任意整理中に「できること」「できないこと」

任意整理中に「できること」「できないこと」

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

お金の借入はできるのか?

お金の借入はできるのか?

任意整理後にお金に困った場合、お金の借り入れをすることはできるのでしょうか。
任意整理は債権者を選択して整理することができますので、任意整理の対象にしなかったカードローンやクレジットカードの利用ができると思っている方もいらっしゃるようですが、実際には任意整理の対象になっていなくてもお金の借り入れをすることはできません。

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録されます。
信用情報機関の情報は、加盟している貸金業者や金融機関が照会することができますので、申し込み者に事故情報があった場合は貸し付けを行いません。

また、元々利用していたカードローンやクレジットカードなども更新の際に情報の照会をしますので、すぐに利用がストップしてしまいます。
事故情報は任意整理の場合で5年間は記録が残りますので、5年間はお金の借り入れはできないとお考えください。
同様にクレジットカードを作ることも利用することもできません。

5年後にお金の借り入れをすることができるかを確認する方法として、信用情報機関に情報開示請求をして、実際に自分の個人情報を確認する方法があります。
スマホで信用情報機関のHPにアクセスし、HPから請求をすることができます。
費用は1,000円程度です。

結婚することはできるのか?

結婚することはできるのか?

任意整理中に結婚する場合、何か妨げになることはあるのでしょうか。

任意整理の手続きをしている途中で、結婚の話しが具体的に進み始めることはあるでしょう。
しかし任意整理の手続き中であれば、少なからず躊躇する気持ちはあるかもしれませんね。
相手に話したほうがいいのか、親には言うべきか、悩むこともあるでしょう。

実際には任意整理中でも結婚することはできます。
任意整理をすることが戸籍に記載されることはありませんし、住民票や免許証に記録されることもありません。
ですから相手の方に話さなければ、バレることもないでしょう。

しかし任意整理の手続きが完了していない状況で、結婚をすることはあまりお勧めできません。
と言うのも、任意整理では和解が成立すれば、残債の返済を3~5年間で行わなければいけません。
毎月の返済額は和解成立後でなければ分かりませんし、返済金額が元々の借金返済の金額と近い金額になるとは限らないからです。

実際に結婚生活に入ってから返済金額が分かり、返済が困難になることも考えられます。
任意整理後の返済金額が分かっていれば、結婚生活の家計も計画が立てやすいですし、場合によっては完済してから結婚した方が良い場合もあるでしょう。

自己破産をすることはできるのか?

自己破産をすることはできるのか?

任意整理の手続き中に状況は変わって、残債の返済ができなくなる場合があります。
病気やケガで仕事を辞めたり、リストラや減給などということもあるでしょう。

任意整理の手続きを開始したときには返済できる状況だったのに、手続き中に返済できない状況になった場合、自己破産の手続きに切り替えることはできるのでしょうか。

通常、自己破産は『返済能力がない』と認められなければ免責されることはありません。
しかし返済能力がない場合は、任意整理中であっても手続きをすることは可能です。
その場合は担当弁護士によく相談をして、手続きの切り替えをしてください。

ただし、そこまでの任意整理の手続きにかかった分の費用と、自己破産の手続きにかかる費用の両方を支払わなければいけないため、負担は多少大きくなってしまいます。
費用の支払方法に関しても、担当弁護士に相談をすると良いですね。

場合によっては、任意整理と自己破産の中間にある個人再生という債務整理の方法が妥当な場合もありますので、きちんと相談することが必要です。

お金を借りたいとき、方法はあるのか?

お金を借りたいとき、方法はあるのか?

上記にもありますように、任意整理をすればお金の借り入れをすることはできなくなります。
信用情報機関の情報は何かの手続きで消してもらうことはできませんし、例え信用情報機関のトップにお願いすることができたとしても、5年間は消すことは不可能です。
ですから、消費者金融や金融機関からお金の借り入れをすることはできません。

しかし万が一、『任意整理をしていてもお金の貸し付けをします!』という貸金業者の広告を見つけたとしたら、それは間違いなく“闇金”です。
闇金は無登録で非合法な貸金業者ですので、任意整理をしていようが収入が無かろうがお金の貸し付けを行います。
「少しだけだから」という考えが、想像を絶する借金地獄を招きますので、絶対に利用してはいけません。

もしもどうしてもお金に困って借り入れをしたいときには、親族などにお願いをして個人的な借り入れをする以外方法はないでしょう。
ただし、親しい友人や知人に借金の打診をすると、関係にヒビが入ったり敬遠される場合もありますのであまりお勧めはできません。
借り入れをする場合には、きちんと借用書を交わして返済方法も決め、信用してもらえる形で借りるようにすると良いかもしれませんね。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP