銀行からの借り入れを債務整理したらどうなる?

銀行からの借り入れを債務整理したらどうなる?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

銀行からの融資は債務整理の対象になるのか

銀行からの融資は債務整理の対象になるのか

借金の返済が困難になった場合、債務整理をすることで返済の負担を減らすことができます。
では、借金の中に銀行からの融資が含まれている場合、債務整理の対象になるのでしょうか。

昨今、総量規制の影響もあり、銀行のカードローンやフリーローンを利用する方は増えています。
お堅いイメージの銀行ですが、個人に利用しやすい融資商品は金利も低く非常に人気が集まっています。

借金の返済ができない状態になった場合、銀行からの融資も消費者金融の借金などと同様に債務整理をすることができます。
しかし消費者金融と違い、銀行では口座を開設して様々なことに利用している場合が多いでしょう。
ですから債務整理をすることが、大きく影響することを想定する必要があります。

銀行の口座凍結とは

銀行の口座凍結とは

債務整理の依頼を弁護士にした場合、弁護士から債権者に対して受任通知が送付されます。
債権者に銀行が含まれている場合は、受任通知を受け取った銀行は即座に債務者の口座を凍結します。

凍結される口座は融資に使用された口座だけですので、債務者名義であってもほかの口座が凍結されることはありません。
凍結された口座は、本人でもお金を引き出すことはできまくなります。

また、光熱費や保険料、携帯電話料金など、料金が口座引き落としになっているものも、引き落としが不能となります。
ですから、早めに支払方法の変更手続きをしなければ、引き落とし不能で未払いとなってしまいます。

ただし、入金や振り込みをすることは可能ですので、口座を給与振り込みや行政の手当などの振り込みに利用している場合は、こちらも早めに口座変更しなければ引き出せない口座に振り込まれてしまうことになります。

銀行では、債務整理の通知を受けると口座凍結をして、なるべく損害を出さないようにするため貸し付けの残債を口座の残高で相殺しようとします。
ただし、口座の残高で残債を全額相殺できなかった場合、銀行は保証会社に請求し、保証会社は債務者の代わりに返済を行います。

これを代位弁済と呼び、その後、債務者は返済を保証会社に行うことになります。
この時点で口座凍結は解除され、口座は通常の利用が可能となります。

ですから、債務整理をする際に銀行からの融資が含まれている場合は、対象となる口座からの料金引き落としや振り込みに関しては口座の変更手続きを予め行い、預金は全て引き出しておいた方が良いでしょう。

保証会社とは

保証会社とは

銀行の融資は金利が低く設定されており、厳しい審査基準となっています。
通常、銀行には保証会社が付いていますので、保証会社の審査にも通らなければいけません。

保証会社は、銀行の系列である消費者金融など貸金業者がなっているケースが多く、債務者の消費者金融の信用情報も調べることが可能です。
そして債務者が返済できなくなった場合は、口座凍結をして残債を預貯金で相殺し、相殺できなかった残債を保証会社が銀行に返済することになります。

利用規約には『返済できなかった場合には、口座より預貯金を返済に充てることができる』という内容も『保証会社に債権が移行する』という内容も含まれていますが、知らない方が多いようです。

債務整理後にローンの利用やクレジットカードを作ることができない期間がありますが、それ以降も債務整理の対象となった債権者からの借り入れをすることは難しくなります。
その場合、保証会社となっている同系列の貸金業者にも記録は残りますので、借り入れは難しくなります。

債務整理をしても口座開設はできるのか

債務整理をしても口座開設はできるのか

銀行からの融資を債務整理した場合、その銀行で口座開設をすることはできるのでしょうか。

債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録され、ローンやクレジットカードの利用が一定期間できなくなるのは有名な話しですね。
また、上記でお話ししたように、銀行からの融資を債務整理した場合は一時的に口座凍結される場合もあります。
では、債務整理をした場合、銀行で口座開設をすることは可能なのでしょうか。

結論から申し上げますと、口座開設をすることは可能です。

債務整理の対象となった銀行でも、それ以外の銀行でも、ネット銀行でもどの銀行でも口座開設をすることは可能です。
債務整理をしたことで、口座の開設ができなくなるということはありません。

口座を開設するということは、お金の借り入れをすることとは違います。
また、弁護士費用の支払いのために、債務整理の手続き中に積み立て用の口座を開設するケースも多くなっています。

住宅ローンなどの審査には通るのか

住宅ローンなどの審査には通るのか

債務整理をした場合、信用情報機関に事故情報が登録されるためローンの利用やクレジットカードを作ることができなくなりますが、一定期間を過ぎれば事故情報は消されますのでローンの利用もクレジットカードの作成も可能となります。
任意整理や個人再生では5年間、自己破産では10年間が目安となります。

しかし債務整理の対象となった債権者には社内情報として記録が残りますので、新たにお金の借り入れをすることはできないでしょう。
債務整理から20年経過して、債務整理の対象となった銀行で住宅ローンの審査に通らなかった例もあります。

実際には、20年前の債務整理が直接の原因かどうかは分かりませんが、非常に不利になることは確かです。
しかしほかの銀行では債務整理から一定期間が経過すれば、住宅ローンの利用することは可能です。

信用情報機関には申し込み履歴も登録されるため、初めから別の銀行に申し込みをすることをお勧めします。
ただし、お金の借り入れをしなければ、債務整理の対象となった銀行の利用には全く問題はありません。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP