銀行の借り入れと過払い金返還請求

銀行の借り入れと過払い金返還請求

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

銀行のカードローンに過払い金は発生するのか?

銀行のカードローンに過払い金は発生するのか

過払い金という言葉を耳にするようになって、10年以上が過ぎました。
過払い金は『払い過ぎた利息』のことです。

旧出資法と利息制限法の上限利息の差をグレーゾーン金利と言いますが、そのグレーゾーン金利の部分が『過払い金』です。
利息制限法では貸付金額によって金利の上限が異なり15~20%としていますが、旧出資法では金利の上限を29.2%としていました。

当時、ほとんどの消費者金融では旧出資法の金利の上限である29.2%を貸付金利として設定しており、利息制限法の上限金利を大きく上回っていました。
そもそも利息制限法と出資法の上限金利に差があること自体がおかしな話なのですが、当時は利息制限法を違反しても罰則がなかったため、ほとんどの消費者金融が29.2%で金利を設定していたというわけです。

ただし出資法を違反した場合は罰則があったため、29.2%を超える金利で設定することはなかったのです。
2006年に貸金業法が改正され、出資法の上限金利も20%と利息制限法と並んだことで、グレーゾーン金利が発生することがなくなりました。

では、銀行のカードローンで過払い金が発生することはあるのでしょうか。
銀行のカードローンの金利は昔からそれほど高く設定されていることはなく、20%に満たない金利となっていますので、過払い金が発生することはありません。
過払い金が発生するのは、20%以上の利息を回収された場合ですので、元々金利の低いローンでは過払い金が発生することはないのです。

銀行から融資の返済が長期に及ぶ場合

銀行から融資の返済が長期に及ぶ場合

銀行から融資を受けて数年間に渡って返済をし続けても、なかなか完済できない場合があります。
「こんなに長く返済しているんだから、過払い金があるはずだ!」と思われる方がいらっしゃるようですが、返済期間が長ければ過払い金が発生するというわけではありません。

例えば、金利15%で30万円の融資を受けている場合、30日間で利息は3,698円です。
5,000円の返済を行っても、元本の返済として入金されるのは1,302円ですので、残債は298,698円です。

つまり毎月5,000円ずつ返済を行った場合、借金の元本に入金される金額が小さいため、なかなか借金が減らないのは当然のことなのです。
ただし金利は15%ですので、利息制限法を違反することのない正当な金利だと言えますし、過払い金が発生していることは考えられません。

借金の返済は、入金した金額に対して利息が優先的に支払われるため、[返済金額-支払利息=元本返済]となります。
返済が長期に及ぶということは、それだけ元本への入金が少ないということです。
できるだけ大きな金額で返済をして短期間で完済をした方が、総支払金額は小さくなるということですね。

過払い金返済請求は住宅ローンの審査に影響するのか

過払い金返済請求は住宅ローンの審査に影響するのか

過払い金返済請求をすると「ブラックリストに載る!」と思っている方がいるようですが、過払い金は自分が払い過ぎた利息を取り戻すだけですから、ブラックリストに登録されることはありません。
ブラックリストとは信用情報機関のことを指しますが、信用情報機関では金融事故情報だけでなく通常の借金に関する個人情報も管理されています。
普通に借り入れをしてきちんと返済を行い、滞納や債務整理をしたことがない方の情報も、借金がある方の情報は信用情報機関で管理されているのです。

過払い金返還請求を行っても事故情報にはなりませんので、住宅ローンの審査に影響することはありません。
ただし銀行の系列会社の消費者金融に過払い金返還請求を行った場合は、全く影響しないとは言えないところがあります。
と言うのも、消費者金融にとって過払い金を返還するということは、できればしたくない業務です。
既に利益として計上している利息に関して、今になって払い戻しをしなければいけないということは、消費者金融にとっては赤字覚悟の業務なのです。

実際に過払い金の返還が原因で倒産している消費者金融は中小では数多くありましたし、大手でも『武富士』の倒産は知られていますね。
ですから「過払い金返還請求を行った債務者との取り引きは二度と行わない」という消費者金融は多く、その影響で系列の銀行や信販会社の審査に通らない場合があります。

また、過払い金返還請求は完済した借金で行うのが一般的ですが、返済中の借金で過払い金返還請求をする場合もあります。
返済中の過払い金返還請求は、債務整理を意味しています。
つまり返済できない借金を債務整理する際に、過払い金が発生していれば残債を相殺することができるため、債務整理の前に過払い金調査をした上で返還請求を行うということです。

その場合は信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として登録されますので、住宅ローンの審査には通らないでしょう。
ただし過払い金で残債で完済することができれば、事故情報にはなりませんので住宅ローンに影響することはありません。

クレジットカードのキャッシングで過払い金は発生するのか

クレジットカードのキャッシングで過払い金は発生するのか

クレジットカードのキャッシングでも金利が20%を超えていた場合は、過払い金が発生していることは有り得ます。
ただし昔は、クレジットカードのキャッシングと言えば翌月一括払いとなっており、長期に渡って返済を行うような借り方ではありませんでした。

クレジットカードのショッピング機能では『〇回払い』や『ボーナス併用払い』『翌月一括払い』『ボーナス一括払い』などがありましたが、キャッシングでは返済方法の選択肢はなかったのです。
ですからクレジットカードのキャッシングで過払い金が発生しているケースは、期間に限りがあるでしょう。

ただしショッピング機能は“貸し付け”ではなく“立て替え”となりますので、利息ではなく手数料が付加されるため過払い金の対象にはなりません。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP