債務整理後でも住宅ローンは利用できるのか?

債務整理後でも住宅ローンは利用できるのか

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

債務整理をしても住宅ローンの審査に通るのか?

債務整理をしても住宅ローンの審査に通るのか?

一般的に債務整理をした後は、ローンやお金の借り入れを利用することができません。
債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されるため、記録が残っている期間は貸し付けをする業者はほとんどないでしょう。

何故なら、債務整理をした記録があるということは『お金の貸し付けをしましたが、契約通りに返済が行われませんでした』ということを意味しています。
ですから貸金業者や金融機関では、申し込みを受けたとしても審査に通すことはないのです。

では、一度でも債務整理をしたら住宅ローンを利用することはできないのでしょうか。

もちろん、そんなことはありません。
信用情報機関の債務整理の記録は、一般的に5~10年間で登録が抹消されます。
登録が抹消されるということは、業者が情報を照会しても事故情報の記録を確認することはないということです。

つまり『過去に債務整理をした』という記録も残らないのです。
ですから任意整理や個人再生では5年間、自己破産では10年間経過すれば、住宅ローンの利用も可能になります。

ただし、債務整理をしたときに対象の債権者となった貸金業者や金融機関では、社内記録として債務整理をした人物の情報が消されることはありません。
ですから対象となった金融機関とその関連会社には、住宅ローンの申し込みをしても審査には通らないでしょう。
住宅ローンは、別の金融機関に申し込みをしましょう。

妻が債務整理をした場合

妻が債務整理をした場合

住宅ローンの申し込みを夫の名義で行う際、過去に妻が債務整理をしたことが気掛かりになる場合があるでしょう。
特に、家族に内緒で債務整理をした場合、「自分のせいで住宅ローンの審査に通らないかもしれない・・」と不安に思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、家族であっても借金は個人のもの、債務整理も個人のものです。
家族のローンやクレジットカード、お金の借り入れなどに影響することはありません。

住宅の購入は家族に関わることですが、住宅ローンは申し込み者である夫のローンということになります。
ですから妻が債務整理をしたことが、審査に影響することはないのです。

ただし、夫婦共同名義で住宅ローンを利用する『ペアローン』の場合は、妻が債務整理したことが影響して審査に通らないこともあります。
ペアローンは両者の審査がありますが、審査に通らなかった場合でもその理由を明らかにすることはありませんので、内緒で債務整理をしていてもバレることはありません。

債務整理をしていても保証人になれるのか?

債務整理をしていても保証人になれるのか?

住宅ローンを利用する際、保証人を求められる場合があります。
保証人は親族や配偶者に頼むことが多く、夫婦の場合は配偶者が保証人になることもあります。

保証人になるためには安定した収入があり、成人した人物でなければいけません。
年齢の上限はありませんが、金融機関によって規定はあるでしょう。
住宅ローンを完済する際に平均寿命を超えた年齢になっているようでは、保証人の審査は通らないことが考えられます。

では、安定した収入があって年齢制限に問題がなければ、多重債務者でも債務整理をした人でも保証人になれるのでしょうか。

保証人の審査においても、信用情報機関に情報の照会をします。
保証人は、万が一債務者がローンの返済ができなくなった際に『代わりに返済を行います』という契約です。

ですから申し込み者と同様に、返済できないと判断されば審査に通ることはないのです。
信用情報機関に『債務整理をした』という記録が残っていれば、金融機関では保証人として認めることはできないということです。

住宅ローンの返済中に配偶者が債務整理をしたら・・・

住宅ローンの返済中に配偶者が債務整理をしたら・・・

住宅ローンの契約者が夫で、住宅ローンの返済中に妻が債務整理をした場合、住宅を回収されることはあるのでしょうか。

債務整理では、任意整理や個人再生で財産を回収されることはありません。
ただし、返済中のローンを整理した場合はその商品を引き上げられることはあります。
自動車ローンがそうですね。

返済中の自動車ローンを整理すると、担保に入れている自動車は引き上げられてしまいます。
しかし住宅ローンの場合、任意整理や個人再生では対象外にすることができますので、住宅を残したまま住宅ローンの返済を継続することになります。

ただし、自己破産の場合は住宅ローンの有無に関わらず住宅を回収されてしまいます。
自己破産は借金をゼロにすることができる債務整理ですので、回収した住宅は換価処分されて債権者に配当されます。

では、ここで本題です。
配偶者が自己破産をした場合でも、住宅は回収されてしまうのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。
債務整理はあくまでも個人のものです。
家族であっても影響することはありませんので、住宅の名義が債務整理をした人と別の名義になっていれば、住宅を回収されることはないのです。

ですから、住宅ローン名義の配偶者が債務整理をしても、住宅に影響することはありません。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP