債務整理をすると自動車ローンはどうなるの?

債務整理をすると自動車ローンはどうなるの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

債務整理は借金の返済が困難な人のための制度です

債務整理は借金の返済が困難な人のための制度です

最近は、『債務整理』という言葉も一般の方に浸透しているのではないでしょうか。
債務整理は借金の返済が困難になった人のための、国が定めた救済措置です。

任意整理・・・借金の利息をカットする
個人再生・・・借金のが元本が減額される
自己破産・・・借金が全額免責される

簡単に言うと上記のような措置を受けられます。

さらに、任意整理は債権者を選択することができるため、全ての借金を整理できない場合に利用すると良いですね。
保証人を立てた借金や自動車ローンなどは対象外にすることで、保証人に迷惑をかけたり自動車を回収されることが回避することができます。

また、個人再生では住宅ローン特別条項が適用されれば返済中の住宅ローンを対象外にすることができ、家を回収されることを免れることができます。
任意整理も個人再生も、認可後の残債を3~5年間で返済しなければいけません。

自己破産をすると全ての借金が免責されますので、借金の返済はする必要がなくなります。
ただし、20万円を超える価値のある財産と99万円を超える現金は全て回収され、債権者に配当されます。

個人再生をするとローン返済中の自動車はどうなるの?

個人再生をするとローン返済中の自動車はどうなるの?

個人再生をした場合、住宅ローンに関しては特別条項が適用されれば住宅を手放す必要はありません。
ただし住宅ローンはそれまで通りに返済し続けることになります。
では、返済中の自動車ローンがある場合、個人再生をしても自動車を回収されない方法はあるのでしょうか。

これは、ローンの種類が大きく関係してきます。
ディーラーローンを利用している場合、自動車は担保となっていますので、自動車の名義はローンが完済するまで販売店名義となります。
ですからもしも個人再生をした場合は、ローンが残っていれば自動車は回収されてしまいます。
自動車が回収されることで自動車の査定額分だけがローンから差し引かれ、その残債は借金として残り個人再生の対象となります。
ただし、査定額で残債を相殺することができれば、返済の必要はなくなります。

では、銀行の自動車ローンはどうでしょう。
銀行の自動車ローンは無担保ローンですので、ローンの契約をしても名義は本人名義となります。
ですからもしも個人再生をした場合でも、自動車が回収されることはありません。
ローンの残債が個人再生の対象となり、銀行が合意すれば元本が減額されて3~5年間で返済することになります。

自己破産をするとローン返済中の自動車はどうなるの?

自己破産をするとローン返済中の自動車はどうなるの?

自己破産をした場合、基本的に20万円を超える価値のある財産と99万円の現金は全て回収されてしまいますので、自動車は回収の対象となるでしょう。
ただし、10年以上前の年式の自動車の場合は、価値がないと見なされて回収されない場合があります。

では、自動車ローンが残っている場合は、どうなるのでしょうか。
自動車ローンが残っている場合は、ディーラーローンでは信販会社が回収します。
銀行の自動車ローンの場合は銀行が回収することはありませんが、財産として裁判所が回収することになるでしょう。

いずれにしても古い年式の自動車でなければ、手元に残すことは難しいでしょう。
ただし、仕事で自動車が必要な場合など、どうしても自動車がなければ生活に不便があると認められれば、手元に残すことを認められる場合があります。

保証人がいる場合はどうなるの?

保証人がいる場合はどうなるの?

自動車ローンの契約に際して保証人を立てた場合、債務整理をするとローンの残債はどうなるのでしょうか。
保証人は債権者との契約になります。

「債務者が返済できない状況になった場合、代わりに返済をします」という内容の契約をするのが“保証人”です。
ですから自動車ローンの契約者が債務整理をした場合、債権者は保証人に返済を請求します。

実はこの請求には、何の前触れもありません。
ある日突然、債権者から封書で請求書が送られてくるのです。
ですから債務者本人から何も聞かされていなければ、保証人にとってはまさに青天の霹靂でしょう。

個人再生をした場合は減額された部分が保証人に請求され、自己破産の場合は残債が全額請求されます。
保証人をお願いするときは頭を下げて、債務整理をするときは知らんふりでは筋が通りません。

保証人がいる場合は、必ず前以て報告をしましょう。
尚、保証人は代わりに返済を行ったとしても、債務者に対して請求をする権利があります。

自動車ローンを完済している場合

自動車ローンを完済している場合

自動車ローンを完済した後に債務整理をした場合、個人再生では自動車を回収されることはありません。
個人再生は財産を保有したまま借金を整理することができる債務整理ですので、ローンの残債がなければ自動車はそのまま所有することが可能です。

しかし自己破産の場合、年式が古い自動車でもない限りは財産として換算され、裁判所に回収されてしまうでしょう。
回収された財産は全て換価処分され、債権者に配当されます。
借金の返済がされなかった債権者にとっては、せめてもの配当となるわけです。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP