内緒で借金をしている人たち・・・

内緒で借金をしている人たち・・・

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

住宅ローンの審査で妻に借金がバレないか・・

住宅ローンの審査で妻に借金がバレないか・・

家を購入する際、ほとんどの方が住宅ローンを利用します。

住宅ローンを利用するには審査がありますが、審査に通らなかった場合は利用することはできません。
別の金融機関で申し込みをすることは可能ですが、最悪の場合はどこで申し込みをしても審査に通らない場合があります。

もしも妻に内緒で借金をしている場合、住宅ローンの審査の際に妻に借金がバレることはないのでしょうか。
多額な借金がある場合は、住宅ローンに通らない場合もあります。

審査では、住宅ローンの申し込みを受けた金融機関が信用情報機関に申し込み者の個人情報を照会しますので、借金があることは金融機関にバレてしまいます。
しかし金融機関にバレたとしても、妻にバレなければセーフ!ではないでしょうか。

仮に、他社借入があることで住宅ローンの審査に通らなかった場合、金融機関ではその結果は伝えますが理由に関して明言することはありません。
つまり、「あなたは借金があるから審査に通りませんでした」とは言わないのです。
「残念ですが、今回はご融資いたしかねます」という結果だけを伝えるのです。

ですから申し込み者の妻に向かって、「あなたのご主人に借金があるから審査に通りませんでした」と言うことはありませんし、もちろん書面でそれを示すこともありません。
守秘義務がありますので、金融機関が口外することもありません。

ですから住宅ローンの申し込みをすることで、妻に借金がバレることはないでしょう。

専業主婦の借金

専業主婦の借金

専業主婦は自分で収入を得ていないため、総量規制により貸金業者で借入をすることはできません。
しかし銀行は総量規制の対象外となっていますので、銀行のカードローンなどは利用することができます。

ただし、専業主婦が夫に内緒で借金をした場合、返済は夫の収入から行うことになります。
ある程度、生活費に余裕がある場合は、返済が困難になることはないでしょう。

しかし生活費に余裕がない場合は、それだけで返済に行き詰ってしまいます。
返済が困難な場合は、借金をして穴埋めするようなことをしてはいけません。
結果的に借金を増やすことになりますので、楽になるどころか苦しくなる一方になってしまいます。

返済できなくなったときには、生活費の見直しをして返済額を捻出できないか検討してみましょう。
それでダメだったときは、パートに出るなどして収入を得るか、夫に打ち明けて相談をするか、返済を軽くするために債務整理をするか、いずれかを選択する必要があるでしょう。

まずは借金を増やさないことです。
現状で返済ができないということは、借金を増やすことは得策ではありません。

嫁に言えない借金

嫁に言えない借金

職場の飲み会や付き合いなどで小遣いが足りなくなってしまい、「借金をしてしまった」という男性は少なくないでしょう。
30代~50代の既婚男性の40%程度が「嫁に言えない借金がある」と言います。

返済は小遣いで行わなければいけないため、さらに小遣いが足りなくなって借金が増えてしまうケースが多いようです。
サラリーマンの場合は、給料以外に手当をもらえる場合がありますので、そういったお金を返済に充てるケースもあるようです。

しかし問題は返済ができなくなった場合です。
上記にもありますように、借金を返済するためにさらに借金をするのは非常に危険です。
入金することで一時的な安心を得ることはできるかもしれませんが、それは“自転車操業”で返済できていない状況です。

借金には利息が付きますので、仮にA社に10,000円の返済をするためにB社から10,000円の借金をした場合、A社に返済した10,000円のうち4,000円が利息であれば、結果的には10,000円を借金して6,000円を返済したことになってしまうのです。
しかもB社から借金をした10,000円にも利息は付きますので、借金は雪だるま式にどんどん増えていきます。

返済ができない状態になってしまったら、ダブルワークで収入を増やして借金を返済するか、債務整理をするか、いずれかを選択することになるでしょう。

小遣いを節約したり、昼代を貯めて返済に充てても、長く続かなければ意味がありません。
それができれば借金はしていなかったでしょう。

妻に話すべきか否かは、よく考えて結論を出したほうが良いでしょう。

パチンコで作った借金

パチンコで作った借金

パチンコが辞められず、借金をしてまでやってしまうということは、既にパチンコ依存症だと考えられます。
「依存症じゃない!」と言い張る方もいますが、借金を増やしてでもパチンコが辞められないのは、決して正常な状態ではありません。

そういった方の多くが自力で辞めようとしても辞められず、負けた後は後悔で「二度とやらない・・」と心に誓うのに、どうしても辞められない、という方がほとんどです。

パチンコ依存症は、一種の病気です。
自力で辞められないのは病気だからです。

借金が膨らむ中で、それでもパチンコが辞められず、借金を返済することとパチンコを辞めることに深く悩む方は少なくありません。
いずれもパチンコ依存症の症状ですので、そのような場合はカウンセリングを受けるか、心療内科や精神科を受診しましょう。

パチンコ依存症で借金をしてしまった場合、借金を返済するだけでなくパチンコを辞めなければ問題の解決にはなりません。
パチンコを続ければ、借金はまた増えてしまいます。

ですから、信用情報機関に『貸付自粛』の申請をして、自分自身が借り入れできない状況を作ることをお勧めします。

お金がなければパチンコはできません。
また、パチンコをやらなければ借金をする必要はないのです。

“パチンコができない状況”を作ることは有効です。

ただし、借金の返済が困難担ってしまった場合は、債務整理をすることを検討しましょう。
借金の返済は苦しい、パチンコも我慢しなければいけないでは、克服することがさらに困難になってしまいます。
債務整理をすれば、借金だけでも軽くすることができますので、検討すると良いでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP