返済中の過払い金返還請求は債務整理になるって本当?

返済中の過払い金返還請求は債務整理になるって本当?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

返済中の過払い金返還請求のデメリット

返済中の過払い金返還請求のデメリット

過払い金返還請求という言葉は、今では知らない人はいないのではないでしょうか。
テレビやラジオで盛んに呼び掛けた甲斐あって、多くの方が過払い金を返還しています。
しかしまだ多くの方に過払い金が発生していることが考えられるため、過払い金の時効(完済から10年)にならないうちに調査だけでも勧めているのが現状です。

基本的に過払い金返還請求は、完済した借金に対して行われるものです。
というのも、過払い金は過去に『払い過ぎた利息』のことを指しており、完済していなければ残債が返済されるかどうかも分かりません。
債務整理をする可能性もありますし、滞納して財産が差し押さえられるかもしれません。
この先どうなるか分からない借金に対して、完済されることを前提に過払い金を返還することはできないのです。

ですから、現在も返済中の借金の場合で過払い金返還請求をするということは“債務整理”を意味しています。
安易な気持ちで過払い金返還請求をすると債務整理をしたことになり、信用情報機関に事故情報が登録されます。

ただし、過払い金で残債を完済することができた場合は、債務整理の扱いにはなりません。
通常の過払い金返還請求として扱われますので、信用情報機関に事故情報が登録されることはありません。

尚、この場合は信用情報機関に“完済”として登録されます。
しかし“ほぼ完済できる金額が返還されるだろう”という計算だったとしても、1円でも残債の完済に足りない場合は債務整理になってしまいますので、気を付けなければいけません。

過払い金返還請求の時効

過払い金返還請求の時効

過払い金返還請求には時効があります。
過払い金は借金を完済した時点で返還請求を行うことができますが、時効はその完済から10年間となっています。
ですから古くからの取り引きであっても、完済から10年経過していなければ問題はありません。

平成22年に法律が改正されているため、それ以前に消費者金融との取り引きがある場合は過払い金が発生していることが考えられます。
例えば、20年前から取り引きが始まった借り入れでも、完済から10年以上経過していれば過払い金返還請求は既に時効となっていますが、完済から10年未満の場合は過払い金返還請求の権利がまだあります。

つまり、平成22年以前から消費者金融と取り引きがある場合で現在も返済中の借金がある場合は、この先完済してから10年の間に過払い金返還請求を行うことが可能だということです。
ただし、返済が困難で債務整理をする場合は、債務整理の手続きをする際に過払い金調査を行うことになります。

過払い金を請求せずに調査だけでもできるのか

過払い金を請求せずに調査だけでもできるのか

返済中の借金で過払い金返還請求を行った場合は債務整理の扱いになりますが、借金を過払い金で完済することができた場合は債務整理ではなく『完済』という扱いになることは上記でお話ししましたね。
過払い金はそもそも払い過ぎた利息ですので、“払い過ぎた利息”で完済することができるということは、『既に完済していた』ということになります。

しかし残債に1円でも足りなかった場合は、債務整理ということになってしまいます。
ということは、つまり現在返済中の借金に『過払い金は発生しているのか』『いくら発生しているのか』『残債を完済することができるのか』を知る必要があるということです。

金額次第では、過払い金返還請求をして借金を完済させたいと考えるでしょう。
では、万が一過払い金が残債の返済に足りない場合は、調査だけをして返還請求をしないということは可能なのでしょうか。

結論から言うと、個人で消費者金融に過払い金に関する調査の依頼をした場合は、調査だけで終わらせることが可能です。
消費者金融としては、できれば過払い金を支払いたくないと考えていますので、調査後に請求されないからと言って向こうから「払いますよ~」と言ってくることはありません。
しかし弁護士や司法書士に調査を依頼した場合、過払い金が発生していることを確認できたら『返還請求はしない』という選択はできません。

というのも、ほとんどの弁護士や司法書士は過払い金調査を無料で行っており、返還請求をして払い戻された過払い金の〇%を費用として請求するのです。
ですから、調査だけを無料で行って、過払い金があるのに請求はしない、ということは認められないのです。
それを認めてしまうと、『調査を専門家に無料でやってもらって、返還請求は自分でやる』という人が出てくるでしょう。

ですから返済中の借金の過払い金を調査したい場合は、個人で行うか、債務整理をするつもりで弁護士や司法書士に依頼することになるでしょう。

過払い金返還請求ブラックリストに載るのか

過払い金返還請求ブラックリストに載るのか

過払い金返還請求をした場合、「ブラックリストに載るのかな・・」と不安に思う方もいるようですが、完済した借金の過払い金返還請求をしてもブラックリストに載ることはありません。
過払い金は払い過ぎた利息ですので、それを返してもらうのは当然の権利です。

ただし何度も申し上げますが、返済中の借金の過払い金返還請求をした場合、過払い金で借金を完済できなければ債務整理と見なされブラックリストに載ることになります。
過払い金で完済できた場合は、ブラックリストに載ることはありません。

しかしブラックリストに載ることはありませんが、過払い金返還請求を行った消費者金融やその系列金融機関では、社内情報として『過払い金返還請求をした人物』として記録が残ります。
過払い金返還請求は悪いことではないのですが、債権者にとっては好ましいことではありません。

過払い金の支払いは債権者にとっては非常に深刻な問題で、過払い金の支払いが原因で倒産している消費者金融も少なくありません。
大手では、当時業界トップと言われていた“武富士”の倒産が過払い金の支払いが原因ですし、ほかにも中小では数多くの貸金業者が全国で潰れています。

ですから過払い金返還請求をされた消費者金融にとっては、請求した利用者とは二度と取り引きをしたくないと考えるようです。
系列の金融機関で住宅ローンなどの審査が下りなかった場合は、過払い金返還請求が原因だということも考えられます。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP