽にキャッシングをすることができる借り入れです。
銀行に口座を設立し、審査に通れば利用限度額が与えられます。

利用限度額は個人によって異なり、10万円、30万円、50万円となっていることが多いようです。
契約者は利用限度額内で何度でも借り入れをすることができるため、非常に自由に利用することができます。

では、銀行のカードローンでも平成22年に出資法が改正される以前の取引があれば、過払い金は発生しているのでしょうか。

過払い金の発生には、かつての利息制限法と出資法の差であるグレーゾーン金利が大きく関わっています。
しかし銀行を取り仕切る法律は『銀行法』であり、『利息制限法』や『出資法』の適用外となっています。

ですから、銀行のカードローンでは出資法の29.2%でお金の貸し付けをすることもありませんでしたし、グレーゾーン金利とは無縁なのです。
銀行のカードローンでは、過払い金が発生することはありません。

クレジットカードのショッピングでは過払い金が発生するのか?

クレジットカードのショッピングでは過払い金が発生するのか?

では、クレジットカードのショッピングでは、過払い金は発生するのでしょうか。

クレジットカード会社や信販会社は、利息制限法や出資法が適用となります。
ということは、平成22年以前の利用であれば、ショッピングでも過払い金が発生するのでしょうか。

実は、ショッピングではいくら利用をしていても、過払い金が発生することはありません。
利息制限法や出資法はお金の貸し付けに関わる法律ですが、ショッピングは『貸し付け』ではないのです。

お金の貸し付けをすると、年利に則って利息が付きます。
利息は『貸し付け』だから発生するもので、過払い金は“払い過ぎた利息”です。

しかしショッピングの場合、利息が付くことはありません。
付加されるのは『手数料』で、『利息』ではないということにお気付きでしょうか。

実はショッピングは『貸し付け』ではなく、『立て替え』なのです。

「買い物をして、代金を立て替える」これがクレジットカードのショッピングの利用方法です。
つまり、貸し付けではなく利息が付かないショッピングの場合、過払い金は発生しないということです。

クレジットカードの利用で過払い金が発生することはないのか?

クレジットカードの利用で過払い金が発生することはないのか?

クレジットカードのショッピングでは、過払い金が発生しないことが分かりましたね。
では、クレジットカードを利用している方は、過払い金調査依頼をする必要はないのでしょうか。

実は、同じクレジットカードでも、ショッピングでは過払い金は発生しませんが、キャッシングでは過払い金が発生します。

どういうことかと言うと、クレジットカードにはショッピングとキャッシングの機能がありますが、ショッピングは『立て替え』、キャッシングは『貸し付け』だということです。
キャッシングをした場合には利息が付きますので、利息制限法も出資法も関係しています。
平成22年以前にクレジットカードのキャッシングの利用があった場合には、過払い金調査を依頼した方が良いでしょう。

過払い金返還請求は完済から10年で時効となってしまいますので、早めに調査の依頼をすることをお勧めします。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP