債務整理をして完済後、いつから借り入れOK?

債務整理をして完済後、いつから借り入れOK?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

債務整理をすれば本当にローンを使えないの?

債務整理をすれば本当にローンを使えないの?

債務整理をすれば、借金の返済を楽にすることができますが、中でも自己破産をした場合は借金をチャラにすることができます。
しかし任意整理や個人再生の場合は、認可後に残債を返済する必要がありますので、ある程度の返済能力がなければ認められません。
ただし、自己破産では保有する資産を回収されてしまいますが、任意整理や個人再生では資産を回収されることはありませんし、住宅ローンを返済中でも家を手放す必要はありません。
それぞれに、メリットもデメリットもあるということです。

ただし、債務整理後にローンを利用できないという点においては、全ての債務整理の方法に共通して言えることです。
任意整理と個人再生では5年間、自己破産では10年間は利用することができません。

日本には信用情報機関という借金に関する個人情報を管理しているところがあり、債務整理をするとその情報も登録されます。
この情報は、信用情報機関に加盟している貸金業者や金融機関で共有することができ、新規申し込みや更新の際に情報を照会することができます。
その際、債務整理をしたという登録があれば、どこの貸金業者でも金融機関でもその申し込み者に貸し付けを行うことはありません。

『貸付をしてはいけない』という決まりがあるわけではありませんし、法律で決められているわけでもありませんが、債務整理をしたということは『契約通りに返済ができなかった』ということを意味していますので、利益を得られない上に損害を与えられる可能性がある利用者に対して貸し付けを行うことはないのです。

ですから、『債務整理をすればローンを使えない』というのは本当です。

債務整理の手続きから完済まで

債務整理の手続きから完済まで

債務整理の中でも、任意整理と個人再生は認可後にも返済が続きます。
任意整理では利息をカットすることができますので、元本だけを返済していくことになります。
また個人再生では元本を減額することができますので、かなり返済は楽になるでしょう。

任意整理や個人再生の申し立てをして債権者の合意を得ることができ、手続きが全て終了すると、翌月から返済が始まります。
返済期間は基本的には3年間と決められていますが、正当な理由が認められれば5年間まで認められています。

しかし、この返済期間に滞納することがあった場合は、2ヶ月の滞納で財産の差し押さえをされる可能性があります。
基本的にはもう後がない状態ですから、督促云々、裁判云々という間はないと思ったほうが良いでしょう。
思った以上に返済がきつい場合は、すぐに弁護士に相談をしてください。

任意整理や個人再生では5年間はローンやクレジットカードの利用ができませんが、実はこの5年間のカウントのスタートは定かではありません。
何事のトラブルもなく、約束通りの返済が滞り無く行われた場合は、手続き終了から5年間という場合もあります。

この場合は、返済期間の3年間+2年間となりますので、完済から2年間と言うことになります。
しかしこうした滞納などのトラブルがあった場合は、残債が完済された時点から5年間のカウントが始まる場合がありますので、完済から5年間ということになります。

住宅ローンはいつから利用できるの?

住宅ローンはいつから利用できるの?

債務整理をした場合、住宅ローンも利用することができないのでしょうか。
住宅ローンも借り入れですから、審査では信用情報機関の個人情報を照会します。
つまり債務整理をしたことは申し込みをした金融機関にバレてしまいますし、審査に通ることもありません。

しかし中には「申し込みをしてみなければ分かりません」という言い方をしているものもありますが、それは『法的な決まりではない』という意味でしょう。
金融機関の判断で「貸し付けをする」となれば、利用者が債務整理をしていたとしても誰も咎めることはできません。
全ては貸し付けをする金融機関の判断です。

しかし住宅ローンは金額の大きな貸し付けですので、債務整理をしたという記録が登録されていれば、貸し付けを行う金融機関はないでしょう。

では、債務整理から何年が経過すれば住宅ローンの利用をすることができるのでしょうか。
任意整理や個人再生をした場合は5年間で記録が消されるため、完済後5年経過していれば利用することができるでしょう。
自己破産の場合は一切返済の必要がなくなりますが、免責が認可されてから10年間はローンを利用することはできません。

クレジットカードの審査に通らなかったら

クレジットカードの審査に通らなかったら

もしも債務整理から一定期間が経過してもクレジットカードの審査に通らなかった場合、信用情報機関に情報の開示請求をしてください。
信用情報機関に現在登録されている、自分の情報を知ることができます。
そこに“異動”という記録があれば、債務整理をしたという登録が残っているということです。

しかし登録が残っていない場合は、クレジットカードの審査に通らなかったのは別の理由があるということです。
債務整理をした場合、債務整理の対象となった債権者とその系列の金融業者では社内情報としてその人物の記録は残ります。
5~10年間で信用情報機関の事故情報は抹消されますが、債務整理の対象となった債権者と系列の金融業者ではその記録が消されることはありません。

ですから自分が債務整理をした業者とその系列の業者は、把握しておいた方が良いでしょう。
クレジットカードの審査に通るためには、全く関係のないクレジットカード会社である必要があります。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP