様々な人たちが抱える借金の悩み・・・

様々な人たちが抱える借金の悩み・・・

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

主婦の借金

主婦の借金

主婦が借金をするということは決して珍しいことではありません。
また、借金をしている主婦の多くは夫に内緒で借金をしているため、一人で借金の悩みを抱えていることが多いようです。

主婦が借金をする背景には、様々な状況があります。

生活費の補てん

生活費が足りないことを夫に言えず、家計の帳尻を合わせるために借金をします。
生活費の補てんは毎月必要になりますので、よほど計画的に返済しなければ借金が増える傾向にあります。

自由になるお金

主婦が手にするお金のほとんどは、生活費や貯金などに充てられます。
しかし主婦にもママ友とのお付き合いがあったり、洋服やバッグを購入することがあります。
自分の自由になるお金は生活費から捻出することができないため、借金をするという形になってしまいます。

依存症

借金の原因としては、主婦だけでなく様々な年代の男女に起こっていることですが、“依存症”が問題となっています。
ギャンブル依存症、パチンコ依存症、買い物依存症などが、借金を使う原因となっているケースで、本人の意思や家族の協力だけでは治すことができない場合もあります。
場合によっては精神科や心療内科を受診する必要がありますし、治すまでは本人にとっても辛い期間となるでしょう。

しかし放置しておくと借金は膨らむ一方となり、取り返しのつかない状況になっても尚、本人の意思で辞めることが難しい場合もあります。

主婦が借金をしても、自分で返済できる金額であれば全く問題はないでしょう。
しかし本人が借金で悩むということは、『返済が難しい状況』であることが想像できます。

その場合、夫に内緒で借り入れをしていれば、相談することもできません。
もしも借金の返済ができずに悩んでいる場合は、さらに借金をして返済に充てるようなことは絶対にしてはいけません。
自転車操業は、借金を増やす結果になってしまうだけです。

生活を見直して支出を減らすか、収入を増やす以外で借金を返済できる方法はありません。
可能であればご家族に打ち明けて、相談をすることをお勧めします。
返済できない状況になっている場合は、債務整理も検討するようにしましょう。

家族の借金

家族の借金

家族の借金が発覚して、悩んでいる方も少なくないでしょう。
多くの方は家族に内緒でお金の借り入れをしていますので、何も知らなかった家族が借金のことを知ったときの衝撃は計り知れないものがあるでしょう。
知らないうちに作った借金が発覚したときは、誰でも少なからずショックを受けます。

それまで必死に家計の遣り繰りをしてきた妻が夫の借金を知ったり、また、夫が信じて家計を任せていた妻の借金を知ったら、それは裏切りだと感じるかもしれませんね。
冷静になるには少し時間が掛かるかもしれませんし、直後は脳がハイな状態になって「意外と平気だ」と感じるかもしれません。

しかし初めに知った時の衝撃もさることながら、ジワジワとボディーブローのように効いてくるショックから立ち直ることは簡単ではありません。。
信頼関係が崩れた上で、その借金をどうするか考えなければいけないのです。

返済するのか債務整理をするのか。
返済するなら、どうやって返済していくのか。
具体的な算段が必要になります。

家族が協力をして返済していくにしても、本人に返済させるにしても、借金の詳細を知る必要があります。
本人が全て本当のことを言うとは限りませんので、全ての借金を把握するために信用情報機関に情報開示請求をすると良いでしょう。
本人の同意を得れば、1,000円程度の費用でスマホで申し込みをすることが可能です。

さらに借金癖がある場合は、信用情報機関に『貸付自粛制度の申請』をしてください。
この制度は貸金業者や金融機関に通達されるもので、『この人物はお金の借り入れをしても返済できませんので、貸し付けはしないでください』という内容のものです。

法的な効力はありませんが、金融機関や貸金業者では貸し付けを行わなくなりますので家族は安心です。
5年間有効で、さらに更新することも可能です。

家族の借金によって、生活が変わってしまうことは大いに考えられます。
返済することも、債務整理をすることも可能ですが、重要なのは二度と借金を繰り返さないことと、信頼関係を取り戻すことです。

借金で離婚するべきか悩んでいる場合

借金で離婚するべきか悩んでいる場合

隠していた借金が発覚した場合、或いは把握している借金の返済ができなくなった場合、いずれにしても『借金』が原因で離婚を考えている方の中には「離婚するべきか」「婚姻を継続するべきか」悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

実は借金があること自体は、法的には離婚理由にはなりません。
協議離婚をすることはできますが、裁判になった場合は『借金』だけが原因では弱いでしょう。

「離婚するべきか」「婚姻を継続するべきか」それは当人でなければ決められません。
もちろん話し合いは必要ですし、勝手に借金をしたとしても相手の言い分も聞かなければいけません。

離婚したいと考える最も大きな理由は、信頼関係の崩壊ではないでしょうか。
また、お金は夫婦に限らず人間関係を変えてしまいます。
借金は返済することができますが、信頼関係を構築し直すのは本当に大変です。

ただし、すぐに離婚を決めてしまうのは得策ではありません。
冷静に物事を考えられるようになったとき、後悔しないとも言い切れないのです。

離婚をするということは、『この人と人生を共にすることはできない』『この人が嫌いだ』という決定的な感情が伴わなければ辛いものになってしまいます。
『借金』は返済することも整理することも可能です。

離婚するという、人生を左右する出来事なのか。
いつかそれが、夫婦の中の一つの出来事として過去になるのか。
それは当人でなければ分かりません。

ですから、少し時間をかけてよく考え、話し合いをするようにしましょう。

離婚をする場合は、借金があっても慰謝料の請求をすることができますし、個人で作った借金の場合は財産分与に含まれません。

借金の悩みを相談する

借金の悩みを相談する

借金の返済が負担になって悩んでいる場合は、法律の専門家である弁護士に相談しましょう。
弁護士は債務整理だけでなく、借金を一本化する『おまとめローン』などの提案もしてもらうことができます。

収入と生活費を照らし合わせて、借金の返済の仕方や生活費の見直しなどを相談することもできます。
また、債務整理をする場合は、弁護士が書類の作成や手続きの代理人をしてくれます。
費用は掛かりますが、支払方法については相談することができますので心配は要らないでしょう。

借金の相談は、早めに行うことをお勧めします。
早めに相談することで、より手軽な方法で解決することができるでしょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP