ほとんどの人が自己破産を後悔します・・・

ほとんどの人が自己破産を後悔します・・・

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

ほかの債務整理という選択

ほかの債務整理という選択

自己破産をすれば、ご自身の全ての借金がゼロになります。
毎月毎月借金に追われ、返済で頭を悩ませ、債権者からの電話に応じて、金策で頭も心も休まる暇がない・・。
こういった状況になった場合、その時の心境では『自己破産で借金をチャラにすることができる』ということが、非常に魅力的に映るかもしれませんね。

しかし自己破産をすれば資産を失うことになり、家や土地、自動車も貯金も、生命保険の解約払戻金まで回収されてしまいます。
さらに信用情報機関の事故情報は10年間は消えることはありませんので、その間、お金の借り入れやローンを利用することはできませんし、クレジットカードも作ることができません。

債務整理は、自己破産だけではありません。
利息がカットされる“任意整理”や元本が減額される“個人再生”もあり、いずれも資産を失うことはありませんし、返済中の住宅ローンは債務整理の対象から外すことも可能です。
ただし、失うものはありませんが、成立後に3~5年で残債を返済しなければいけないため、ある程度の収入がなければ認められません。

任意整理と個人再生では、信用情報機関の事故情報は5年間記録が残ります。
ただし、自己破産を検討するくらいですから、既に返済滞納などで事故情報が登録されている可能性は十分あります。

自己破産は失うものが多いため、後悔することが少なくありません。
ほかの債務整理も検討してみましょう。
しかし資産もなく失うものがない場合は、条件が揃えば自己破産をした方が良い場合もあります。

自己破産後の生活

自己破産後の生活

自己破産をすれば、全ての借金から解放されます。
ですから「自己破産をしよう!」と考えたときには、ほとんどの方が藁をも縋る思いで弁護士に依頼をします。
しかし手続きが進んでいく中で、自己破産をすることのリスクを何度も痛感する場面があるでしょう。

家や土地が回収されれば、楽しかった時期を思い出すこともあるでしょう。
思いを込めて送った宝石や、家族で遊びに行った自動車も、価値があるものは全て回収されてしまいます。
最低限生活に必要なものは手元に残すことができるということが救いですが、住む家も生活様式も全てが変わってしまう可能性は否めません。

家や土地を回収されれば、当然引っ越しをしなければいけませんので、近隣の方とのお付き合いもなくなります。
小さな子どもがいれば転校しなければいけませんし、一から資産を築き直さなければいけません。

また、自己破産が認められるということは、『返済能力がない』ということが認められたということですので、安定した収入はないということです。
その場合、自己破産後の生活を維持していくためには、仕事に就く必要があります。

「あのとき、自己破産じゃなく個人再生にしていたら、今頃あの家に住んでいたのに」と後悔することもあるでしょうし、人によっては自己破産をしたことがバレることを恐れて、人付き合いが苦手になってしまう場合もあります。
自己破産をしたことを後悔しない人の方が少ないということです。

自己破産後、幸せな生活をしていれば後悔することはないでしょうが、生活の立て直しはなかなか難しいということかもしれませんね。

住宅ローンが組めない

住宅ローンが組めない

自己破産をすれば、住宅ローンを組むことができません。
10年間は信用情報機関に事故情報の記録が残りますし、事故情報があるのに住宅ローンの審査に通ることはありません。

自己破産をして借金から解放されて、スッキリしたところで住宅ローンで家を買おう!ということはできないのです。

インターネット上の情報では、『申し込んでみなければ分かりません』と書かれているものもありますが、それは事故情報に対しての対応に制限はないという意味でしょう。
金融機関が「自己破産をしているけどOK!」などと闇金のような判断をすることがあれば、住宅ローンを組むことも可能でしょう。

住宅ローンに限らず、ローンの審査に通らないことで自己破産をしたことを後悔する方も少なくありません。
教育ローンは好例です。
子どもが進学する際、進学資金として教育ローンを利用しようとして、審査に通らなかった場合、親として大きな後悔をするでしょう。

奨学金は学生本人の名義で申し込みをすることになりますが、奨学金では連帯保証人は親を指定していますので、ここもまた後悔するポイントになるでしょう。
自己破産をしたという事実があれば、そのとききちんとした仕事をして十分な収入があったとしても、連帯保証人になることはできません。
その場合は、ほかの親族にお願いするか、お金を支払って保証会社に加入するかのいずれかの選択になるでしょう。

自分自身がローンや借り入れの我慢をすることは許容できることですが、家族や子どもに影響を与えることは些細なことでも後悔に繋がる可能性がありますね。

弁護士によく相談をして決めましょう

弁護士によく相談をして決めましょう

借金の返済が困難になってしまった場合、自分でいろいろ考えるより、専門家である弁護士に相談することをお勧めします。
最終的に債務整理のどの方法を執ることができるのか、弁護士の助言は非常に有効です。

仮に、弁護士が個人再生を勧めていても、本人が自己破産を希望しているとなると、手続きの条件に合っていれば弁護士は本人の意思を尊重することになるでしょう。
しかし弁護士はこれまで何件もの債務整理に関わり、多くの案件でアドバイスをしてきた人です。
その債務整理のプロが『個人再生を勧めます』と言っているのであれば、個人再生が最善の方法であると考えましょう。

多くの方が自己破産をして後悔しています。
最も辛い心理状態として、『自己肯定感を得られない』という状態に陥る方がいます。
もしも自己破産をして拭えない後悔に苦しんでいる場合は、専門医療機関に相談をすると良いでしょう。

自己破産をする場合は、専門家の言うことに耳を傾け、よく検討をして決めましょう。
任意整理や個人再生は認可後でも一段上の債務整理の方法に切り替えることが可能ですが、自己破産はこれ以上の方法がない一番重い債務整理の方法ですので、一旦自己破産をすると取り返すことができません。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP