借金返済の滞納は住宅ローンの影響するのか

借金返済の滞納は住宅ローンの影響するのか

人気記事ピックアップ

借金は無理をしてまで返さなくてもいい?えっウソでしょ

2017.06.19

返済滞納はブラックリスト!

返済滞納はブラックリスト!

貸金業者や金融機関からの借金は、“返済をする”という契約の元に行われます。
借金をしたら、返済をしなければいけないのは当然です。

しかし何らかの事情で返済できない状況となり、返済期日までに入金ができない場合もあるでしょう。
返済が1日でも遅れることを『滞納』と呼び、滞納すれば業者からは返済を促す督促が行われます。
そのような場合でも返済期日から数日後に入金することができれば、遅延損害金が発生しますが大きな問題はありません。

しかし滞納が長期に及んだ場合、金融機関や貸金業者では「債権者への督促だけでは対応できない」と判断して裁判所で訴訟を起こし、さらに信用情報機関に事故情報を登録します。
信用情報機関はいわゆるブラックリストと呼ばれているもので、借金に関する個人情報を管理してる機関です。

情報は、加盟している業者が全て共有できるシステムになっており、事故情報もまた知ることが可能となっています。
つまり『この債権者は返済を滞納しています』という情報を共有することができるため、この情報が登録されている債権者には他社でも貸し付けを控えることができるということです。
お金の貸し付けは、基本的にきちんと返済を行うことを全体に行われるものですので、滞納の記録が残っている方には貸し付けしないのが通常です。

一般的に『自己破産をするとブラックリストに載る』と言われていますが、返済を滞納しても、自己破産以外の債務整理を行った場合でも、信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に情報が登録されてしまうのです。

クレジットカードの滞納は住宅ローンに影響するのか

クレジットカードの滞納は住宅ローンに影響するのか

住宅ローンの審査は金融機関によって異なりますが、年収に対する年間返済額の割合(返済負担率)が定められており、『返済負担率35%以下』などの基準があります。
ですからクレジットカードのキャッシングやリボ払いなどの利用がある場合には、返済負担率に影響します。

また、利用額が大きな金額でない場合でも、返済滞納がある場合には住宅ローンの利用はむずかしいでしょう。
上記でお話ししたように、返済滞納が2~3ヶ月続くと信用情報機関に事故情報が登録されます。
滞納した場合の登録は5年間は記録が残りますので、記録が残っているうちは住宅ローンの審査には通らないと考えた方が良いですね。

通常、ショッピング機能の利用は『貸し付け』ではなく『立て替え』となりますので借金として扱われることはありませんが、金融機関によっては口座から支払い状況を調査する場合がありますので、キャッシングだけでなくショッピングでも滞納はしないように心掛けましょう。

またクレジットカードの場合、現在キャッシングの利用がなくてもキャッシング枠を設けていることが影響する場合があります。
クレジットカードは何枚保有していますか?
保有する枚数の分だけ影響することが考えられます。

現在キャッシング枠の利用がなくても、キャッシング枠そのものを『負債がある』と見なされてしまうケースがあるのです。
過去に1度でもキャッシングを利用したことがある場合は、その可能性が高いでしょう。

ですからクレジットカードを確認してキャッシング機能が付いている場合は、住宅ローンの申し込みをする前にキャッシング機能の解約をしておくということも一つの手です。
また、ショッピングであってもリボ払いを利用している場合は、信用情報機関に登録されますので注意が必要です。
利用していないクレジットカードは解約し、信用情報に関して整理しておくことをお勧めします。

尚、クレジットカードの家族カードを保有している場合は、家族カードの利用にも注意が必要です。
住宅ローンの申し込みをする前に、家族カードも含めてクレジットカードの利用を確認しておく必要があるでしょう。

過去の滞納は住宅ローンに影響するのか

過去の滞納は住宅ローンに影響するのか

過去に借金の返済ができない状況を経験し滞納したことがあるという方は、「過去の滞納で住宅ローンの審査に通らないことはあるのだろうか?」と気になるでしょう。

「住宅ローンの審査に通らないことで、過去の借金が家族にバレるかもしれない」
「自分のせいで住宅ローンに通らないのだろうか」
と、考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

基本的に信用情報機関の事故情報は、記録が残る期間が決められています。
滞納の場合は“滞納が解消されてから5年間”となっていますので、それ以上に経過していれば問題はないでしょう。

また、返済が滞納した後に債務整理をした場合は、債務整理をしてから5年~10年間は『債務整理をした』という記録が残ります。
どうしても不安な場合は、信用情報機関に情報開示請求をすればご自身の信用情報を確認することができますので、利用すると良いでしょう。

ただし、住宅ローンの申し込みをする同じ金融機関で過去に返済の滞納があった場合は、社内情報として記録が残り消されることはありません。
ですから、そのような場合は、5年以上経過してから別の金融機関住宅ローンの申し込みをするようにしてください。

携帯電話の利用料金の滞納は住宅ローンに影響するのか

携帯電話の利用料金の滞納は住宅ローンに影響するのか

では、携帯電話の利用料金の支払いを滞納した場合ではどうでしょう。
住宅ローンの審査に影響するのでしょうか。

携帯電話会社でも金融機関や貸金業者と同様に、各社で情報を共有するための信用情報機関があります。
しかしその信用情報機関は、金融機関や貸金業者の信用情報機関とは全く無関係です。

それぞれ、加盟している企業でなければ情報を照会することはできませんので、お互いに情報を知ることはありません。
ですから基本的には携帯電話の利用料金の支払いが滞納されても、住宅ローンの審査に影響することはありません。

ただし、料金の支払いでクレジットカードを利用している場合、話しは別です。
この場合、クレジットカードの利用額を支払いできないということになりますので、金融機関や貸金業者の信用情報機関にも事故情報が記録されてしまうのです。
ですから料金の支払方法がクレジットカードになっている場合は、住宅ローンの審査に影響すると言えますね。

滞納したのに審査に通ったケースはあるのか

滞納したのに審査に通ったケースはあるのか

しかし住宅ローンの審査は、金融機関によって異なります。
ですから一般的には『返済の滞納があれば審査に通らない』と言われていますが、それが絶対だとは言えないのです。
「申し込んでみなければ分からない」という意味では、申し込みをするどなたも同様のことが言えるのではないでしょうか。


借金体験談

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2017.06.19

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2017.06.19

<<借金返済TOP