自己破産で失うもの・・・

自己破産で失うもの・・・

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

借金はゼロになるけど・・・

借金はゼロになるけど・・・

借金は、元々返済することを条件に貸し付けされるものです。
ですから契約では、年利や返済金額、返済期日などが定められていますし、借り入れする側ももちろん返済することを前提に契約するでしょう。
しかし何らかの事情で返済が難しくなり自己破産をした場合、どのようなことが起こるのでしょうか。

自己破産が認可されると免責が許可されるため、借金は全てゼロにすることができます。
つまり、それまでの借金地獄から解放されることができ、返済に追われる日々を終わらせることができるのです。
しかしその代償は、決して小さいものではありません。

借金がゼロになる代わりに保有している資産を失い、回収された資産は債権者の配当に充てられます。
基本的に20万円を超える価値のあるものと、99万円を超える現金は回収されるため、不動産や自動車も失うことになるでしょう。
さらに加入している生命保険は解約し、解約払戻金も回収の対象になります。

ただし生活に必要な最低限の日用品は手元に残すことが許されており、例えば自動車がなければ仕事に支障がある場合には自動車も手元に残すことが可能です。
『子どものオモチャや鍋釜まで取られる』ということが実しやかに言われていますが、実際にはそんなことはありません。

そもそも借金返済の代わりとなる債権者への配当のために回収されるわけですから、子どものオモチャや鍋釜を回収してもお金に換えることもできず意味がありません。
回収されるものは基本的に換価処分されて、全て平等に債権者に配当されます。

自己破産をすると借金はゼロになりますが、それまで築いてきた資産も全て失うことになってしまいます。

任意整理で資産を失うことはあるのか

任意整理で資産を失うことはあるのか

任意整理は、債務整理の中でも最も軽い手続きです。
裁判所を介さずに債権者と債務者(代理人)が交渉をし、合意を得られれば和解が成立します。

任意整理では借金の利息をカットすることができますので、成立すれば元本のみを返済すれば良いということです。
ただし期間に制限があり、基本的には3年間、正当な理由が認められた場合は5年間まで認められています。

さらに任意整理は全ての借金を対象にする必要がないため、整理したい借金だけを選択することができます。
『債権者を選択できる』ということの効果として、保証人がいる借金は対象から外して迷惑をかけることを回避することができますし、ローンが終わっていない自動車が引き上げられることも回避することが可能です。

減額率は債務整理の中では最も低く利息がカットされるだけですが、任意整理をしたことで失うものはほとんどありません。

信用情報機関に情報が登録されますので、5年間はローンや借り入れをすることはできませんし、クレジットカードを作ることもできません。
しかし資産を回収されることはありませんので、家や土地などの不動産を失うこともなく、それまでと同様の生活を送ることが可能です。

ただし、任意整理は成立後に残債を弁済する必要がありますので、安定した収入がなければ利用することはできません。

自己破産をされた債権者

自己破産をされた債権者

自己破産を債権者側から見てみましょう。

債権者は、債務者の借り入れの申し込みに対して、審査を行い、お金の貸し付けを行います。
年利や返済金額、返済期日は契約で決まっており、毎月返済されるのが普通です。

貸金業者はお金の貸し付けを行うことが業務です。
債務者から毎月支払われる利息がいわゆる『利益』となり、会社の経営を成り立たせています。

債務者にお金を貸して、利息を支払いながら返済してもらえれば、商売としての通常の儲けが出るということです。
しかし債務者が上記にあります『任意整理』の申し立てをした場合、利息の支払いが行われなくなるため、会社の利益はゼロになってしまいます。

では、自己破産はどうでしょう。
自己破産では、貸し付けをした金額が全てゼロになってしまう債務整理です。
そうなると会社にとっては『赤字』です。

債務者が資産を保有していれば、貸金業者にとっては「保有している資産があるなら借金を返せ」と思うのは当然ですね。
ですから債務者に借金の金額を上回る資産がある場合は、自己破産を行うことはできません。

自己破産をすれば信用情報機関に10年間は記録が残りますが、債権者の社内記録では10年経過しても記録が消されることはありません。
ですから債務者は、自己破産をした債権者とその系列会社の信用を一生失うことになるでしょう。

信用を失う

信用を失う

そして自己破産をすることで、何よりも大きくて重要な『信用』を失ってしまいます。

失った資産は再度築くことができるかもしれませんし、自己破産以降の貯金や不動産は債権者に取られることもありません。
全てが終われば借金から解放され、真面目に仕事をすれば生活も楽になるでしょう。

しかし自己破産をしたことで失った信用は、取り戻すことはできません。
言わば『借金を踏み倒した』という事実は、自己破産をされた債権者の社内では消されることはないのです。
それは『損害を与えた人物』であり、『二度と貸し付けをしてはいけない人物』だということを示しています。

銀行には系列会社に消費者金融やクレジットカード会社があり、全ての系列会社で情報を共有します。
数社の借り入れを自己破産した場合、信用情報機関の記録が抹消された後でも借り入れができる業者は非常に限られてくるということです。

将来、住宅ローンや子どもの教育ローンを利用したくても、「どこからも借り入れすることができなかった」という例もあります。
お金の借り入れをする際は、返済計画が必要です。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP