消費者金融とサラ金ってどう違うの?

消費者金融とサラ金ってどう違うの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

消費者金融とサラ金の違い

消費者金融とサラ金の違い

サラ金とは『サラリーマン金融』の略で、個人向けにお金の貸し付けをする貸金業者のことです。
そうです。実は“消費者金融”と“サラ金”は同じもの。

サラ金という言い方は、1970年代の消費者金融の利用者がほとんどサラリーマンだったことから、そう呼ばれるようになりました。
以降、日本経済の高度成長が減速し、サラ金からの借り入れを返済できない人が急増したことで、『サラ金地獄』が社会問題になった時代がありました。

“返済できない借金”“厳しい取り立て”“高い金利”など、サラ金は非常に世間の印象を悪くし、その存在自体が〝悪〟のような印象を与えるほどでした。

1980年代には貸金業法規制法が制定され、貸金業者を登録制にすることで情報の管理を可能にし、運営が適正に行われているかを把握できるようになったのです。
バブル崩壊後には利用者が一気に増え、多重債務者や自己破産者の増加が社会問題となったことで総量規制が制定されました。

さらにグレーゾーン金利が注目され、利息制限法と出資法の矛盾を解消し、過払い金返還請求の権利が法的に認められるようになりました。
こうして印象をクリアにしていくことに成功した貸金業者は、印象の悪かった“サラ金”という呼び方から“消費者金融”という呼び方へと移行させたのです。

消費者金融と闇金の違い

消費者金融と闇金の違い

サラ金が消費者金融のかつての呼び方だったことはお分かりいただけましたか。
では、“消費者金融”と“闇金”の違いはご存知でしょうか。

実は“消費者金融”を“闇金”と「同じものだ」と思っている方がいるようです。
先に申し上げておきますと、“消費者金融”と“闇金”は別のものです。

消費者金融は、個人向けにお金の貸し付けを行っている貸金業者で、貸金業協会に登録し、貸金業法に則った経営を行っています。
法律に則った経営ですので、貸金業者は法律に守られた経営を行うことができ、利用者もまた法律に守られてお金の借り入れをすることができます。

違法な高金利でお金の貸し付けをされたり、過剰な貸し付けを行ったり、脅迫紛いの強硬な手段で取り立てを行うなど、債務者がある意味で弱者になるような取引にならないよう、法律が整備されています。
ですから消費者金融との取り引きは安心して行うことができるでしょう。

一方、闇金はどうでしょう。
闇金は、いわゆる無登録で非合法な貸金業者です。

つまり、義務となっている貸金業協会への登録をせず、貸金業法も無視した経営をしている業者なのです。
ですから法律で決められている金利の上限を大きく超えた金利でお金の貸し付けをし、違法とされている方法で督促や取り立てを行い、迷惑行為や嫌がらせ、脅迫紛いな行為も見られます。

闇金を利用すると、闇金は『利息の回収』と称して利用者から搾り取れるだけのお金を搾取します。
正当な請求などありません。
場合によっては親族からも回収しようとし、そのやり方は法律どころか常識を逸脱している場合もあります。

消費者金融と闇金は全く別のものです。
闇金の利用は、どんな理由があってもしてはいけません。

消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融と銀行カードローンの違い

では、消費者金融と銀行のカードローンには、どんな違いがあるのでしょう。
一般的に銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されており、消費者金融の金利が18%程度であるのに対し、銀行のカードローンは12~14%となっています。

銀行のカードローンは金利が低い分だけ審査が厳しく、消費者金融と比較すると審査に通りにくくなっています。
ただし、審査に通って利用が可能になると、消費者金融と同様にリボ払いで月に1度の返済をすれば、限度額内でカードを使って自由に借り入れをすることが可能となります。
金利も低く、使い道に制限もないため、非常に手軽に利用することができる融資だと言えますね。

業者による金利の違い

業者による金利の違い

消費者金融とサラ金は呼び方の違いだけで同じものですが、時代背景の違いもあり、サラ金の方が金利は高く設定されていました。
法律の改正により、利息の上限が貸付金額によって上限15~20%となったことで、消費者金融も債務者にとっては利用しやすくなったと言えるでしょう。

消費者金融に比べて審査は厳しくなりますが、銀行のカードローンは消費者金融よりも低金利で利用することが可能です。
金利の違いには、審査基準の厳しさがそのまま反映すると言っても良いでしょう。

ただし、闇金は論外です。
審査は非常にゆるく、自己破産をした人でも利用することが可能です。

簡単に借り入れすることはできますが、その分金利が高く返済は非常に困難となります。
無登録で非合法な貸金業者ですので、利用者が法律に守られてお金の借り入れをすることは難しいでしょう。

闇金の利用で困っている場合には、闇金の案件を取り扱うことができる弁護士に相談をすると、きちんと法律で守られた対応をしてもらうことができるでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP