借金を延滞するとどうなるの?

借金を延滞するとどうなるの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

5年間の延滞で時効って本当?

5年間の延滞で時効って本当?

借金に時効があることはご存知でしょうか?
実は、借金は5年間1度も支払わず、その間債権者からも請求がなかった場合、「消滅時効の援用をします」と債権者に伝えることで時効を成立させることができます。

ただし、5年の間に1度でも、例え少額であっても返済してしまった場合や、債権者からの請求があった場合には、時効にはなりません。
また、5年間双方の動きが一切なかったとしても、「消滅時効の援用をします」と債務者が債権者に伝えなければ、やはり時効にはならないのです。

一般的には、書面に「消滅時効の援用をします」という内容を記載し、内容証明郵便で債権者に送付するのが確実だと考えられますね。
しかし実際に時効が成立することは、ほぼないでしょう。

あるとすれば、債務者に多額な過払い金があって、むしろ債権者側が時効にしたいと考えるケースでしょうか。
債権者に得がなければ、時効など成立させるわけがないのです。

どこへ逃げたとしても、本人不在のまま裁判所へ申し立てをすることもできますので、時効を狙って返済を延滞しても遅延損害金を余計に支払わなければいけなくなるだけでしょう。

借金の延滞でブラックリストに載るの?

借金の延滞でブラックリストに載るの?

実際には“ブラックリスト”というものは存在しませんが、いわゆる“ブラックリスト”と呼ばれているものが『信用情報機関』への登録です。
信用情報機関は借金に関する全ての情報を管理する機関で、加盟する金融機関や貸金業者が情報を共有し合うところです。

氏名、住所、電話番号、勤務先、勤続年数、借入件数、借入先の企業名、借入金額、借入総額、返済状況、延滞や債務整理、強制解約などの事故情報。
これらの情報は、お金の借り入れをした業者が登録します。

例えば、返済が行われれば返済したことを、新たに借り入れをすれば借入したことを、返済が滞納すれば滞納したことを、漏らすことなく情報を登録します。
ですから、きちんと返済している人は、『きちんと返済していること』がこの信用情報機関の情報で知ることができるのです。

上記でも少し触れましたが、返済に延滞があると事故情報として信用情報機関に登録されます。
だからと言って、1日遅れただけで登録されるわけではありません。
3ヶ月返済が遅れた場合、登録されてしまいます。
延滞の登録は、返済してから1年間は消えることがありません。

返済が延滞したときの言い訳

返済が延滞したときの言い訳

返済日に入金されなかった場合、その翌日には女性スタッフから電話がかかってくるでしょう。
その際、必ず聞かれるのが「いつ入金できますか?」という入金の具体的な日にちと、「どうして入金できなかったのですか?」という理由です。
多くの方は正当な理由を言おうとして、言い訳を並べてしまうでしょう。

実際には、入金するお金がなかった、遊びに行ってて忘れた、寝てた、面倒だったので明日にしようと思った、など、絶対に言えない理由があったりするものです。
しかし聞かれた質問に対しては「急な出張で・・・」や「熱があって寝てました」など、さも止む終えない理由のように言い訳をしがちです。

ところが、1回や2回ならその言い訳にも騙されてくれるでしょうが、回数が重なればそうもいきません。
言い訳をすればするほど貸金業者の担当者の気持ちを逆撫ですることになりますし、心証も悪くなってしまいます。
そうなると、仮に債務整理をすることになった場合、心証の悪さから和解に応じてもらえないこともあります。

下手な言い訳などせずに可能な限り正直に状況を説明し、誠意を以て対応することが大切です。

どうしても返済が困難な場合には、返済の延滞をしていても遅延損害金が発生するだけで問題の解決にはなりません。
債務整理を視野に入れて、専門家に相談をしましょう。

延滞中の借り入れ

延滞中の借り入れ

返済の延滞をしている場合、数日程度であれば問題なく借入をすることができるでしょう。
しかし丸1ヶ月延滞が続いた場合、その会社での借り入れはストップします。

さらに延滞が3ヶ月間継続して信用情報機関に“遅延”として事故情報が登録されると、他社での借り入れもできなくなってしまいます。

上記にもありますように、信用情報機関の情報は加盟している金融機関や貸金業者が共有している情報です。
ですから遅延の登録があれば、他社でも貸し付けは行わないという判断をすることができるのです。
契約通りの返済ができない人に対しては、「信用してお金の貸し付けをすることはできない」ということです。

なるべく早めに返済するか、弁護士に相談するなどして措置を執らなければ、債権者が裁判所に申し立てをすることになりますので、裁判所からの督促状が届くことになりますよ。

借金の返済で最も良くないのが、この〝放置〟です。
放置をしても何の解決にもならない上に、心証を非常に悪くします。
さらには遅延損害金も毎日増えていくことになります。

まずは、きちんとした対応をするようにしましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP