個人再生が家族に与える影響は?

個人再生が家族に与える影響は?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

個人再生の手続きを内緒ですることはできる?

mo2563_m

借金を抱えている方の多くが、「借金は家族に内緒にしている」と言います。
借金をすること自体は、家族に内緒で行うことが簡単です。
消費者金融では「家族に内緒で」と伝えておけば、家族に知られないように貸し付けを行い、カードの送付先なども自宅以外にすることが可能です。

ですから、借金の返済が難しい状況になって個人再生を検討している場合、「借金があることから説明するのは面倒だ」「借金と個人再生を一度に知らせたら家庭が崩壊してしまう」など、さらに家族に話しにくい状況になる方も少なくありません。

そこで考えるのが『個人再生を家族に内緒にしてできないか』ということです。
正直なところ、内緒にできないとは言い切れませんが、非常に難しいことではないでしょうか。

個人再生の申し立てには、家計の収支を示す家計収支表や収入証明書が数ヶ月分ずつ必要です。
ご本人が家計を把握している場合は差ほど問題にはなりませんが、奥様に任せっきりのご主人や生活費しかもらっていない奥様の場合、相手に家計の収支について聞いた上で収支表を記入しなければいけません。

また、ご主人が個人再生をする場合、奥様もパートに出ているなど収入を得ていれば奥様の給料明細書も提出しなければいけませんし、奥様が個人再生をする場合には、家計を担っているご主人の給料明細書が必要です。
そういったことを内緒で行うには無理があると考えられます。

弁護士との連絡は携帯電話にしてもらうようにし、時間帯を制限すればバレることはないでしょう。
裁判所からの郵便物は全て弁護士事務所に郵送してもらい、自宅に郵便物が届かないようにすればこれも問題はありません。

ただし、個人再生の場合は財産を回収されるようなことはありませんが、ローンが残っている車がある場合は個人再生をすることで車を引き上げられてしまいます。
また、個人再生が認可されれば、ご本人はローンやクレジットカードの利用が5年間はできなくなってしまいます。
このように、バレる要素が『ない』とは言えません。

個人再生には家族の収入も関係するの?

mo2564_m

上記でもお話ししましたが、個人再生をする場合には収入証明書が必要です。
配偶者が働いている場合は、配偶者の収入を証明するものも提出しなければいけません。

本当に、個人再生をする必要があるのか。
十分な収入で、贅沢をしなければ借金返済が可能ではないのか。
民事再生をすれば、債権者が貸し付けをした借金を減額して返済するわけですから、民事再生の必要性を問われるのは当然です。

また、個人再生では認可後に、減額されて残った借金を返済しなければいけません。
ですから、ある程度の返済能力がなければ申し立てすることができないのです。

そこで家計に関わる収入を証明する必要があります。
つまり、個人再生をする本人だけでなく、配偶者の収入が関係するということです。

個人再生をすれば家族もローンを組めなくなるの?

Loan Calculator

個人再生をした場合、信用情報機関に『個人再生をした』という情報が登録されます。
この事故情報は5年間記録が残り、記録が残っている間はローンやクレジットカードの利用やお金の借り入れができなくなります。
仮に申し込みをしたとしても、審査に通ることはありません。

では、家族の方はどうでしょう。
家族もローンを組むことはできなくなるのでしょうか。

例えば、ご主人が個人再生をした場合、奥様が車のローンを組むことはできないのか。
父親が個人再生をした場合、息子がクレジットカードを作ることはできないのか。
家族への影響はあるのでしょうか。

いいえ、家族への影響はありません。
個人再生をした本人以外はローンを組むことができますし、クレジットカードを作ることも可能です。

借金は個人のものですし、個人再生も個人の名義で行うものですので、家族名義のローンに関して影響を受けることはありません。
ですから、住宅ローンや教育ローンを利用する場合には、家族の名義で申し込みをすると良いでしょう。

個人再生後にクレジットカードを利用する方法

mo2389_m

個人再生をすると、クレジットカードの利用も5年間はできなくなります。
既存のクレジットカードも利用はストップしてしまいますし、新しくクレジットカードを作ることもできません。

しかし、クレジットカードがなければ不便な場面は多々あります。
また、現金を持ち歩きたくない場合など、やはりカードが必要だと感じるのではないでしょうか。

そのような場合は、口座から直接引き落としになる『デビットカード』を利用すると良いでしょう。

クレジットカードは、一旦クレジットカード会社で代金の立て替えをして、月に1度利用料金が口座から引き落とされますが、デビットカードは買い物をするとその場で直接口座から引き落とされます。
ですからクレジットカードとは全く違いますし、個人再生をした方でも作ることが可能です。

また、家族がクレジットカードを持っている場合は、家族カードを利用すると良いでしょう。
家族カードは、個人再生をした方でも利用することができますし、一般的なクレジットカードと同じ使い方ができます。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP