借金一本化のメリット・デメリットは?

借金一本化のメリット・デメリットは?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

おまとめローンのメリットデメリット

おまとめローンのメリットデメリット

借金の一本化とは『おまとめローン』のことで、『借り換え』とも言われます。

簡単に言うと、複数の金融機関や貸金業者からお金の借り入れをしたものを一社にまとめることを指し、多重債務で返済が困難になっている方にお勧めできる方法です。

数社からの借り入れがあることで借金の全容を把握しにくくなり、返済計画が狂ってしまう場合もあるでしょう。
また、借入件数が4社あれば返済期日も月に4回あり、それぞれに返済利息が付加されます。

1ヶ月に返済する金額が大きくなると返済はどんどん困難になりますし、場合によっては利息の支払いしかできないこともあるでしょう。
そうなると借金を減らすことがなかなか難しくなり、負担する利息が大きく圧し掛かって、さらに返済が困難になってしまいます。

そのような場合に『おまとめローン』で借金を一本化すれば、借金がシンプルになり返済しやすくなることが考えられます。
ただし、おまとめローンにもメリットデメリットがありますので、それぞれについて考えてみましょう。

おまとめローンのメリット

・返済期日が月に1回になる
複数の借り入れがあると月に何度も返済日があり、毎月返済日に追われることになりがちです。
返済日を忘れて遅れれば遅延損害金を請求されますし、返済が困難になるとA社の返済のためにB社から借り入れをして自転車操業が始まるケースも少なくありません。
借金を一本化し返済日が月に1度になることで、返済に追われることも忘れることも亡くなることが期待できます。

・低金利になる
おまとめローンは金額の大きな貸し付けとなるため、一般的に金利は低めに設定されています。
ですから、これまでよりも低金利で返済が楽になることが期待できます。
ただし、きちんと調べて、現在の方が金利が低い借り入れがある場合には、おまとめローンに含めない方が良いでしょう。

おまとめローンのデメリット

・借金そのものは減らない
借金を一本化したからと言って、借金そのものが減るわけではありません。
ですから場合によっては、一本化したことで期待したほど返済が楽になったと実感できない場合もあるかもしれません。
多重債務で返済が困難な場合は、借金の一本化のほかに債務整理を検討する必要があり、どちらを選択するかをよく検討しなければいけませんね。

・借金の元本の総額が増える
借金を一本化する際、これまで契約していた金融機関や貸金業者からの借り入れは、おまとめローンで借りたお金で完済します。
当然ですが完済する際には利息も支払うため、必然的におまとめローンにした方が借金の総額は多くなります。

・総支払額が増える
また、借金を一本化することで金利は低くなっても支払期間が長期化するため、完済したときの支払総額は多くなることが考えられます。
ただし、毎月の返済額は小さくなるので、確実に返済することは可能です。

審査が甘いって本当?

審査が甘いって本当?

借金には審査が付き物ですが、借金の一本化をする際にも当然審査はあります。

それまで抱えていた借金を1本にまとめるだけですから、「審査は甘い」ということが実しやかに都市伝説のように囁かれていますが、実はそんなことはありません。
それまで抱えていた借金は一本化される上に金利が低く設定され、それだけ月々の返済は楽になるわけです。
さらに、数社の借金を一社がまとめて請け負うわけですから、リスクも大きくなることが想定されます。

また、多重債務となった背景には、借金に対して無計画である部分があることが考えられます。
ですから情報を照会し、それまでの他社の返済状況や借入総額、借入件数など審査を厳しくして、確実に返済できる人物であることを確認しなければ審査に通ることはないでしょう。

借金の一本化はどこに相談する?

借金の一本化はどこに相談する?

多重債務で返済が困難になった場合、借金を一本化するか債務整理をするかで悩む場合も多いでしょう。
そのような場合、どちらを選択するかどこかに相談をしたいと考えるでしょう。

しかし例えば、弁護士や司法書士に相談をした場合、よほど明確に「債務整理をする必要がない!」と断言できるケースでもなければ、債務整理を勧められる可能性があります。
実質的には借金の減額ができるわけですから、確かに債務整理は優れた制度です。

しかし債務整理をすると、信用情報機関に一定期間事故情報が登録されますし、その一定期間はローンやクレジットカードの利用は一切できません。
法的措置ですし、弁護士に依頼をして手続きを行うため、費用もそれなりに発生します。

その点、借金を一本化することに費用はかかりませんし、信用情報機関に登録されることもありません。
もちろんクレジットカードの利用も可能ですし、住宅ローンや教育ローンなども審査に通れば利用は可能です。

ですから、どちらにするべきか悩んだら、まずは銀行で借金の一本化について相談してみましょう。
ご自身が納得できる内容であれば審査を依頼し、審査に通れば問題ありませんね。

もし万が一審査に通らなかった場合は、今度は大手貸金業者で借金の一本化について相談してみましょう。
それでも審査に通らなかった場合には、また一から考えれば良いのです。

債務整理をするも良し、或いはそのまま頑張って借金を返済していくも良し。
選択肢はいくつかありますので、一度で決める必要はありません。

もしも弁護士に相談する場合には

もしも弁護士に相談する場合には

もしも弁護士に相談する場合には、必ず『借金問題専門』や『債務整理専門』のところを探して下さい。

弁護士は、どの弁護士でも依頼をすれば請け負ってくれるかもしれません。
しかし弁護士には得意分野や専門分野があり、専門外の案件に関しては期待できる結果を出すことができない場合もあります。

ですからまずはホームページを見て、『借金問題専門』や『債務整理専門』などの文言があること、過去の実績に借金問題や債務整理が多いことなどを確認して、電話で問い合わせましょう。
弁護士事務所では、初回無料相談をやっているところが多いので、電話で確認をして相談日の予約をしてください。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP