家族には内緒!借金返済をバレずにする方法

家族には内緒!借金返済をバレずにする方法

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

銀行のカードローンの場合

mo1783-m

銀行のカードローンは、限度額内で自由な借り入れと月に一度の返済を繰り返すことができるため、非常に手軽に利用することができます。

契約には銀行の通帳を作ることが必要で、身分証明と印鑑を用意しなければいけません。
契約は家族に内緒で行うことが可能です。難しいことではありません。

職場への在籍確認をするように自宅に在宅確認をする場合もありますが、電話を掛ける際には個人名で名乗りますので家族に銀行だとバレることはないでしょう。

借金返済は毎月通帳から引き落としになる場合と、それ以外にカードで入金できる場合がありますので、通帳を見られる機会があるとバレる可能性があります。
カードローンはリボ払いの場合が多いため、毎月定額の返済でOK!となっていますが、なかなか完済できずに長引いてしまうのがリスクとなります。

また、残高不足で引き落としができなかった場合には電話がかかってきますが、連絡先を携帯電話にしておけば問題はないでしょう。
ただし、銀行の場合は利用や返済を知らせるハガキが届くケースがありますので、確認をして発送先を職場にするなど、自宅に届かないようにした方が良いですね。

消費者金融の場合

mo1784-m

消費者金融の場合、やはり設けられた限度額内で自由な借り入れと月に一度の返済を繰り返し行うことができるため、手軽に利用することができます。

契約はインターネットや電話で行うことができ、『来店不要』というケースが多くなっているため、人に見られる心配がありません。

審査に通って契約が成立すれば銀行口座にお金が振り込まれ、後日カードが送付されてきます。
このカードの受け取りが問題です。

職場に送付できる場合には、その方がバレるリスクは少ないでしょう。
しかし自宅に送られてきたとしても茶封筒に個人名で送られるため、よほど勘のいい家族がいない限り、簡単にバレることはないでしょう。

ただし、過去にお金を借りて家族に心配をかけたことがある場合は、家族の勘が働きやすくなっていますので、“茶封筒に個人名”でもバレてしまうこともあります。

消費者金融では、ほとんどの場合で在籍確認と在宅確認の両方を取ります。
やはり、友達や知人、セールスなどを装って、個人名で電話を掛けますのでバレることはほとんどありません。

返済が遅れた場合には電話がかかってきますが、連絡先を携帯電話にしておけば問題はないでしょう。
ただし、滞納が長く続いた場合には自宅に督促状が届きますので、気を付けなければいけません。

債権者からの電話連絡

mo1785-m

家族に内緒で借金をしている方は、バレる不安の第一位として『債権者からの電話』を挙げるのではないでしょうか。
しかし実際には債権者からの電話連絡は、銀行も消費者金融も申し込み時の在宅確認以降、返済の滞納がなければかかってくることはありません。

また、電話連絡先を携帯電話にしておけば、多少のことでは自宅に電話がかかってくることはないでしょう。
ただし、返済が滞納して、さらに携帯電話で連絡がとれないとなると、自宅にかかってくることになりますので注意が必要です。

返済できずに債務整理をすることになったら

mo1786-m

家族に内緒にしていた借金が返済できない状況になった場合、家族に相談するのは難しいでしょう。
できれば家族に内緒のまま、何とか解決したいと考えるかもしれませんね。

こういった場合、一番してはいけないことは『借金返済のために別の借金をしてお金を作る』ということです。

『借金返済のためのお金』を『借金をして作る』ということは、自転車操業の始まりです。
どんなに家族にバレたくないと考えた場合でも、してはいけません。

実際には利息の支払いのために借金が雪だるま式に増えているにも関わらず、返済期日に間に合って入金できていることで不安だけは解消されてしまいます。
解決できているような錯覚の中で、借金だけが着々と増えてしまうのです。

数社からの借り入れの中でお金を回し、返済できている錯覚に陥いると、結果的に全ての借金が限度額いっぱいの利用となってしまう恐れがあります。
さらに新たな業者から借り入れしようとしても、多重債務が原因で審査に通らず、それ以上の借金ができない状態になってしまうでしょう。
そうなると家族に相談をするか、債務整理をする以外に方法はないでしょう。

債務整理を選択した場合、弁護士に相談をして手続きをすることになります。
弁護士からは自宅に書類が郵送されることもありますし、電話がかかってくることもあります。

しかし「家族に内緒で」と前以て弁護士に話しておけば、電話連絡は携帯電話へ、郵送する書類は事務所に取りに行くなどの配慮をしてもらうことができるかもしれません。
こればっかりは弁護士の方針や考え方次第ですので、よく相談しなければいけませんね。

ただし、手続き中はバレなかったとしても、その後の住宅ローンや自動車ローンの審査に通らずに、家族に不審に思われることはあるかもしれません。

債務整理をすることを家族に内緒にするということは、借金返済を内緒で行うことより難しいでしょう。
依頼した弁護士にも面倒をかけることになりますので、可能であれば、家族には本当のことを話して協力を得ることができれば、その方が良いですね。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP