過払い金返還請求を弁護士に依頼するときの不安を解決

過払い金返還請求を弁護士に依頼するときの不安を解決

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

弁護士費用はいくらくらい?

mo2581_m

「過払い金はありそうだけど、弁護士に依頼をしたら費用で過払い金が赤字になりそう!」という不安がある方は少なくないのではないでしょうか。

弁護士費用は高額な印象を持つ方が多く、また、過払い金の金額に期待をしていない場合が多いようです。
返還されている過払い金の平均額は、80万円程度だと言われています。

では、弁護士費用はいくらくらいかかるのでしょうか。
過払い金返還請求を依頼した場合、発生する弁護士費用は3種類あります。

①着手金
②解決報酬金
③過払い金報酬

①着手金は、この案件に着手する際にかかる費用で、『この案件を引き受けます』ということへの保証のようなものです。
貸金業者1件に対して2~3万で設定しているところが多く、弁護士事務所によって請求していないところもあるようです。

②解決報酬金は、過払い金返還請求に成功した際に支払われる、言わば“成功報酬”のことです。
貸金業者1件に対して2万円程度で設定されています。

③過払い金報酬は、実際に返還された過払い金の金額に応じた報酬金となります。
ほとんどの弁護士事務所では、和解成立で20%程度、訴訟問題になった場合には25%程度となっています。

過払い金返還請求にかかる期間とどれくらい?

mo1252-m

過払い金返還請求をする際には、過払い金調査を行った上で過払い金の金額を確認し、さらに貸金業者と交渉をして返還を要求します。

債権の件数や案件によってかかる期間は異なります。
非常にスムーズに進む場合では、取り引き履歴の開示も過払い金返還に関する交渉も問題なくトントン拍子に進み、3ヶ月程度で和解することもあります。

しかし貸金業者は、過去に受領した利息である過払い金の返還に対して、支払いを渋る傾向にあります。
本音を言えば、「できれば支払いたくない」と考えているでしょう。
過払い金の返還で、赤字経営になっている貸金業者も少なくないので、無理もない発想なのかもしれませんね。

ですから、すんなり交渉に応じないケースも多く、和解が成立しないまま難航することも少なくありません。
過払い金の金額が大きくなれば、交渉が難航する可能性も大きくなるようです。
そのような場合では、半年ほど期間を要する場合もあります。

また、交渉が成立しないまま訴訟に発展するケースもあります。
そうなると、さらに期間は長期化します。
訴訟問題に発展した場合には、半年~8ヶ月程度かかると考えれば良いでしょう。

過払い金返還請求の呼び掛けが再燃しているのはなぜ?

mo2582_m

一昔前、盛んに『過払い金返還請求をしましょう』『過払い金調査をしましょう』という呼び掛けがされていました。
最近になって、再びその呼び掛けが盛んになってきています。

『念のため、過払い金調査をしてみましょう!』『調査は無料です!』など、多くの方が手軽に過払い金調査の依頼ができるということをアピールしています。
この〝再燃〟には理由があります。

過払い金返還請求権には、実は時効があります。
時効は取引終了(完済時)から10年です。

実は、グレーゾーン金利が社会問題になってから、10年が経過しました。
つまり、既に過払い金返還請求をできる人は激減しているのです。

しかし出資法の見直しで貸金業法が改正された平成22年以前から、継続して取引が行われていた利用者もいます。
そのような方はまだ時効を迎えることはありません。
ただし、多くの方が「自分とは無関係」と感じているところがあり、請求できる立場でありながら全く頓着していない人もいます。

過払い金は、向こうからわざわざ「過払い金がありますよ」と知らせてくれることはありません。
取り引きがあった利用者本人が返還請求をしなければ、払い戻されることはないのです。

呼び掛けが盛んに行われるようになったのは、いよいよ過払い金の時効が迫ってきているからなのです。

司法書士に依頼してもいいの?

mo2585_m

結論から言うと、過払い金返還請求は司法書士にも依頼することができます。
依頼をするのは弁護士でも司法書士でもOKですが、費用は司法書士の方が安く設定されていることが多いようです。

ただし、司法書士は140万円を超える金額を取り扱うことができないため、調査の結果、過払い金が140万円を超えていた場合には司法書士が返還請求を行うことはできません。
その場合は、ご自身で貸金業者に返還請求をするか、弁護士に依頼し直すかの選択になるでしょう。

返還されている過払い金の平均額は80万円とも言われています。
借入金額が大きい場合には過払い金も多額になっていることが想定されますし、取引期間が長ければ長いほど過払い金は多くなっているでしょう。

借り入れ金額や取引期間によって、弁護士に依頼するか司法書士に依頼するかを決めると良いですね。

弁護士の選び方、どんな弁護士がいい?

mo2584_m

過払い金調査~過払い金返還請求を依頼する場合、借金問題を多く扱っている弁護士が良いでしょう。
弁護士にはそれぞれ専門分野があり、企業問題を専門としている弁護士や浮気や離婚などの夫婦問題を専門としている弁護士もいます。

借金問題を専門としている弁護士は、過払い金調査や過払い金返還請求にも慣れており、交渉をスムーズに行うコツのようなものも心得ています。
また、いくつもの案件で貸金業者とのやり取りがあるため、敏腕弁護士の場合は貸金業者も四の五の言わずにあっさり和解を成立させるケースが多いようです。

インターネットでホームページを確認するなどして、借金問題に強い弁護士を探しましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP