自己破産をした人の結婚・・・

自己破産をした人の結婚・・・

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

自己破産者と結婚をするリスク

自己破産者と結婚をするリスク

自己破産をした人が結婚をする場合、何かリスクはあるのでしょうか。

①ローンの利用

自己破産をすると、信用情報機関に『自己破産をしました』と登録されます。
自己破産をしたということは、借金をして契約通りに返済できなかったということです。
お金の貸し付けを業務としている貸金業者や金融機関は、借金を返済できなかった人物にお金を貸すということは絶対にしません。

ですから、信用情報機関に自己破産の記録が残る10年間は、ローンを組むこともクレジットカードを作ることもできません。
ただしそれは本人だけのことで、配偶者や家族に影響はありません。
住宅ローンや自動車ローンの利用もできないため、不便を感じる場合もあるでしょう。

②携帯電話の契約・機種変

携帯電話の端末本体は、ほとんどの場合分割払いで購入し、代金は利用料金と一緒に支払われます。
しかし自己破産をしていれば分割払いの利用ができないため、一括払いで購入しなければいけません。

③貯金や財産

自己破産をすると、20万円を超える価値のある財産と99万円を超える現金は全て回収されてしまいます。
回収された財産は、自己破産の対象となった債権者に配当されます。
財産の中には生命保険の解約払戻金も含まれておりますので、生命保険は解約をして回収されています。

また、家や土地や自動車など、不動産も動産も価値のあるものは全て失っている状態です。
ですから、貯金や財産はほとんどない状態が考えられます。
ただし、自己破産が認可された後に築いた財産に関しては、本人が保有することができます。

ローンを組めないことをどう誤魔化す?

ローンを組めないことをどう誤魔化す?

自己破産をすればローンを組むことはできませんし、クレジットカードを作ることもできません。
クレジットカードの場合は、「カード払いは好きじゃない」「現金払い派!」と言えば通用するかもしれませんね。

しかし結婚をすれば「家を建てよう」「車を買おう」と、ローンを組まなければいけない場面は何度かあるでしょう。
この場合、実際に申し込みをしてしまうと、申し込みをした金融機関等に自己破産をしたことが知られてしまいます。
審査にはもちろん通りませんので、結婚相手は不審に思う可能性がありますね。

審査に通らなければ、結婚相手はローン会社や金融機関を変えたり、金額を縮小するような努力をするかもしれません。
何をどうやっても審査に通ることはないので、その様子に恐縮してしまうのではないでしょうか。

ですから、変な汗をかくよりも、自己破産から10年間はローンの利用をしないことです。
家や車の購入も先送りにし、信用情報機関の事故情報が消える10年間を待つのです。

10年くらいなら、何か理由を付けながら先送りすることも難しくはないでしょう。
10年経過したら、こっそり信用情報機関に情報開示請求をして、事故情報が消えているかを確認しましょう。
消えていることが確認できれば、ローンを組むことは可能です。

自己破産をしたことがバレる可能性はあるのか

自己破産をしたことがバレる可能性はあるのか

自己破産したことを隠して結婚する場合、バレることはあるのでしょうか。
隠すのであれば、結婚相手にも結婚相手の家族にも絶対にバレないようにしなければいけません。
結婚後に知られることがあれば、「騙された!」と感じる方もいるでしょう。

しかし実際には、バレる可能性は非常に低いと言えるでしょう。
自己破産をした人の判別など、通常はできません。
ただし、上記のようなリスクはありますので、ローンの審査に通らないことなどを不審に思われることはあるでしょう。

つまり、逆に自己破産をしたことがある人を見極めるのは、非常に難しいことです。
「結婚相手が自己破産をしたことがあるかもしれない・・」と疑いの気持ちを持っているときには、思い切って相手に聞いてみると良いでしょう。
もちろん嘘をつかれる可能性はあります。

どうしても真実が知りたい場合には、結婚を決める前に本人の同意を得て信用情報機関に情報開示請求をして、結婚相手の借金に関する情報を取り寄せることもできます。

苗字が変われば事故情報はチャラにできる?

苗字が変われば事故情報はチャラにできる?

自己破産をした後、結婚や離婚で苗字が変われば、信用情報機関の事故情報が影響しなくなることはあるのでしょうか。

結婚や離婚で苗字が変わることで、別人になりすましてお金の借り入れをしたり、ローンの利用をするということですね。
仮に、結婚後の苗字で巧くお金の借り入れをすることができたとしても、信用情報機関の名義は程なく両方の苗字が一致するでしょう。

例えば、苗字が変わってからも携帯電話が同じ電話番号だった場合、生年月日や下の名前が一致すればすぐに前の苗字がバレてしまいます。
1社でもバレた場合は、その1社が信用情報機関に“同一人物”として登録しますので、どこの貸金業者や金融機関に申し込みをしても『自己破産をした人物』として借入をすることはできません。

また、貸金業者や金融機関では、申し込みの際に必ず『旧姓』や『別の姓』はないかを確認します。
そこに嘘をついて以前の苗字を隠すわけですから、悪質だと捉えられるでしょう。

ただし、携帯電話の番号を換え、住所も勤務先も変わり、一致するのは誕生日と下の名前だけとなった場合には、確実に一致するとは限りません。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP