任意整理をしたらもうローンは組めないの?

任意整理をしたらもうローンは組めないの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

任意整理をしてもローンは組める?

任意整理をしてもローンは組める?

任意整理は債務整理の一種で、債権者との同意を得ることができれば、借金の利息をカットすることができます。
返済が困難になった債権者を救済することを目的とした国が定めた制度ですので、条件が合えば誰でも利用することができます。

任意整理が和解成立した場合には、利息がカットされた元本だけを3~5年間で返済します。

任意整理をした場合、信用情報機関に事故情報が登録されます。
信用情報機関では借金に関する情報が管理されており、誰がどこでいくらの借金をしているのかなどの情報が全て登録されています。
ただし、外部に漏れることはありませんので、心配は要りません。

この情報は加盟している貸金業者や金融機関で共有されているもので、借り入れの申し込みや更新の際に情報を照会することができます。
照会した際に、滞納や債務整理などの事故情報があった場合、貸金業者や金融機関ではその申し込み者を審査に通すことはありません。

というのも、滞納や債務整理の記録があるということは、『この人物は契約通りに返済できませんでした』ということを意味しているからです。
貸金業者など、お金の貸し付けを業務として行っている業者では、お金の貸し付けをして利息を利益として得ているのです。
ですから、お金の貸し付けをしたら、利息までしっかり回収できなければ会社としての経営が成り立ちません。

「返済できないかもしれない人にお金の貸し付けはできない」というわけです。

任意整理をした人がローンの利用ができないのは、このような理由があるからです。

任意整理後、完済すればローンを組める?

任意整理後、完済すればローンを組める?

任意整理では、返済の条件が和解書に記載されています。
返済期間は基本的には3年間ですが、正当な理由が認められれば5年間まで延長することが可能です。

和解案通りに決められた期間に返済することができれば、3~5年間で完済することができるということです。

また、一度は3年間で和解をしたものの返済できない状況になってしまった場合には、弁護士と債権者の交渉次第で3年間を5年間まで延長することができる場合もあります。
中には、任意整理に応じる条件に一括返済を提示する債権者もいますし、一括返済をすれば元本も減額するという場合もあります。

では、完済をすれば、ローンを利用することはできるのでしょうか。

信用情報機関の任意整理の記録は、5年間で抹消されると言われています。
ですから完済をした場合でも、信用情報機関の登録が残っている場合には、まだローンを利用することはできません。

いつから5年?

いつから5年?

では、任意整理の記録が抹消される5年間は、いつから5年間なのでしょうか。
実は、この『5年間』のスタートは明確に示されることはありません。

というのも、“任意整理が開始した時点から5年間”というケースもあれば、“完済から5年間”ということもあるからです。
中には、任意整理後の返済中に返済を滞納し、“滞納が解消された時点から5年間”ということもあるようです。

この『いつから』という点については、債務者本人にも知らされることはありません。

「それじゃあ困る!いつからローンが使えるか分からないじゃないか!」と思われる方も多いでしょう。
自分の信用情報に事故情報の記録が残っているかどうかを知りたい場合は、信用情報機関に情報開示請求をすると良いでしょう。

手続きは非常に簡単です。
信用情報機関のホームページからスマホで簡単に請求でき、情報は書面で希望の住所に送付されます。
費用は1,000円程度となっています。

本人以外の人物が情報開示請求をする場合は、本人の同意と同意を示す身分証明書が必要です。
ですから不正に他人が情報を開示することはできません。

配偶者はローンを組める?

配偶者はローンを組める?

任意整理をした場合、配偶者にはどんな影響があるのでしょうか。
配偶者もまた、ローンを利用することはできないのでしょうか。

借金は個人のものだという考え方があります。
ですから、家族であっても借金返済の義務はありません。

また、同様に債務整理も個人のものです。
借金を整理したのはその人個人であって、それは家族であっても責任はないのです。

つまり、夫が債務整理をした場合、夫はクレジットカードを使うことはできませんし、ローンや借金の審査に通ることもありませんが、妻はそんなことはありません。
夫の任意整理が影響して、クレジットカードを使えないということも、ローンや借金の審査に通らないということもありません。

もしも審査に通らないことがあった場合には、夫の任意整理以外の理由だということです。

ですから上記の例では、夫名義で住宅ローンを組むことはできませんが、妻名義で住宅ローンを組むことは可能です。
さらに、夫名義のクレジットカードは使用することはできませんが、妻名義のクレジットカードの『家族カード』を夫が使用することは可能です。

配偶者だけでなく、親・子・兄弟姉妹にも影響はありません。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP