自動車ローンを滞納するとどうなるの?

自動車ローンを滞納するとどうなるの?

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

1ヶ月滞納したらどうなる?

1ヶ月滞納したらどうなる?

自動車ローンは、自動車を購入する際に利用することができるローンで、高額なローンですのでカードローンなどと比較すると金利が低く設定されています。
自動車を購入する際に申し込みをして、審査に通ればローンを組むことができます。
返済は口座引き落としになっていることがほとんどで、毎月返済期日が決められています。

では、本題です。
自動車ローンの返済期日に口座のお金が足りず、引き落とし不能だった場合、その月の返済はどうなるのでしょう。
対応はローン会社によって異なりますが、この段階では大きな動きはありません。

・数日後に改めて引き落としがされる。
・債権者から電話が掛かってきて「引き落としできませんでしたので、〇日に改めて引き落としをします」と連絡がある。
・翌月2回分が引き落としになる。

上記のいずれかの対応になるでしょう。
滞納した分は遅延損害金が発生しますので、返済金額にプラスして引き落としになるでしょう。

どれくらい滞納したらブラックリストに載るの?

どれくらい滞納したらブラックリストに載るの?

上記のように1ヶ月程度の滞納では、遅延損害金は発生しますが大きな問題はありません。
では、どれくらい滞納すれば債権者に動きが出てくるのでしょうか。

通常、滞納2ヶ月目の引き落としもできないとなると、債務者に対して督促が始まります。
自動車ローンは1ヶ月滞納をしても、2ヶ月目に2回分の返済額を引き落とししますので、それまでは慌てて行動をすることはほとんどありません。

2ヶ月目で引き落としができないとなると、債権者は債務者に対して、返済額に遅延損害金をプラスした振り込み用紙を同封して督促状を郵送します。
その際、書面には『〇年〇月〇日までに振り込まなければ、裁判所に起訴します』という忠告も含まれているでしょう。

そして期日までに振り込まれなければ、債権者は裁判所に起訴し、同時に信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に『滞納をした』として事故情報の登録をします。
その期間は業者によって異なりますが、一般的には滞納から2~3ヶ月程度となっています。

信用情報機関の事故情報は、滞納の場合は滞納が解消されて支払われた時点から3年間記録が残ります。
記録が残っている期間は、ローンやお金の借り入れを利用することはできません。

滞納すれば自動車は引き上げられるの?

滞納すれば自動車は引き上げられるの?

自動車ローンの返済を滞納すると、ローン会社は債務者を『返済能力がない』と判断して自動車を引き上げます。
期間にして2~3ヶ月程度でしょう。

ただし、引き上げられるのは、自動車の所有権がローン会社の名義になっている場合だけです。
自動車の所有権が本人名義の場合は、ローンを滞納しても自動車が引き上げられることはありません。

名義はローン会社によって設定が異なり、ディーラーの自動車ローンの場合はローンが完済するまでは所有権はローン会社のままとなっていることが多いようです。
銀行の自動車ローンの場合は、ほとんどが所有権は本人になっています。

ただし、予告もなしに自動車を回収することはありませんので、突然自動車を持って行かれるということはありません。

滞納した場合の裁判

滞納した場合の裁判

一般的には自動車ローンの返済の滞納が3ヶ月続けば、裁判所に起訴されることが多いようです。
債権者が起訴すれば、債務者には裁判所から督促状が届きます。

督促状では『期限の利益を喪失』したとして、一括返済を求められます。
ここで督促状を無視していると、裁判所では『一括返済を認めた』と捉えます。

ですから実際に一括返済されなければ、財産差し押さえを強制執行されるでしょう。
具体的には“給料差し押さえ”“口座差し押さえ”などが行われますので、当然職場にも知られてしまいます。

ですから、裁判所から督促状が届いて一括返済に応じられない場合は、2週間以内に裁判所に異議申し立ての手続きをしてください。
異議申し立てをすることで、債権者との交渉で分割払いが認められるでしょう。

しかし分割払いにしたところで返済が困難な場合は、弁護士に相談をして債務整理に踏み切った方が良いですね。
確実に返済は楽になりますし、返済能力がないと認められれば自己破産をして借金を全て免責されることもできます。

連帯保証人がいる場合

連帯保証人がいる場合

自動車ローンを組む際に連帯保証人を立てた場合、債務者が返済を滞納すれば連帯保証人に返済請求されます。
連帯保証人に請求する際は基本的に一括返済となりますが、手続きをすれば分割返済が可能となります。

1ヶ月滞納したくらいでは連帯保証人に請求されることはありませんが、3ヶ月程度滞納をした段階で債務者が債権者からの督促に対して誠意ある対応がされていなければ、連帯保証人に請求されることになります。

また、何度も約束を破られたり、返済が期待できないと判断されれば、やはり3ヶ月ほどで連帯保証人に請求が回ります。
連帯保証人への請求は突然通知が送付されますので、滞納をしている時点で債務者から連帯保証人に一報入れるべきでしょう。

ただし、債務整理をした場合も、返済が軽減された分は連帯保証人に請求されることになります。
任意整理に関しては債権者を選択することができますので、連帯保証人を立てた借り入れは対象から外すことが可能です。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP