主婦が借金地獄に陥らないために意識しておくべきことは?

主婦が借金地獄に陥らないために意識しておくべきことは?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

主婦の借金の理由

mo1953-m

現在、貸金業法の総量規制により、“年収の1/3を超える貸し付けをしてはいけない”という決まりがあります。
ですから収入がない専業主婦の場合は、消費者金融などの貸金業者からの借り入れはできません。
ただし、夫の同意を得られる場合のみ、(夫の借金と合わせて)夫の年収の1/3までの金額を借り入れすることができます。

しかし夫に内緒で借り入れをしたい場合には、銀行からの借り入れであれば総量規制の対象外となりますので、利用が可能です。
また、仕事を持つ兼業主婦の場合は、消費者金融などの貸金業者からの借り入れであっても、自分の収入の1/3まで借り入れをすることが可能です。

では、主婦の借金の理由はどんなことがあるのでしょうか。
実は、借金の理由で最も多いのは、『生活費の補てん』となっています。
・生活費が足りないことを夫に言えない
・夫のボーナスがカットされて、住宅ローンのボーナス払いが支払えなかった
など、多くの方が夫に隠れて生活費の補てんをしているようです。

また、次に多い理由として、『エステの費用』『洋服やバッグなどショッピング』『自分の習い事』など、自分にかかる費用となっています。
さらに『ギャンブルがやめられない』や『ホストクラブ通い』など。
次いで、『子どもへの仕送り』『子どもの習い事』など、子どもにかかる費用を借り入れしているケースとなっています。

借金の返済方法

mo702-m

主婦の借金の場合、兼業主婦であれば自分の収入で借金の返済をすることが可能です。
しかし専業主婦の場合は、夫の収入で返済することになるでしょう。

また、元々兼業主夫だった方が妊娠をして、産休に入ることで収入がなくなり、返済に窮するということはよくあることのようです。
多くの方が家族には内緒で借金をしているため、返済するためのお金の捻出も『隠れてコッソリ』ということが多いようです。

中には借金の返済ができずにさらに借金を重ねる場合もあり、借金を借金で返済する自転車操業になっている方もいるでしょう。
自転車操業は“借金地獄”の始まりです。
借金には必ず利息が付きますので、返済するために借金をすると利息の分も借り入れしなければいけません。

つまり、支払利息の分だけ、雪だるま式に借金が増えるということです。
さらに、返済のために借り入れをした借金も、当然ですが返済しなければいけません。

そしていずれは自分が持っている借り入れ先が全て限度額いっぱいの借り入れとなり、新たな借り入れの審査に通らなくなって、お金が回らなくなってしまうのです。
これが自転車操業の結末です。

借金をしなければ返済できない状況になったら、債務整理を検討する必要があるでしょう。
ご主人に内緒にしている場合には、相談することも考えた方が良いですね。

パチンコが辞められない場合

mo1951-m

主婦の中にも『パチンコが辞められない』という方は少なくありません。
パチンコが辞められず、パチンコの資金を調達するために借金をしている場合には、既にパチンコ依存症であることが考えられます。

その場合は、自力で辞めることは非常に困難でしょう。
精神科や心療内科を受診して、カウンセリングを受ける必要があります。

パチンコは非常に依存性の高い遊技機ですので、ほかのギャンブルに比べて簡単に依存症になってしまう傾向があります。
光や音が脳を刺激し、さらに報酬を得られることと得られないことがある仕組みが『部分強化』となって、依存症になりやすいと言われています。

パチンコが辞められない=借金が辞められない となっている場合は、すぐにでも心療内科に行きましょう。
しかし病院に行く決心が付かない場合には、親御さんやご主人、或いは『ギャンブル依存症相談窓口』など、どなたかに相談をしましょう。

パチンコ依存症は、ご自身が「辞めたい」「抜け出したい」と思うようになると、非常に辛い状況に陥ります。
自力では辞めることは困難ですので、常に葛藤した状態が続き、自律神経失調症や鬱病を併発する場合もあります。

「辞めたいのに辞められない」「借金してまでやってしまう」そんな状況になったら、一人で悩まずに相談しましょう。

家族に内緒の借金

mo1952-m

家族に言えない借金をしていても、返済が可能であれば大きな問題はないでしょう。
しかし借金の返済が困難な場合には、ご主人などご家族の方に相談をすることをお勧めします。

借金の返済が困難な状況は、黙っていても状況が改善することはありません。
ご自身が仕事を始めたり増やしたりすることができれば、新たな収入を得て返済が楽になることが期待できます。
しかし仕事を始めたり増やしたりできない場合には、取り返しがつかない状況になる前に、まずご主人やご家族に相談しましょう。

返済できない借金を、債権者が諦めることはありません。
返済の滞納が続けば、いずれ裁判所から督促状が届きます。

そうなった場合、家族に内緒にし続けることはほぼ無理です。
最悪の場合、借金を背負ったまま離婚されてしまうことも有り得ます。
もしも借金の返済ができない!という状況になったら、早めにご主人やご家族の方に相談をしましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP