任意整理が影響すること・・・

任意整理が影響すること・・・

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

任意整理が家族に影響することはあるのか

任意整理が家族に影響することはあるのか
任意整理は債務整理の中の1つです。
債務整理は任意整理のほかに、特定調停、個人再生、自己破産の4種類がありますが、中でも任意整理が最も軽い方法だと言えるでしょう。

任意整理をする場合、全ての借金を対象にする必要はありません。
対象にしたい借金を選んで整理することができるため、自動車ローンを対象外にして自動車の引き上げを回避したり、保証人を立てた借り入れを対象外にして迷惑をかけることを回避することが可能です。
また、任意整理は裁判所を介さずに債権者と交渉をする債務整理の方法ですので、債権者の合意を得ることができれば和解が成立します。

任意整理をすることで借金の利息をカットすることができますので、実質元本のみの返済となります。
ただし返済期間に制限があり、和解成立後3~5年間で完済しなければいけません。

基本的には3年間となっており、正当な理由が認められれば5年までは認められています。
また、過去の事例として、特例で7年間まで認められたケースもあります。

さて、任意整理をすることで、家族に影響することはあるのでしょうか。
任意整理をした場合、債務者本人は信用情報機関に事故情報が登録されます。
いわゆる『異動』という扱いです。

記録は5年間は消されることがありませんので、その間は借り入れやローンやクレジットカードの利用などは一切できなくなってしまいます。
しかしこれは、あくまでも債務者本人のことです。

任意整理では財産を回収されることはありませんし、家族に何らかの影響を与えることはありません。
ただし、債務者本人の名義では5年間はローンの審査に通ることはありませんので、住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどの利用もできなくなってしまいます。
家や自動車の購入や進学する予定のお子さんがいる場合は、ローンを組めないことで困ることもあるかもしれませんね。

しかし家族の名義であればローンの利用はできますので、任意整理をした本人以外の名義で申し込みをするという手もありますよ。

任意整理が結婚に影響することはあるのか

任意整理が結婚に影響することはあるのか
かつて『債務整理をすれば戸籍に記載される』や『住民票に記しを付けられる』などという話しが実しやかに流れたことがありましたが、実際には債務整理をしたという記録が信用情報機関以外に登録、或いは記載されることはありません。
ですから任意整理をしても戸籍や住民票に記載されることはありませんし、人に知られる心配はありません。
仮に、結婚相手の家族が興信所に調査を依頼したとしても、任意整理をしたことがバレることはありません。

では、『任意整理をした』という事実が分かる信用情報機関の情報を、第三者が知ることはないのでしょうか。

信用情報機関では、借金に関する個人情報が管理されています。
氏名や住所などの情報と一緒に、債権者の社名や契約内容、借入金や返済状況など、借金に関する情報が記録されているのです。
さらに滞納や任意整理などの事故情報も登録されており、これを見れば借金の状況が分かるようになっています。

信用情報機関に情報開示請求を出せば、借金に関する情報を書類で送付してもらうことが可能です。
ただし、開示請求は本人だけが行うことができ、家族が請求する場合でも本人の同意と本人の身分証明書がなければ請求することはできません。

また、信用情報機関では申し込み者の情報を照会して借金の状況を確認し、審査に利用しています。
信用情報機関では加盟している貸金業者や金融機関だけが、申し込み時と更新時のみ情報の照会をすることができます。
つまり個人が他人の信用情報を照会することはできませんし、知る術もないのです。

ですから結婚相手がどんなに調査をしても任意整理をしたという事実は出てきませんし、知られることはないでしょう。
ただし、任意整理から5年間はローンやクレジットカードの利用ができませんので、結婚生活の中で不審に思われる可能性はあるでしょう。

任意整理が就職に影響することはあるのか

任意整理が就職に影響することはあるのか
就職をする際も、基本的には就職先に任意整理をしたことがバレることはないでしょう。
ただし、就職先が銀行などの金融機関の場合や、消費者金融やクレジットカード会社などの場合は、信用情報機関の情報を照会することができますので、知られる可能性はあります。
お金を扱う職業ですから、借金に関してはクリーンであることを望むでしょう。

しかし上記でも述べたように、信用情報機関の情報は貸金業者や金融機関でなければ照会することはできません。
ですからほかの業種では信用情報機関の情報を知ることはできないため、就職に影響するのは金融業くらいだと考えても良いでしょう。
金融業に就職を希望している場合は、任意整理をしたという事実を知られるということが影響することは大いに考えられますね。

妻が保証人になっている場合

妻が保証人になっている場合
借金の中に妻が保証人になっている債権がある場合、任意整理をすると妻に迷惑をかけることになってしまうのでしょうか。

実は借金があることは法的に離婚理由にはなりませんが、『借金が理由で離婚をした』という夫婦が10年前より順位が上昇してきています。
長く続いた不景気は、離婚理由に影響しているようですね。

さて本題です。
妻が夫の借金の保証人になっている場合、任意整理をすることで妻に迷惑をかけることになってしまうのか。
任意整理は整理する借金を選択することができますので、妻が保証人になっている借金を対象から外すことで迷惑をかけることは回避することができます。

もしも妻が保証人になっている借金を任意整理した場合、カットされた利息は妻に請求されることになります。
しかし同じ家計で生活をしている夫婦であれば、どちらに請求が来ても借金を軽くすることはできないということですね。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP