自己破産に必要な預金通帳の提出

自己破産に必要な預金通帳の提出

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

全ての通帳を提出しなければいけないの?

全ての通帳を提出しなければいけないの?

自己破産の申し立てには、申立人の資産を把握することを目的として、持っている預金通帳のコピーを提出することを求められます。
また、預金通帳のお金の出し入れを見れば、申立人のお金の遣い方やお金の流れが明らかになりますし、資産隠しをしていないかを調べることができます。

通帳のコピーは過去2年間分、全ページ必要です。
通帳の裏表の表紙、見開きの口座番号や支店名が書かれているページ、取引履歴が印字されているページ、定期預金のページ、全てです。
定期預金のページは印字されていなくても、『定期預金はありません』ということを示すためにコピーを提出しなければいけません。

また、家賃や水道光熱費の支払いを口座引き落としにしている場合には、引き落としに使っている通帳のコピーも必要です。
引き落とし口座が自己破産をする本人ではなく家族名義の通帳の場合は、家族名義の通帳をコピーしてください。

また、長期に渡って通帳の記帳をしていない場合、まとめて一括記帳される場合がありますが、記帳されなかった期間の取り引きに関しても明らかにする必要があります。
その場合は、銀行の窓口で、一括記帳されている期間の取引明細書を発行してもらわなければいけません。

通帳は申し立ての1週間以内に行い、記帳されていない記録がないようにしましょう。
通帳に記載されている内容に関して裁判所で質問をされる場合がありますので、個人名での記録やネットオークションでお金のやり取りがあった場合には、説明できるようにしておく必要がありますね。

使っていない通帳は解約してもいい?

使っていない通帳は解約してもいい?

自己破産の申し立てをする前に全ての通帳を確認して、使っていない通帳が出てきた場合には解約をしても良いでしょう。

少額でも残高が残っている通帳には利息が付くため、申し立てをするギリギリまで記帳する必要があります。
その点、通帳の最終ページに『解約』と印字されていれば、それ以上お金の動きがなかったことを示すことができます。
つまり、解約をした通帳であっても、過去2年間にお金の動きがあった場合は裁判所に提出する必要があるということです。

ただし、解約の際に大きな金額を引き出した場合は、裁判所でそのお金の行き先を問われることになるでしょう。
財産隠しを目的に通帳の解約をしたと疑われる可能性がありますので、明確にしておく必要があります。

通帳を隠すとどうなる?

通帳を隠すとどうなる?

自己破産の申し立てに必要な預金通帳のコピーの提出ですが、もしも預金通帳を隠した場合、自己破産の手続きに影響はあるのでしょうか。

自己破産の申立には、本人名義の預金通帳のコピーを“全て”提出することが必要です。
預金通帳からは、自己破産の手続きに必要な内容を知ることができるため、“全て”の通帳のコピーを提出することを求められるのです。

預金通帳に競馬の馬券を頻繁に購入している記録が残っていたり、多額な金額を隠し持っているなど、通帳を隠したい理由は様々でしょう。
その理由は、自己破産が認可されて免責されるためかもしれませんが、通帳を隠したことで借金に関する説明に少しでも嘘が生まれた場合は、免責不許可事由として自己破産が不認可となってしまう場合もあります。

通帳を全て提出した上で、万が一自己破産ができない場合でも、個人再生などほかの方法を提示してもらうことができますので、不誠実な行動を取らずに全ての通帳を提出しましょう。

通帳に競馬の履歴があると自己破産できないの?

通帳に競馬の履歴があると自己破産できないの?

競馬の馬券がインターネットで購入できるようになり、競馬フアンにとっては購入しやすくなったと好評のようですね。
馬券を購入した金額は指定口座から引き落とされ、勝てば配当金が口座に振り込まれます。
しかしこの仕組みが、自己破産には大きなデメリットになってしまうのです。

自己破産をすれば誰でも免責を受けられるというわけではなく、いくつかの判断基準があります。
免責不許可事由に該当すれば、免責を受けることはできません。

そして免責不許可事由の中には『ギャンブルで作った借金』も含まれ、当然、競馬も含まれます。

預金通帳に、競馬の馬券を購入したり配当を受けた記載がある場合、『競馬で作った借金』だと思われる可能性があります。
裁判所では預金通帳の競馬に関する記載について質問を受けることになりますし、競馬以外の理由で作った借金であれば、そのことの証明を要求される場合もあるでしょう。

ただし、競馬で作った借金だとバレることを恐れて、預金通帳を隠すことはお勧めできません。
ギャンブルで作った借金では自己破産をすることはできませんが、個人再生には問題はありません。

ネットバンクはどうしたらいい?

ネットバンクはどうしたらいい?

最近増えたネットバンクは、パソコンやアプリで振り込みをすることができるので、非常に手軽で便利です。
振込手数料の設定も安いため、利用者は右肩上がりに増えているようです。

自己破産で預金通帳のコピーを提出する場合、ネットバンクはどうしたら良いのでしょうか。
ネットバンクでは全てネット上で取り引きが行われるため、いわゆる『通帳』は存在しないのです。}

しかし自己破産をする際には預金通帳のコピーが必要ですので、ネットバンクであっても利用があれば取引履歴は必要です。
ですから、ネットバンクに問い合わせをして取引履歴を請求して下さい。

インターネットで取引履歴を開示してプリントアウトすることはできますが、ネットでは1年分しか表示することができないため、2年分必要な自己破産では適切ではありません。
1年分をプリントアウトして、足りない分を請求しても良いでしょう。

ネットバンクは「黙っていれば隠せる」と考える方もいるようですが、もしもバレたときには免責不許可事由になり免責を受けられなくなってしまいますので、きちんと提出しましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP