リボ払いのメリット・デメリットは?

リボ払いのメリット・デメリットは?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

クレジットカードのリボ払い

クレジットカードのリボ払い

クレジットカードと言えば、“一括払い”“分割払い”“ボーナス払い”などが支払方法の主流でしたが、最近では“リボ払い”が増えています。

クレジットカードを利用すると、買い物をする際に代金の立て替えをしてもらうことができます。
一旦、クレジットカードで立て替えをして、ゆっくり返済をする。
これがクレジットカードの醍醐味です。

リボ払いのメリット

クレジットカードの支払方法をリボ払いにした場合、高級バッグや豪華な食事などの支払いを月々一定額で返済することができます。
また何度か重ねて買い物をして利用額が大きくなったとしても、返済は一定額でOKなので買い物が家計の負担になりません。

リボ払いのデメリット

ただし、限度額内で利用と返済を繰り返すことができるため、利用額の残高が把握しにくく、使い過ぎが懸念されます。
またリボ払いは利用手数料が大きく膨らみやすいため、最終的には「総支払額の半分近くが手数料だった」ということにもなり兼ねません。

キャッシングもリボ払い

キャッシングもリボ払い

クレジットカードのキャッシングと言えば、以前は利用した翌月に一括返済されるのが通常でした。
利用日数分の利息は付きますが、1度で返済するため利息が膨らむこともありません。

しかし最近は、クレジットカードのショッピングの利用がリボ払いになっていることが多く、その場合は自動的にキャッシングもリボ払いになることが多いようです。
ですからクレジットカードのキャッシングを、カードローンのように利用する人も増えています。
クレジットカード一枚でショッピングにもキャッシングにも便利に利用することができます。

しかし、利用には注意が必要です。
クレジットカードの場合、ショッピング枠とキャッシング枠が設けられていますが、両方を利用した場合には両方をきちんと把握する必要があります。

限度額内で利用と返済を自由に繰り返すことができるリボ払いは、現在の利用残高を把握しにくい利用法です。
支払っている利息も分からないまま、ただ毎月の一定額を支払っている場合、元本がいくら残っているのかが把握できない方も多いでしょう。

借金の返済は、入金をすると優先的に利息の支払いが行われるため、リボ払いの場合は元本に返済されるのはその残りということです。
一般的な分割払いの場合には、返済額○○円の元本に対して●●円の利息付く、という計算方法になりますので、あくまでも返済する元本を中心に考えた返済となっています。

しかしリボ払いは、入金額を中心にしてその中で利息を支払い、その残りが元本に入金されるという返済方法です。
利用のしやすさが、借金を繰り返すことに繋がっているということも考えられ、気付いたときには返済ができない!という状況になっている方も増えています。
利用には十分気を付けましょう。

リボ払いの繰り上げ返済

リボ払いの繰り上げ返済

毎月一定額の支払いでOK!のリボ払いは、なかなか借り入れ元本が減らない利用方法だと言われています。
しかし、賢い使い方をすれば「利息が大きく膨らんでしまったり」「元本がなかなか減らない」ということも避けられるでしょう。

リボ払いでは“繰り上げ返済”を行うことができます。
毎月一定額の支払いで家計には負担をかけず、ボーナスが支給された月や家計に余裕がある月に繰り上げ返済で元本を一気に減らす返済方法です。

クレジットカードの繰り上げ返済は簡単です。
ATMの『カード返済』を選択し、繰り上げ返済したい金額を入金するだけです。

リボ払いと繰り上げ返済を並行して行うことで、リボ払いのデメリットの部分を解消することが可能となるでしょう。

カード会社の利益を上げるリボ払い

カード会社の利益を上げるリボ払い

多くのカード会社では『リボ払い』を一押ししています。
契約しているカード会社からのメールには、リボ払いに変更することを勧める一文が必ず含まれていませんか。

また、リボ払いへの変更はインターネットでチェックを入れるだけの簡単手続きとなっているのに、リボ払いから一括払いや分割払いに変更する手続きは少し面倒になっていることが多いのも事実です。
つまりそれだけカード会社では、『リボ払い』を推奨しているということです。

カード会社で『リボ払い』を一押しするのは、一見、「手軽で便利なリボ払い」を利用者のためにお勧めしているように映ります。
しかし実際には、リボ払いに変更することで支払利息は確実に多くなり、実は利用者にとっては負担が大きくなってあまり嬉しくない結果となります。
また、残高が把握しにくくなることで、「つい使い過ぎてしまう」ということが実際に起こっています。

カード会社にとって、利用者が支払う利息は会社の『利益』です。
つまり、ほかの支払い方法よりもトータルで利息を多く回収することができるリボ払いは、カード会社にとってはドル箱なのです。

『リボ払い』を一押しするカード会社は、一見、手軽さや使いやすさを利用者に勧めているようですが、自社の利益を追求するためだと言っても良いでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP