任意整理で一括返済をする場合

任意整理で一括返済をする場合

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

任意整理で利息をカット!

任意整理で利息をカット!

任意整理は債務整理の一種で、返済が困難になった人のための救済措置です。
裁判所を介さずに債権者と交渉を行い、債権者の合意が得られれば和解が成立し、利息がカットされます。

ですから任意整理後の返済は利息をカットした元本のみということになりますが、任意整理後は返済期間に制限があり3~5年間で返済しなければいけない決まりがあります。
場合によっては1回の返済金額がそれまでよりも高額になることもありますので、弁護士や司法書士とよく相談をする必要があるでしょう。

任意整理の申し立てをする際は、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼をして行うのが一般的です。
個人で申し立てを行うことも可能ですが、書類を作成したり債権者と交渉するなど素人では対応できない部分も多く、お勧めできません。
債権者は何度もそういった交渉を経験しており、素人が相手では合意しない可能性も高くなります。
弁護士や司法書士の場合、やはりそういった交渉のプロですので、安心してお任せすると良いでしょう。

任意整理は、申し立てをすれば必ず成立するというものではありません。
債権者は、できれば返済額を減らしたくないと考えるのが通常です。
ですから費用は掛かりますが、弁護士や司法書士に依頼をすることをお勧めします。

一括返済の交渉

一括返済の交渉

任意整理後の返済は、3~5年で行われるのが一般的です。
しかし中には、「一括返済をすれば返済額を減額する」という債権者もいます。
というのは、任意整理が成立しても、債務者によっては3~5年間で完済しない場合もあるからです。

任意整理では返済ができず、個人再生に切り替えたり、自己破産の申し立てをする場合もあります。
その場合、返済額はかなり減額されてしまいますし、自己破産では1円も回収できなくなってしまいます。
それより、「多少減額しても一括返済してもらえれば」と考えるのは、債権者としては当たり前のことかもしれませんね。

3~5年で分割払いをするか、減額してえもらえるなら一括返済に踏み切るか、いずれにしても返済できなければ意味がありません。
親御さんや会社の上司など、まとまったお金を借りることができる人がいる場合は、一括返済をした方がかなり得をすることができますね。

弁護士が一括返済を勧める場合

弁護士が一括返済を勧める場合

場合によっては、弁護士が一括返済を勧めることもあるでしょう。
その場合は、弁護士が債権者と交渉をすることになります。
「一括返済をする代わりに金額を○○万円に減額してほしい」という内容で交渉しますが、減額率が高くなると敬遠される可能性もありますので、弁護士の交渉力に掛かっているとも言えるでしょう。

ただし、一括返済できる金額が確実に用意できなければ、この交渉は成り立ちません。
交渉成立後に「やっぱりお金は用意できなかったから、分割にしてほしい」などということがないように、交渉までにきちんと準備をする必要があります。

一括返済をすることで、減額されるというメリットだけでなく、借金を1社完済できたという精神的な負担を軽減することもできます。
借金があるということ、任意整理をするという事実、その後も確実に返済しなければいけないという負担、借金を整理するということは相続以上にストレスがかかることです。
ですから、可能であれば一括返済をしてスッキリすることで、精神衛生上もスッキリさせましょう。

債権者平等原則とは?

債権者平等原則とは?

ただし、任意整理後の一括返済には、気を付けなければいけないことがあります。

『債権者平等原則』を守るということです。
債権者平等原則とは、複数の貸金業者からお金の借り入れをしている場合、全ての貸金業者に平等に返済しなければいけない、ということです。

複数の貸金業者からお金の借り入れをしている方は、1社だけ一括返済をしてしまうと非常に不平等です。
「A社に一括返済するなら、うちの借金も一括返済してほしい」と不平等を訴えるのは当然でしょう。
債務者にとっては、「残債が少ないからA社なら一括返済できる」と考えたものかもしれませんが、債権者側にとっては不平等であり、認められないことなのです。

また貸金業者が一括返済の話を持ちかけてきた際は、調子の良い口車に乗ってはいけません。
「一括返済すれば借金を減額しますよ」と聞けば、それは悪い話しではないと考えるかもしれません。
しかしよく条件を聞かなければ、債務者にとって不利な条件である場合も考えられます。
必ずよく検討し、弁護士と相談した上で決めるようにしましょう。

一括返済の交渉は個人で行うことも可能ですが、個人の交渉では思うほど良い条件で交渉することは難しいでしょう。
要望は弁護士に伝え、よく損談をした上で条件を決めて、債権者との交渉は弁護士にお任せするようにしましょう。

依頼する弁護士は、借金問題を専門に扱っている弁護士にしてください。
弁護士には必ず得意分野があり、専門に扱う案件があります。
債務整理に不慣れな弁護士に依頼した場合、プロの弁護士であっても交渉が上手くいかない場合もあり得ます。
インターネットで検索すれば、お近くの借金問題を専門に扱う弁護士を探すことができるでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP