住宅ローンが払えない・・・現実に起こる借金地獄

住宅ローンが払えない・・・現実に起こる借金地獄

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

返済できない理由

返済できない理由

マイホームを夢見て、いよいよ現実になったとき、同時に住宅ローンの返済が肩の圧し掛かります。

多くの方はしっかりと返済計画を立て、「これなら大丈夫!」というところで住宅ローンを組みます。
その時点では、まさか住宅ローンを払えなくなるなんて思ってもいないでしょうし、そんな話しは他人事だと思っているのではないでしょうか。

しかし実際に、払えない状況になることはあるのです。
近年、住宅ローンの返済ができない方の増加が社会問題にもなっていますね。

住宅ローンを返済できない理由

①家計に見合わない無理のある返済金額だった。
②収入の減額。(減給やボーナスカット、リストラなど)
③期待していた昇給がなかった。
④病気やケガで仕事ができなくなった。
⑤子どもの教育費が増額。

本来、このような状況になった場合は、まず第一に住宅ローンを利用している銀行に相談に行くべきですが、相談もせず、督促を受ける形で銀行から連絡が来たという方が多いようです。

住宅ローンを滞納するとどうなる?

住宅ローンを滞納するとどうなる?

住宅ローンは口座引き落としになっている場合がほとんどですので、『返済できない=口座残高不足』ということになります。
当然、銀行からは引き落とし期日の翌日には電話が来るでしょう。
「残高不足で引き落としできませんでした」というお知らせと共に、「〇月〇日に再度引き落としを致しますので、ご入金をお願いします」と言われるでしょう。

しかし指定した期日にも“引き落とし不能”となると、銀行でも滞納されることに警戒します。
返済を滞納すると延滞損害金が付加され、また返済を督促する電話や郵便が続くでしょう。

銀行によって期間は異なりますが、3ヶ月程度滞納されると返済の意思が感じられないとして、保証会社に債権が移行します。
保証会社から銀行に対して、支払われなかった住宅ローンが一括で支払われ、債務者の返済先はローン保証会社となります。
連帯保証人がいる場合には連帯保証人に督促状が送られ、物件の差し押さえが強制執行されます。

「どうしても返済ができない」となると、『任意売却』となります。
物件を売却してローンを返済するということですね。

しかし売却価格で住宅ローンを全額支払えるとは限りません。
ローンが残れば、もちろん完済するまで返済する必要があります。
家を失って、賃貸住宅の家賃を払いながら、さらに住宅ローンの残債を返済するわけですから、非常に苦しい状況でしょう。

しかし売却できれば、まだいいのです。
場合によっては売れないこともありますので、返済に追われる生活は続きます。

物件を競売にかけられたら

物件を競売にかけられたら

住宅ローンの滞納3~6ヶ月が続くと、裁判所から督促状が送られてきます。
これが『期限の利益の喪失通知』となります。

契約を守らなかったことにより、分割払いの権利を無効にされたということです。
債務者は一括返済を求められますが、できない場合には異議申し立てをしなければいけません。

そのまま黙っていると、『一括返済に応じる』という風に捉えられてしまいます。
そして一括返済できなければ、競売の申し立てが行われます。
競売を避けるためには、『任意売却』の手続きを執らなければいけません。

競売が決定すると、裁判所から『競売開始決定通知書』が送られてきます。
滞納から6~8ヶ月程度の時期になるでしょう。

『競売開始決定通知書』は、物件を差し押さえたことを知らせるもので、債務者は勝手に物件を売却したり処分することができなくなります。

ただし、競売にかけても買い手が付かない場合もあります。
そのような場合には価格を下げて競売にかけ直すこともありますが、それでも売れなかった場合には債務者への住宅ローンの請求が続きます。
入札があり落札された場合には通知が届きますが、売却価格で相殺されなかった住宅ローンは、債務者が支払わなければいけません。

最終的には自己破産

最終的には自己破産

上記を読んでいただいてお分かりいただけますように、住宅ローンは完済するまで債務者に支払い義務があります。
任意売却で物件を売っても、競売にかけられて落札されても、住宅ローンに支払えなかった残債がある場合には、債務者に返済義務があります。

家を手放して賃貸住宅に住んでいる場合は、家賃の支払いと住宅ローンの返済を同時進行で行わなければいけません。
任意売却であれば、ある程度の希望価格で売却することができますが、競売にかけられた場合は、非常に安い価格で売却することになります。
つまり、競売にかけた場合は住宅ローンに残る金額が、決して小さいものではない可能性があります。

その場合、背負うローン返済は重く圧し掛かるでしょう。
そのような場合は、自己破産をすることを検討しましょう。

既に家も失った状態であれば、自己破産をすることも怖くはないでしょう。
むしろ、残債から解放され、ほかにローンや借金があればそれらの借入も免責されます。

自己破産をしたからと言って、何も人生が終わるわけではありません。
10年間は信用情報機関に記録が残りますが、ローンやクレジットカードが使えないこと以外は、それまで同様の生活ができます。
「もう限界だ・・」となる前に、ご自身の生活を立て直しましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP