奨学金の保証人について知っておきたいこと

奨学金の保証人について知っておきたいこと

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

兄弟でも保証人・連帯保証人になれるのか

兄弟でも保証人・連帯保証人になれるのか

奨学金の利用には、連帯保証人と保証人が一人ずついなければいけません。

奨学金の連帯保証人は、利用する奨学生が未成年の場合は基本的には親権者でなければいけません。
親権者がいない場合には、未成年後見者ということになります。

また、成人した方が奨学生の場合も、やはり基本的には両親のいずれかでなければいけません。
しかし両親がいない場合には、兄弟・姉妹・おじ・おばなど4親等以内の親族であればOKです。

保証人の場合、両親以外の4親等以内の親族であればOKです。
ですから兄弟・姉妹・おじ・おばであれば保証人になることができます。

連帯保証人・保証人に年齢制限はあるのか

連帯保証人・保証人に年齢制限はあるのか

奨学金の連帯保証人・保証人には年齢制限があります。
貸与終了時に奨学生が満45歳を超える場合、連帯保証人・保証人はその時点で60歳未満でなければいけません。

ただし、保証人を頼める親族がいない場合は、特例として『4親等以内の成人親族者』でない人、『65歳』以上の人でも認められる場合があります。
奨学生及び連帯保証人と生計が別である方で、下記の条件を満たしていれば認められるでしょう。

・返還誓約書を提出する時に印鑑登録証明書が必要。

・返還を確実に保証できる人であることを証明できる書類。(下記の①~③のいずれかの書類を添付)

 ①源泉徴収票・確定申告書(控)・所得証明書・年金振込通知書等
  [給与所得者] = 年間収入≧320万円(年金も含む)
  [給与所得者以外] = 年間所得≧ 220 万円

 ②預貯金残高証明書・固定資産評価証明書など
  預金残高+評価額≧貸与予定総額
 
 ③ ①②の組み合わせ
  預金残高+評価額/16年+年間収入≧320万円(所得の場合は220万円)

上記の①~③のいずれかの書類を添付し、審査に通れば特例が認められます。

連帯保証人・保証人は無職でもなれるのか

連帯保証人・保証人は無職でもなれるのか

上記でも述べましたが、奨学金の連帯保証人は両親のいずれか、保証人は4親等以内の親族とされています。
ただし、未成年や保証能力が無い方はなることができません。

仮に収入が少ない場合でも、保証できると認められれば問題はないでしょう。
また、場合によっては、無職であっても資産が多く、保証能力があると認められた場合は連帯保証人・保証人になることができるでしょう。

連帯保証人は、奨学生が返済できなくなった場合に代わって返済する必要があります。
また、万が一、奨学生も連帯保証人も返済できないとなった場合は、保証人に返済の請求が回っていきます。
ですから、連帯保証人にも保証人にも保証できる能力が必要なのです。

しかし中には『両親が無職』『頼める親族はいない』という方もいるでしょう。
そのような場合は、親族の代わりに費用を支払って保証機関に連帯保証をお願いすることができます。
保証人を頼まなくても奨学金を借りることはできますが、保証料を支払わなければいけません。

奨学金の返済ができない場合

奨学金の返済ができない場合

奨学金の連帯保証人や保証人になる人には、上記のような条件があります。
基本的には「連帯保証人も保証人も形だけでいい」ということはなく、奨学生が返済できなくなった場合に代わりに返済できる人でなければいけません。

奨学生は卒業後に就職をして、半年後には返済が始まります。
就職後の給料を想定できない時点で申し込み手続きをする奨学金ですから、思っていた以上に返済が大変な場合もあるでしょう。
また、思うような就職ができなかった場合や、就職先が思わぬブラック企業で退職してしまった場合なども有り得ることです。

そのような場合でも奨学金の返済を継続することができれば問題はありませんが、返済できない状況に陥ってしまう場合もあります。
一時的に返済ができない場合は、日本学生支援機構など奨学金の借り入れをしているところに連絡をして、一時的に返済を待ってもらうことや返済期間を延ばして返済額を減額することも可能です。
しかしどうしても返済ができず自己破産をした場合、奨学生は奨学金の返済を免責されますので、返済は丸々連帯保証人に請求されます。

連帯保証人は“両親のいずれか”“未成年後見者”“4親等以内の親族”ですので、自己破産をする際には必ず相談をしてください。
非常に増えているケースとして、奨学生の自己破産と同時に、連帯保証人である親御さんも自己破産をするというケースがあります。
その場合、奨学金の返済は保証人に丸々請求されます。
(*連帯保証人や保証人に請求が行く場合、一括返済という形の督促になりますが、裁判所へ申し立てをして分割払いにすることが可能です。)

奨学金の申し込みをするときは、「進学したい」という思いや「大丈夫、返済できる」という気持ちで申し込みをするでしょう。
しかしほとんどの方は高校生や大学生などの学生の時点で申し込みをするため、就職後の経済状況に関して具体的に想像することが難しいでしょう。

卒業後、就職をして返済が始まってみて奨学金の返済が負担になっている場合は、早めに親御さんや奨学金の借り入れをしているところに相談をしましょう。
返済を楽にする方法はいくつかありますし、そういった制度を利用している人も少なくありません。
返済が負担になっている場合には、早めに相談するようにしましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP