法テラスで債務整理をしてみる

法テラスで債務整理をしてみる

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

家を担保にお金を借りる

誰でも法テラスに借金の相談できるのか

 

法テラスは、正式名称[日本司法支援センター]と言い、法務省所管の国が設立した機関です。
民事刑事を問わず弁護士のサービスを受けやすくすることを目的とし、日本全国でサービスの提供が受けられる体制となっています。

無料相談で法律相談を行うことができ、弁護士や司法書士の紹介を受けることができますが、何より大きな特徴は『民事法律扶助業務』です。
民事法律扶助業務は、お金のない人でも法的トラブルに対して無料で法律相談を受けることができ、弁護士や司法書士の費用を立替えてもらうことができるシステムです。
ですから法テラスは、高収入のある方や経済的に裕福な方は利用することができません。

法テラスを利用できる条件

[月収の制限]
単身者・・・・・地方182,000円以下、都市部200,200円以下
4人家族・・・・地方299,000円以下、都市部328,900円以下

[保有資産](現預金、有価証券、不動産など時価合計)
単身者・・・・180万円以下
4人家族・・・300万円以下

●和解、調停、示談などで解決できる見込みがある場合、自己破産で免責の見込みがある場合のみ利用が可能です。
●民事法律扶助の趣旨に適用する場合のみ利用が可能です。

利用者の評判は?

利用者の評判は?

法テラスでは、利用者が弁護士や司法書士を選ぶことはできません。
ですから、無料相談の申し込みをしてから、どんな弁護士が来るのか分からないのです。
そして弁護士を選べないということは、借金問題や債務整理を専門とした弁護士が担当するとは限らないということです。

企業問題を専門としている弁護士や離婚や浮気など家庭問題を専門としている弁護士、地域問題、交通事故、殺人や窃盗などの刑事事件など、弁護士にはそれぞれ得意な分野があり、ほとんどの弁護士は得意分野を専門として行っています。

しかし法テラスでは弁護士を選べないため、借金問題の相談をしたいのに全く別の分野、例えば離婚や浮気などの家庭問題を専門としている弁護士が担当することもあります。

そのような場合でも、弁護士は法律の専門家ですので対応できないということはありません。
ただし、やはり専門外になりますと、専門分野にしている弁護士よりは対応の質が落ちる場合があります。

特に債務整理では、債務者の代理人となって債権者と交渉を行いますので、弁護士次第で結果が左右します。
言わば、交渉は弁護士の腕の見せ所なのです。
ですから、専門外の弁護士が担当になった場合は、思ったような結果にならないことも有り得るでしょう。

とは言え、法テラスを利用する人は経済的に余裕がない方ですので、やはり費用の安さは定評があります。
通常、その金額では弁護士に依頼することはできませんし、支払方法も月々の支払い金額が安く設定されているため無理がありません。
ですから、費用の安さと引き換えに、専門外の弁護士が担当することがあったとしても、ほとんどの方が納得されるようです。

生活保護受給者の利用

生活保護受給者の利用

通常、法テラスの利用をした場合、弁護士費用は立て替えられますが月々定額の支払いを求められます。
無理のない金額に設定されていますので、支払いに問題があることはほとんどありません。

しかし生活保護受給者が法テラスを利用した場合、立て替え金の支払いは事件が終了するまで保留となります。
そして、事件が終了した際に生活保護の受給が続いていた場合、法テラスへの立て替え金の支払いは基本的に免除されます。

また、依頼時に生活保護を受けていなかった方が、途中で生活保護受給者となり、事件が終了した際にも生活保護を受けている場合は、やはり立て替え金の支払いは免除されます。
さらに、事件が終了して法テラスへの支払いを行っている途中で生活保護受給者となった場合も、法テラスに申請をすれば残金は免除してもらうことが可能です。

ただし、債務整理で過払い金が返還された場合など何らかの利益があった場合は、生活保護受給者であっても立て替え金の支払いをしなければいけません。
生活保護受給者は、過払い金が返還されたとしても各自治体へ返金しなければいけませんので、法テラスに支払うことで損をするということはありません。

法テラスの弁護士費用

法テラスの弁護士費用

一般的に個人再生の手続きをすると、弁護士費用は40万円以上かかります。
債権者の件数や金額などの状況によって加算されますので、多重債務の場合は100万円近く掛かる場合もあるでしょう。
ただし、弁護士事務所でも分割払いを認めています。

法テラスでは何度でも無料相談を受けることができますので、面談で費用が掛かることはありません。
また、弁護士費用は全額立て替えをしてもらえるので、依頼人はゆっくり分割で支払うことが可能です。

さらに通常の弁護士費用と比べて費用が安く設定されており、個人再生では20万円から、債権者の件数や借入金額などで費用は異なります。
支払いは月々5千円~1万円となっており、依頼人の状況に応じて金額が設定されます。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP