借金があるのに一人暮らしをしたいんだけど・・・

借金があるのに一人暮らしをしたいんだけど・・

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

借金があっても賃貸アパートの審査に通るのか?

mo2805_m

現在借金がある方が賃貸アパートの契約をする場合、審査に通るかどうかは気になるところでしょう。
賃貸アパートに入居する際は、審査があります。

『この人にアパートを貸して、家賃をきちんと払えるか』ということは、大家や管理会社にとっては重要な問題です。

しかし審査と言っても、貸金業者の審査とは全く異なります。
貸金業界と不動産業界は全く異なる業界ですので、お互いの裏情報を知ることはありません。

例えば、借金に関する個人情報は信用情報機関が管理していますが、この個人情報を照会することができるのは信用情報機関に加盟している貸金業者や金融機関のみとなっています。
また、お金の貸し付けを業務としている企業でなければ信用情報機関に加盟することはできませんので、不動産業者が借金に関する個人情報を知ることはできません。

賃貸アパートの契約を希望した際の審査では、借金の有無を問われることはありませんし、調べられることもありません。
ですから借金があっても、賃貸アパートの審査に通ることは可能です。

ただし、管理会社が信販会社の系列会社になっている場合は、信用情報機関の情報を照会することができますので注意が必要です。

初期費用の準備

mo2802_m

借金があっても賃貸アパートの契約が可能だということは、一人暮らしに向けて次に考えなければいけないことは『初期費用の準備』です。
賃貸アパートの契約には、“敷金”“礼金”が必要です。

敷金は、家賃の滞納や部屋を出る際に修理が必要にな場合などに、費用を賄うことができるように先に納めておくものです。
礼金は、仲介してくれた不動産屋に仲介料として入るものです。
また、初めての一人暮らしであれば、家財道具を揃える必要もあるでしょう。

アパートによって“敷金”“礼金”は異なりますが、仮に7万円の家賃で『敷金=2ヶ月分、礼金=2ヶ月分』の場合、これに家賃がプラスされますので初期費用は35万円となります。

もしも無計画に一人暮らしを考えていて全く費用の用意ができない場合は、もう一度よく考えて計画的に一人暮らしを始めた方が良いでしょう。
「初期費用は借金するから大丈夫!」と思っている場合は、初めての一人暮らしなら辞めた方が良いでしょう。

一人暮らしでどれくらい生活費がかかるのか、自分の給料で賄うことができるかどうかも分からない状態なのに、借金で始める一人暮らしは望ましい形ではありません。
既に借金がある場合は、さらに借金を重ねるのは危険です。
借金をしたら、毎月返済をしなければいけないということを忘れてはいけません。

一人暮らしを始める際は、余裕を持ってスタートを切るのが理想的ですね。

学生の一人暮らしの場合

mo2803_m

大学や専門学校などに進学することをキッカケに、一人暮らしを始める方は多いでしょう。
その場合、初期費用や家財道具の準備は、親御さんがしてくれるケースが多いのではないでしょうか。
或いは、奨学金で準備をするという方もいますね。

いざ生活が始まると、生活費がかかります。
生活費は親御さんの仕送りに頼る場合もあるでしょうし、アルバイトで稼ぐ場合もあるでしょう。

また仕送りをしてもらいながら、足りない分をアルバイトで稼いでいる方も多いのではないでしょうか。
しかし何らかの事情でどうしてもお金が足りなくなってしまった場合、消費者金融からお金の借り入れをする学生が増えています。
学生であってもアルバイトで収入を得ていれば、消費者金融では審査に通ることが可能です。

非常に危険なのは、消費者金融の利用の仕方です。
消費者金融では、審査によって借入限度額を設けて債務者に与えます。
仮に20万円の限度額が与えられた場合、毎月きちんと利息の支払いをしていれば、20万円まではいつでも自由にカードで借り入れすることができるのです。

この『20万円』の限度額を、まるで貯金のように勘違いして安易に遣ってしまうケースが非常に多くなっています。
しかし借入をすれば利息が付きますし、返済をしても思うように借金が減らないと感じる場合もあるでしょう。

学生ですから試験があればアルバイトを減らすこともあるでしょうし、遊びやサークルなどでお金が掛かることもあります。
計画的な返済ができないことも考えられます。

返済をしなければ督促を受けますので、生活費を削って返済に充てることもあるかもしれません。
一人暮らしをすれば思わぬ出費があったり、忘れていた支払いが出てくることもあります。

安易に借金を増やすのではなく、借金をする際には必ず返済計画を立てるようにしましょう。
借金は利用しているときには「大丈夫!全然問題ない!」と思うのです。
返済が困難になって初めて、借金の怖さを知ることになるでしょう。

一人暮らしで借金の返済ができなくなったら

mo2804_m

一人暮らしで借金の返済が苦しくなった場合、まず家計の収支を見直して下さい。

借金の原因は何ですか。
借金を重ねるようなことはしていませんか。

洋服を買い過ぎたりパチンコに注ぎ込んだり、友だち付き合いにお金が掛かり過ぎていませんか。
借金をする際には、『いくら借りられるか』ではなく『いくらずつなら返済できるか』を考えて借り入れしなければいけません。

無駄遣いはしていないか、節約できるところはないかなどをよく考えて、それでも借金の返済ができない場合は対応策を考えなければいけませんね。

・家賃の安いところに引っ越しをする。
・副業を持って収入を増やす。
・実家に帰って生活費を浮かせる。
・債務整理をする。

借金の返済が困難な場合、①収入を増やす ②支出を減らす ③借金を減額してもらう くらいしか方法はありません。
状況によって選択できる方法は異なりますが、決して八方塞ではないということを忘れてはいけません。

仮に、どうすることもできないと感じている場合でも、日本には債務整理という方法があります。
債務整理は借金の返済が困難になった方のために、国が定めた救済措置です。
生活や人生を再生することを目的に利用する方は少なくありません。
返済に苦しむ期間を長く過ごすより、思い切って弁護士に相談をしてみましょう。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP