借金をする人の嘘

借金をする人の嘘

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

借金の理由

借金の理由

借金をしている人の嘘は、非常に巧妙なものから単純なものまで様々ですね。

単純なものでは、借金をしていても「借金はしていない!」と言い張り、借金がバレると「すぐに返せる!」と言い切り、どうやって返すのか訊くと「絶対に返す!」と根拠もなく断言する嘘。
こういった言動に周りはイライラさせられます。

そして借金がバレても、今度は借入件数に嘘をつき、借入金額に嘘をつき、使い道も返済計画も全て嘘をつく人もいます。

こうした嘘をつくのは、やはり借金に良いイメージがないためであり、場合によっては疚しい理由があるという場合もあるでしょう。

・返済できない金額の借金がある場合。
・ギャンブルで借金を作った場合。
・浪費癖がある場合。
・浮気をしている場合。

などが考えられますね。

借金があっても正当な理由があり、きちんと返済できる場合には、隠す必要も嘘をつく必要もありません。
例えば、
「旅費の支払いにお金が足りなかったから借入したよ。ボーナスで返済できるから!」

このような場合は借り入れの理由も正当で、きちんと返済できる借金であることから疚しさは一切ありません。
ですからわざわざ言わないまでも、訊かれれば素直に答えられるでしょう。

しかし、『言えない理由』や『返済の当てがない』場合、人に訊かれても嘘で誤魔化さなければいけません。

ギャンブルや浮気が原因の場合

ギャンブルや浮気が原因の場合

ギャンブルで借金をしたり、浮気で借金を作った場合、借金をしていることもその理由も隠さなければいけません。
隠し事がバレないようにするためには嘘が必要になり、嘘を重ねるとほとんどの人は言動に変化が見られます。

特に借金の返済に行き詰っているときは、そわそわと落ち着きがなくなったり、些細なことで怒りっぽくなったりします。
嘘をつくとき、人は右斜め上に視線を泳がせますが、同時に説明が詳細すぎたり、断言するようなものの言い方をするときは要注意です。

ただし、嘘をついていることに気付いても、本人を問い質したところで本当のことを話すわけがありません。
下手に見切り発信をして詰問すると、バレてることを察知して隠すことに必死になるでしょう。
しばらくは様子を見ることです。

彼氏に借金があった場合、結婚はアリ?ナシ?

彼氏に借金があった場合、結婚はアリ?ナシ?

結婚を考えていた彼氏に借金があった場合、借金の理由によってはそのまま結婚をしても問題はないでしょう。
しかし借金の理由がパチンコなどのギャンブルや、浪費癖がある場合には、結婚は辞めた方が良いですね。

借金をしてまでギャンブルをやったり浪費するのは、ほぼ依存症であることは間違いありません。
依存症の場合は、本人の「辞めよう」という意思や、「辞めたい」という願望ではどうすることもできないケースが多くあります。

心療内科や精神科では治療の対象として考えていますし、自力では治せないとも言われています。
さらには治療が終了しても、逆戻りしてしまう場合もあります。

また、借金をしている上に嘘をついていた場合、この場合は結婚は絶対に辞めるべきです。
借金と嘘がセットになっている人は、自分の私利私欲で相手を裏切り、保身のために嘘をつきます。
結婚をしても経済的に苦労をしたり、嘘と偽りで固められた彼と過ごすことにもなり兼ねません。

借金があるということは、今ある借金を完済すれば解決するという問題ではありません。
経済観念や金銭感覚を知ることができますし、借金を何度も繰り返す可能性は否めないのです。

彼氏に借金がある場合は、親御さんにも相談をして、立ち止まってしっかりと考えてみましょう。

旦那さんに借金があった場合、離婚する?しない?

旦那さんに借金があった場合、離婚する?しない?

旦那さんの借金が発覚した場合、何に使ったのか、いつから借金しているのか、総額いくらあるのか、何社から借り入れしているのかなど、きちんと確認しなければいけません。

嘘をついていることが考えられる場合は、信用情報機関に情報開示請求をしましょう。
信用情報機関では借金に関する情報を管理していますので、嘘は通用しません。

借金の詳細を把握した上で、どうやって返済していたのか、この先どうやって返済していくつもりだったのかを本人に確認します。
建設的な信用できる答えが返ってきた場合は、返済を任せても良いでしょう。

しかし嘘で固めたり、根拠のない話しをしたり、「もう死ぬしかない」などと話し合いにならない場合は、本人に任せておいても完済には至らないでしょう。
家族が協力をして返済していくか、本人任せにするかの選択になります。

と言うのも、上記でも述べましたが、ギャンブル依存症や浪費癖、借金癖のある人は治すのが非常に困難です。
また、嘘をついたことや隠れて借金をしたことを『裏切り』だと感じた場合は、その後の結婚生活が辛くなることが想像できますね。

借金が発覚したことや嘘をつかれ続けていたことが原因で、離婚をするという話しは珍しいことではありません。
「もうこの人とは生きていけない」と考れば離婚の道が正解ですし、「軽蔑する」「嫌いになった」という場合も生涯を共にする相手ではないという判断で間違いではないでしょう。

一方で、借金の発覚や嘘に腹を立てたとしても、それは夫婦の間に起きた乗り越えられる1個の出来事だと考えた場合には、結婚を継続することができるでしょう。

どちらが間違いと言うことはありません。
よく考えて結論を出すと良いですね。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP