我が子を進学させるために教育ローンの審査に通りたい!

我が子を進学させるために教育ローンの審査に通りたい!

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

教育ローンの審査基準

教育ローンの審査基準

子どもが進学を望んでも、親の経済状況によって進学を断念せざるを得ないケースは少なくありません。
学生の3人に1人は奨学金を利用し、残りの半数近くが教育ローンを利用しています。

国立・私立、4年制大学・短期大学・専門学校など、状況によってかかる学費は異なりますが、100万円程度~1000万円以上かかる場合もあります。
教育ローンは進学に際して必要な学費の貸し付けをするもので、進学のほかに留学などに利用することも可能です。

国の教育ローンは金利が低く設定されており、利用要件に年収の上限が示されています。
通常、お金の借り入れをする際には、年収が高いほど審査に通りやすくなっていますが、国の教育ローンでは世帯年収が子どもの人数によって定められた一定金額を超えると利用することができません。

一般のローンであれば、安定した収入と有担保で比較的簡単に審査に通ることができますが、国の教育ローンの利用者は年収が低く、保有する資産や現金も少ない方が対象となっていますので、重要な審査基準として長期的渡って返済することができる返済能力がある人が対象となります。

しかし実際には教育ローンの要件に当て嵌まっているにも関わらず、審査に通らない場合があります。
考えられる理由として、信用情報機関の事故情報の記録が挙げられます。

過去にクレジットカードの返済を滞納したことがあったり、或いは債務整理をした経験がある場合、信用情報機関に一定期間事故情報として記録が残ります。
滞納の場合は3年間、任意整理や個人再生では5年間、自己破産で10年間、記録が残ります。

この記録が残っているうちは、金融機関や貸金業者ではローンやお金の貸し付けで審査に通ることはありません。

審査に通らない場合

審査に通らない場合

国の教育ローンに申し込みをして審査に通らなかった場合は、銀行の教育ローンを利用することも検討してみましょう。
ただし、信用情報機関に事故情報がある場合には、銀行の教育ローンの審査も通らないでしょう。
その場合は奨学金の利用も検討して下さい。

奨学金は基本的に学生本人名義の申し込みとなり、日本学生支援機構の奨学金では親が連帯保証人になります。
しかし親が債務整理をしている場合は、後見人となる人が代わりに連帯保証人になることが可能です。

また、奨学金にはいくつも種類があり、『日本学生支援機構』以外にも『大学独自の奨学制度』『自治体主体の奨学金制度』などがあります。
ほかにも民間団体などの奨学金制度があり、保護者が死亡したり障害を負った場合にその子どもを支援する団体の奨学金制度や、新聞配達員として働く新聞奨学生制度などがありますので、子どもさんとよく相談をすると良いですね。

教育ローンの審査に必要な日数

教育ローンの審査に必要な日数

国の教育ローンは、申し込みの手続きが完了すれば審査が行われます。
特に問題なく審査が進んだ場合は審査結果が出るまで10日前後かかり、結果は書面で郵送されます。
審査結果に同封された契約書類や提出書類を記入し、返送すれば手続きは全て終了です。

返送してから10日前後で融資が実行されます。
国の教育ローンは、申し込みから融資まで最短で20日程度かかるということです。

ただし、申し込みが殺到する受験シーズンには審査が混み合いますので、審査結果が送られてくるまで時間がかかります。
入学金の振り込みにも期日の制限がありますので、時間が掛かることを考慮して申し込む必要がありますね。

入金が間に合わない!と慌てることがないように、受験の2~3ヶ月前には申し込みをしておくことも可能です。
申込金額は多少多めに記入して備えることをお勧めします。

もしも必要なくなったときにはキャンセルすることもできますので、進学を希望しているのであれば早めに申し込みをしておくと良いですね。
教育ローンの申し込みは1年中受け付けを行っていますので、夏ごろには申し込みをして審査を通しておくと安心でしょう。

審査の甘い教育ローン

審査の甘い教育ローン

教育ローンの利用は、一般的に奨学金で足りない金額を補う場合が多いようですが、もちろん教育ローンを主体に利用することも可能です。
国の教育ローンで審査に通らなかった場合、どこの教育ローンを利用するべきか悩むところでもありますね。
時間に余裕がある場合は、お近くの金融機関で教育ローンのパンフレットをもらったり説明を聴くなどして、情報を集めることをお勧めします。

教育ローンでは、日本政策金融公庫が運営する『国の教育ローン』が最も金利が低く、利用しやすい教育ローンだと言えます。
しかし金利が低い貸し付けは一般的に審査も厳しく設定されていますので、審査に通らないことも考えられます。
その場合は国の教育ローン以外にも、目を向けてみましょう。

『ろうきん(中央労働金庫)』や『JA(農協)』の教育ローンは、組合員であれば利用が可能です。
また、『銀行』の教育ローンは比較的審査が甘く通りやすいですが、金利は高めに設定されています。

ほかにも『消費者金融』の借り入れは使い道が自由ですので、教育ローンではありませんがすぐに借り入れすることが可能です。
ただし『消費者金融』は金利が高いので、利用には十分注意が必要です。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP