連帯保証人を解除するにはどうすればいいの?

連帯保証人を解除するにはどうすればいいの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

契約書が存在しても解除できるのか

契約書が存在しても解除できるのか

結論から言うと、連帯保証人の契約書があっても連帯保証人を解除することが可能な場合があります。
ただし、ご本人の意思で連帯保証人を引き受け、借金契約の内容を正しく把握している場合は解除することは難しいでしょう。

勝手に保証人にさせられた場合

本人に連帯保証人になる意思がなく、他人が勝手に実印を押印してサインをした場合、債権者が連帯保証人に対して“保証の意思確認”を怠っていたということです。
『私は契約内容を存じ上げません。保証の意思もありません。』と反論し、“保証の意思確認”を怠っていたことを証明することができれば、連帯保証人を解除することは可能です。

ただし、債権者が“保証の意思確認”を行ったことを証明できる場合は、連帯保証人を解除することは難しいでしょう。

強迫された場合

強迫されて連帯保証人になった場合、連帯保証人の契約は解除することが可能です。
ただし、強迫があったか否かの証明は、簡単ではないでしょう。

勘違いで連帯保証人を引き受けてしまった場合

連帯保証人になった人が契約内容など重要事項に関して勘違いをして引き受けてしまった場合、重要事項だと認められれば連帯保証人を解除することが認められます。

例えば、『100万円の借金だと思って引き受けたら、1000万円の借金だった』など。
法的には『錯誤』と呼び、連帯保証人の解除が認められます。

騙された場合

連帯保証人は確かに引き受けたけれど、債務者から説明を受けた状況に嘘があり、結果的に騙されて連帯保証人になった場合は、連帯保証人を解除することができます。

「経営は順調だから問題ない」「返済には全く問題ない」などと聞いて連帯保証人になったのに、結果的には火の車で連帯保証人になって程なく破産をしてしまった場合、ほとんどの方は「本当のことを知っていたら連帯保証人にはならなかった」と思うでしょう。
これは『不実の告知』が理由となり、連帯保証人の取り消しを申し立てることができます。

ただし、『不実の告知』とは、あくまでも連帯保証人になるか否かを決定付ける重要事項である必要があります。

詐欺の場合

債権者が故意に連帯保証人を陥れた場合、連帯保証人の解除をすることができます。
債権者、つまりお金の貸し付けを行う金融機関や貸金業者が詐欺を働いた場合は、解除が認められます。
ただし、債務者(お金の借り入れをした人)が詐欺行為を働いた場合は、連帯保証人を解除することはできません。

未成年者の場合

未成年者が連帯保証人になった場合は、後に取り消すことが可能です。

ただし、どのようなケースであっても、連帯保証人になった人が『連帯保証人として』1円でも返済をした場合は、解除することができなくなりますので気を付けましょう。

連帯保証人を解除する方法

連帯保証人を解除する方法

連帯保証人は、最悪の場合は債権者の代わりに借金を返済しなければいけません。
「騙されて連帯保証人になった」「契約内容が話しと違う」など、連帯保証人の契約を解除したいと思うケースはあるでしょう。

解除の理由が認められた場合、連帯保証人の契約を解除することは可能です。
しかし契約に基づいて連帯保証人になっているわけですから、解除することは簡単ではありません。

連帯保証人が「解除したい」と言えば通るわけではなく、連帯保証人の契約をしている債権者の同意が必要です。
勘違いをされている方が多いのですが、連帯保証人の契約は債務者との間で結ぶものではなく、債権者と結ぶものです。
「連帯保証人になってほしい」とお願いするのは債務者ですが、債権者である金融機関や貸金業者と契約するということを覚えていきましょう。

しかし一般的には債権者の同意を得るのは非常に困難で、通常はできないものだと思ったほうが良いでしょう。
連帯保証人が外れるということは、債務者の借金返済が滞納されたときにその借金が貸し倒れとなるということです。
何のメリットもない『連帯保証人の解除』に、債権者が同意するはずがないのです。

ですから連帯保証人側の譲歩として、他に連帯保証人になれる人を探すなど、ある程度の条件は必要でしょう。
しかしそれでも同意を得ることは難しいでしょう。

重要なのは、連帯保証人を解除したい理由になっていることを証明することです。
詐欺などの場合は、訴訟を起こす意思表示をすることで、解除に同意を得られる場合もあります。

配偶者が連帯保証人の場合、離婚したらどうなる?

配偶者が連帯保証人の場合、離婚したらどうなる?

夫が借金をする際に、妻が連帯保証人になることはよくあることです。
住宅ローンを例に挙げて考えてみましょう。

まず前提として、離婚をしたことで連帯保証人が解除されるということはありません。
婚姻関係と連帯保証人は別の契約ですので、離婚しても連帯保証人であることには変わりありません。

しかし「離婚をしてからも連帯保証人でいるのは嫌だ」と、ほとんどの方が思うのではないでしょうか。
では、連帯保証人を解除するためには、どうしたら良いのでしょう。

①住宅ローンの借り換えをする。

ローンの借り換えをして元のローンを完済することで、連帯保証人ではなくなります。

②住宅ローンを完済する。

住宅ローンを完済すれば、連帯保証人ではなくなります。
家を売却して完済するという方法もあります。

③別の連帯保証人を立てる。

代わりに連帯保証人になってくれる人を探して連帯保証人を代わってもらうことで、金融機関などの債権者が了承すれば連帯保証人を外れることができます。

④新たな担保を入れる。

金融機関などの債権者と交渉をして、新たに不動産担保を入れることで連帯保証人を外れることはできる場合があります。

弁護士に相談

弁護士に相談

連帯保証人を解除したい場合、債権者の同意を得るのは非常に困難です。
こちらにとって正当な理由がある場合でも、債権者が同意しなければ解除することはできません。
増して、素人が相手だと思うと債権者は強気で対応してくることが考えられます。

ですから、連帯保証人を解除したい場合は、法律の専門家である弁護士に相談してみることです。
弁護士は交渉のプロでもありますから、勝算があれば依頼を受任するでしょう。
連帯保証人になっていることで悩んでいる場合は、まず弁護士に相談して下さい。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP