銀行からの借り入れを任意整理したらどうなる?

生活保護受給者は銀行のキャッシングを利用できるのか

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

任意整理…住宅ローンはどうなるの?

任意整理…住宅ローンはどうなるの?

任意整理は債務整理の一つで、和解成立すれば利息をカットすることができる方法です。
裁判所の介入はなく、債権者との交渉で借金を整理することができるので、全ての借金を対象にする必要はありません。

債務者が整理したい借金を選択して、対象となる債権者と交渉する形になります。
ほとんどの方が弁護士や司法書士に依頼をして、代理人として債権者と交渉してもらいます。

ですから、住宅を残して借金の整理をしたい場合は、住宅ローンを対象から外すことができます。
住宅ローンの返済が困難になった場合も、住宅ローン以外の借り入れを整理することで返済が可能となる場合がありますので、検討すると良いでしょう。

一般的に住宅ローンは低金利ですが、カードローンや消費者金融からの借入は金利が高いため、高金利の借り入れを任意整理をすることで返済が楽になるケースは少なくありません。
しかしそれでも返済が困難な場合は、住宅を任意売却して返済の一部に充てるという方法を執ることになるでしょう。

任意売却とは、物件を売却してもさらに住宅ローンが残る状況で物件を売却することです。
任意売却するためには、抵当権を付けた銀行に交渉をしなければいけません。
銀行にとってはリスクがありますので、すぐに承諾しない場合もあります。

ただし、明らかに返済できない状況の場合は、結果的に返済が滞納し物件が競売に掛けられることになりますので、競売よりは高く売れる可能性のある任意売却の方がリスクは低いと言えるでしょう。

任意整理で口座凍結されるって本当?

任意整理で口座凍結されるって本当?

任意整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼すると、債権者に対して受任通知が送付されます。
受任通知を受け取った債権者は、手続きが終了するまで返済請求や督促を行うことができません。

銀行の借り入れを任意整理する場合、銀行が受任通知を受け取ると債務者の口座が凍結されます。
銀行では口座を凍結し、直ちに口座に入っているお金で借金を相殺しようとします。

口座が凍結されると、口座から一切お金の引き出しができなくなり、光熱費や携帯電話の利用料金などの引き落としもできなくなります。
ですから口座を料金の引き落としで利用している場合は、支払方法の変更をしなければ“料金未払い”となってしまいます。

ただし、入金することはできますし、給料や行政の手当などの振り込みをすることも可能ですので、給料や手当が振り込まれて引き出せなくなってしまいます。
給料振り込みや手当の振り込み口座になっている場合は、こちらも変更手続きをしておきましょう。
任意整理をする前に引き落としや振り込みの変更手続きをして、口座のお金を引き出しておけば、大きな問題はないでしょう。

任意整理をすると、銀行からの借り入れは保証会社に移行します。
つまり、保証会社が銀行に対して債務者の借金を返済し、債務者は保証会社に借金の返済をすることになるのです。
保証会社への移行が完了すれば、口座凍結は解除されます。

任意整理をすれば信用情報機関に登録されるの?

任意整理をすれば信用情報機関に登録されるの?

信用情報機関では、借金に関する個人情報を管理しています。
ですから、個人がどこの貸金業者からいくらの借り入れがあるのか、返済状況はどうなのか、トラブルはないのかなど、全ての情報が登録されています。

加盟している企業が自社の情報を登録し、加盟している他社の情報も照会することができるため、情報の共有が可能です。
任意整理をした場合も事故情報として信用情報機関に登録され、5年間は登録が消されることはありません。

信用情報機関は3つあります。
・全国銀行個人信用情報センター(KSC):主に銀行からの借り入れ
・株式会社シー・アイ・シー(CIC):主にクレジットカード会社や信販会社からの借り入れ
・株式会社日本信用情報機構(JICC):主に消費者金融からの借り入れ

ただし、それぞれ主に取り扱う業者はありますが、ほとんどの企業が複数の信用情報機関に加盟しているため、他業種からの借り入れに関する情報も照会することは可能です。
信用情報機関の情報は加盟している企業でなければ照会することはできませんし、加盟できる企業はお金の貸し付けを業務として行っている企業でなければいけません。

任意整理をしても融資を受けられるのか

任意整理をしても融資を受けられるのか

上記にもありますように、任意整理をすると5年間は信用情報機関に事故情報が登録されます。
任意整理をした人に対して、貸し付けを行う業者はほとんどないでしょう。

任意整理をしたという記録は『契約通りに借金の返済をできませんでした』ということを意味していますので、貸し付けする側にはリスクが大きいのです。
銀行や大手消費者金融などでは、審査に通ることはありません。

ただし、中小消費者金融では顧客の確保の意味でも、最も軽い債務整理の任意整理であれば貸し付けを行う場合があります。
大きな金額を借り入れすることはできませんが、稀に少額で貸し付けを行うところはあるでしょう。

しかし一方で任意整理をして借金の利息をカットしてもらい、一方で新たに借り入れをして通常の返済をするというのは非常に心証が悪く、場合によっては担当弁護士が二度と相談に応じてくれなくなる場合もあります。

任意整理後の返済が滞納した場合や、さらに返済が困難になり改めて個人再生の手続きを行うことがあった場合、違う弁護士が担当した債務整理にあとから依頼されることを好まない弁護士は非常に多いです。
弁護士が下りるということは、トラブルを抱えた依頼人であることが予想されるからです。

ですから任意整理をしたら、信用情報機関の事故情報が消されるまではお金の借り入れをしないように心掛けましょう。

また『任意整理をしていても貸し付けOK!』などという広告は確実に闇金融ですので、絶対に利用してはいけません。
「少しだけだから・・・」と利用すると、必ず後悔することになります。
絶対に利用してはいけません。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP